更新

【ニュー男子】こんな個展の日々でした雑記

test

 

 

ここのところ、更新のたびに書いている気がしますが「お久しぶり」です。 時間や気持ちに余裕があるときには頻繁にアップするくせに、 ほかのことに意識が向いてしまうとさっぱり更新がストップする自分って、素人だなあ、と反省します。 意識としては、ここをないがしろにしているつもりはないのですが、 ペースも内容もフリーなる「ニュー男子」は、ぼくの内情があらわになる場所なのかもしれません。

さて、先日無事に個展が終わりました。 やや自動的に「無事」と綴ってしまいましたが、もちろん”事”はいろいろとありました。 まずいちばん大きかったのは、賛否があった作品展だったということ。 「否」という言葉は体感としてちょっと強いのですが、 わずかながら、「あなたの作品のここはちょっと」と、 そこに在る絵に、それを表現する作者である私に対して改善点めいたものをじかに伝えられたことはショッキングでした。

今回は初めてのいわゆる”画廊”での展示だったため、 ぼくのことを知らない、ギャラリーを目当てに、ギャラリーがいくつも入っているその建物を目当てに、 たまたま野村浩平の展示を見たという関係性の人がたいへん多く、 そうした方にとっては、発表されている無数の作品のひとつであり、 ある意味、とても純粋に絵と向き合い、鑑賞物としての評価というのをされた。 そういうことなのだろうと思う。

自分ももちろん、そのようなスタンスで絵や映画や音楽や舞台などさまざまな制作物に対し、 自由に感想を抱き、ときに批判的な意見を身近な人に伝えることもしてきたので、お互い様なのです。 そんなことは重々わかっているのですが、やはり、批判的なことを告げられると、 それまでいただいた賞賛的な言葉の一切は絵空事で、批判的な観点だけが真実なのではないかと思い込みかける自分とは、 いったいどれだけネガティブなんだろう、と、すこし笑える。

そんな心模様も時間とともにフラット化し、こんな風にアウトプットできるまでになってみると、 ショックな言葉というものは、ホメオパシーのように、その毒によりわが毒的な部分が中和される薬なのかもとも思える。

たとえば「色がキツイ。花を抽象化しすぎ」的な視点の毒は、 「はあ、そういうことなのだろうか、、はあ、ダメなのだろうか、はあ、はあ、、」時代を経て、 いや、でも、それがぼくの感性なのだものな。あ、誰かにフィットしない感性ということは、言い換えれば”個性”ということなのかもしれぬ。 などと消化されてゆき、

誰にも「いいね」と言われたい、誰からも好意をもたれたい自分。 というか、「いいね」とみんなから好意をもたれなければならない! などという不可能レベルの理想を、いまだに自分へのハードルとして課していたことに気付かさせてくれたのでした。 そして「賛否両論があるほうがいいよ」などと誰かに簡単に伝えることは、言うは易し、ということだったのだなあ、と反省。

”知っている”ということは「情報として、言葉として知っている」ことと、体験を通して知っていることとまるで違うレイヤーなのですね。 なにをいまさらですが、そんなことを思い知らされた長くて短い9日間については、 まだまだ言語化していきたいので、”こんな個展の日々でした雑記”に、しばしお付き合いいただけましたら幸いです。

本日も最後までお読みくださり、誠にありがとうございました!
ニュー男子 拝

 

test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事