更新

「ズバッと聞きます!」も好調! 短期集中連載、梅沢富美男に見る、男の色気とは

編集長松井、梅沢富美男さんにズバッと聞きます!

歯に衣着せぬトークが時には炎上を呼ぶこともある梅沢富美男さん。かといって決して炎上商法とは思われず、「愛ある発言」と視聴者は受け止める。売れれば嫉妬され、叩かれるのは芸能界のセオリーだけれど、「叩いても意味がない」存在なのが梅沢さんクオリティー。実力の世界で生きて来たひとが、空虚な風評にさらされるなんて、無意味そのものなのだから。梅沢さんの人気上昇ぶりは、初MC、多くのCMに抜擢されていることからも一目瞭然。そんな超多忙な生活にもかかわらず、僕の質問に真摯に答えてくださいました。

 

下積み時代、オーディション門前払い事件

編集長

はじめまして。モテを追求するWEBマガジン美容男子の編集長をしています松井です。

梅沢富美男さん

はじめまして。
なに? モテを追求? あっははは。ふーん、そう。

編集長

(笑いジワ少なっ。やっぱりかっこいい……)

編集長

読者の皆さんが梅沢さんのようにかっこいいわけではないので、内面磨きについての記事が中心です。外見コンプレックスの解消に役立てればと思ってるんです。

梅沢富美男さん

内面はそりゃ大事だけどさ、俺の外見が恵まれてるっていうのは、違うと思うよ。 映画俳優になりたくて100人くらいいたオーディションに行ったんだけどさ、ディレクターみたいな人が出てきて、「お前帰れ」って言われたんだよ。

編集長

何万人も「流し目で落とす」梅沢さんが!?

梅沢富美男さん

「演技も見てないのに、なんでだ」って言ったら、「目が小さいからだ」って。

編集長

(うっ、たしかに目は大きいほうではないかも……やばいフォローの言葉が見つからない)

編集長

そ、それは、トラウマになったりしなかったんですか?

梅沢富美男さん

それから何言ってもダメだったから帰ったけどさ、俺は2枚目思考じゃないから、とにかく芝居を磨こうと思ったね。

編集長

へこまずに活力になったということですよね?

梅沢富美男さん

そもそも役者ってのは修行してなるものだから、外見で判断されて落ち込むことはないだろ。今はさ、そのへん歩いてたら役者になりました。モデルやってたらいつの間にか役者になってました。なんてたくさんいるけどさ。だから今ドラマやったって当たんねーんだよ。

編集長

(うわ~っ。テレビよりもズバッとだ。かなりズバッと。)

梅沢富美男さん

あんま細かいことはわかんねーかもだけど、今の世代はどの俳優がやったってみんな同じなんだよね、芝居が! セリフを吐いてるだけ。

編集長

(僕が怒られているような気がしてくるのはなぜだろう……。)

梅沢富美男、現代の俳優を、ズバッとめった切り!?

梅沢富美男さん

だいたいパターンが決まっちゃってんだもん。このひとは刑事役、犯人役。お医者さん役、患者役って。韓国ドラマに負けるってのはそういうことだと思う。いろんなタイプが居て初めてドラマとか舞台が成り立つのに、演技ができないイイ男ばっかいたってしょーがねーだろ。

編集長

おっしゃるとおりだと思います。梅沢さんがキャスティングするドラマ、おもしろそうです!

梅沢富美男さん

たとえば2枚目がさ、演技力でもってさえない男役を完璧にこなすとか、美人とは言えない女の子が表現力で絶世の美女役をやるとか、そういうことは可能なんだよ。当たり前だけどさ。それが役者の力だし、舞台の素晴らしさだからさ。

編集長

梅沢さんもご自身が座長を務める舞台などで、女性になりきっていらっしゃいますもんね。

梅沢富美男さん

気持ちだよな。まあ、そのへんの話をすると、長くなるぞ。

編集長

お気遣いありがとうございます! それでは続きは次回ということで、いったん、休憩を挟んだ後に、撮影をさせていただきます!

梅沢富美男さん

おう。そうしましょう。

緊張で脇汗が止まりませんが、ひとまず初回はここまで。次回もズバッと、ご期待ください!

梅沢富美男さんの魅力を医師が徹底分析!!
http://biyodanshi.com/20180417post-18859/

梅沢富美男 最新情報
umezawatomio.jp/

舞台出演、座長公演情報
umezawatomio.jp/2018/06/

Instagram
https://www.instagram.com/tomioumezawa/?hl=ja

twitter https://twitter.com/umezawatomio

プロフィール
1950年11月9日生まれ。福島県福島市出身。
「梅沢富美男劇団」座長。
大衆演劇隆盛期に活躍した花形役者の父・梅沢清と娘歌舞伎出身の母・竹沢龍千代の5男(8人兄弟の5男)として誕生。
1歳7ヶ月で初舞台を踏み、15歳から兄・武生が座長を務める「梅沢武生劇団」で本格的に舞台に立つ。
その後、20代半ばで舞踊ショーの女形が話題となり、一躍大衆演劇界のスターに。
2012年、兄・武生から劇団を引き継ぎ、座長に。
舞台では二枚目から三枚目、艶やかな女形まで幅広い役をこなし、脚本・演出・振付も手がける。そのほか、テレビドラマや映画などにも俳優として多数出演。

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事