更新

合コン後のLINEで相手の気持ちがわかる!「脈あり」と「脈なし」返事の特徴とは?

合コン後に気になる相手とLINEを交換して、これから「どんなメッセージを送ろうか?」と考えている人へ!
合コン後のLINEは慎重にならないと脈なしのサインを出されちゃう可能性がありますよ!今回は気になる人へ送る合コン後のLINEに関して、送るベストなタイミングや「脈あり」につながる内容と「脈なし」になってしまう内容、さらには相手かもらう内容から「脈ありと脈なし」の返信のパターンを紹介します!

合コン後のLINEで相手の気持ちがわかる!「脈あり」と「脈なし」返事の特徴とは?

1. 合コン後にLINEを送るベストなタイミングは?

 

合コンは仕事終わりなどの夜に開催されることが多いですよね。
そのため、早めに解散しても22時を回ってしまうこともあります。
合コン後のLINEを送るタイミングは解散時間を考え、相手を思いやる気持ちを持つことが大事ですよ!


◆ 解散が早めの場合

 

合コンが割と早めの解散(21時頃)となった場合は、帰り道に今回の合コンのお礼をかねて「楽しかったよ~」などのメッセージを送りましょう。相手も帰り道のことが多いので、家に帰るまではLINEを続けやすいというのも◎


◆ 解散が夜中の場合

 

解散が0時を回り、終電ぎりぎりの時のLINEはお礼のメッセージのみして、あなた自らLINEを終わらせるようにしましょう。
夜中にだらだらとLINEでやり取りをしても話は盛り上がらないですからね。


◆ 解散が明け方の場合

 

合コンがついつい盛り上がり解散が朝方になってしまった場合は、最初に送るLINEはその日の夜がベスト。
なぜならあなたもあなたの気になる人も朝帰りのあとは眠いはずなのでまず寝るでしょう。寝て起きていろいろと家事などをこなし、落ち着く時間としてあげられるのが夜なのです。
まずは昨日の合コンのお礼メッセージ送り、さりげなく体調を崩していないか聞いてみるのも良い印象を与えるひとつの手段ですよ。

 

2. 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容

気に入った相手といい関係になるには最初の一文から勝負が始まる!?

 

ここからは合コン後のLINEで脈ありにつながるようにする為にはどんな内容を送ればいいのか?返信に悩む人が多いと思いますのでいいジャブになる文章を紹介していきます。

 

◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容①:お礼の気持ちを含めた文章

 

前述しましたが、脈ありにつながる内容の初手はお礼が一番無難でしょう。
お礼を言われて不快になる人はまずいないので、きちんとお礼の文を書いた内容にしましょう。そこから話を広げていくことが基本です。


◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容②:ポジティブな発言

 

ネガティブな発言よりもポジティブな発言の方が言わずもがな良いのですが、あまりにもポジティブ過ぎても「この人何も考えてないのでは…?」と思われてしまうので、ポジティブ発言も初対面という事を加味してほどほどに。


◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容③:「また会いたい」気持ちを含んだ内容

 

合コン後のLINEが少し盛り上がったら、「また会いたい」という気持ちをさりげなく伝えてみましょう。その時には〝今日は本当に楽しかったから〟や〝もっと話してみたいから〟という理由を添えて送ると相手も意識し始めるキッカケとして良いですよ。


◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容④:共通の趣味の話

 

合コン中に自分と気になる相手に「共通の趣味や話題がある場合」はぜひこれを活用しましょう!
特に共通の趣味がアウトドアや、旅行、観光であれば次回遊ぶ約束を立てやすいですよね。
ただし、相手の趣味に嘘をついて合わせるのはNGです。そのような軽い嘘はばれやすく、相手からの印象も変わりやすくなってしまいます。


◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容⑤:さりげない体調の気遣い

 

合コンの解散時間にもよりますが遅い解散になってしまった時こそ最初のお礼のメッセージに合わせて体調を心配するメッセージが有効です。お礼と同じように体調を心配されて不快になる人はいないはずです。
ただしメッセージは重たくならないようにしてくださいね。


◆ 合コン後のLINEで脈ありにつながる内容⑥:相手の良い部分を褒めた内容

 

合コンで気になった人の良いと思ったところは、とことん褒めましょう!
褒め方は「○○さんのこういうところが良いなって感じました!」的なニュアンスで良いです。
逆に「○○さんのこういうところに関心したよ、すごいじゃん」のような上からに捉えられてしまうような発言はNGです。

以上が合コン後のLINEで脈ありにつながる内容でした!
ここからは逆にどのよう内容が脈なしにつながるのかを紹介しますね。

 

3. 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容

 

ここからは合コン後のLINEで送ると最後!?「脈なし」につながるLINE例をいくつか紹介します。
もし気になる人にNGな内容を送った経験がある人は次のチャンスに活かしましょう!


 

◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容①:自分の自慢話

 

自慢話ほど他人が聞いて興ざめするものはありません。もちろん合コン中でもありえない男的な内容としてあげられるのですが、合コン後のLINEで自分を知ってもらいたくて自己アピールを無意識にしてしまう人が多いのです。
それは相手にとって苦痛以外のなにものでもありません。そもそも返信に困るばかりや読むのも放棄したいレベル。合コン後のLINEは就職面接ではないので自己アピールを積極的にする必要はありません。むしろ相手の興味を聞き出し話をうまく引き出して、自分の話もその中に落とし込む話し方が理想ですよ。


◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容②:今までの恋愛事情

 

合コン中に付き合ったことのある人数を聞く人はいますが、まだ知り合ったばかりの人に過去の恋愛事情を話したいと思う人はほぼいません。
過去の恋愛事情は特別なことがない限り聞く必要はないでしょう。もし聞いてしまったら、その瞬間から冷たい態度をとられてしまうかもしれません…。

◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容③:合コン参加者の悪口

 

合コン参加者の悪口を聞いて気持ちいい人はまずいません。
しかも悪口をいう相手は同じ合コンに参加していた人なのですから、仲間内の悪口というのは印象も最悪。
相手からすると「自分もきっと他で悪口を言われているんだろうな」と思うのが当然なので、好き好きアピールをそこからアプローチするのはかなり難しいでしょう。


◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容④:ネガティブな内容

 

合コン後のLINEのやり取りで「俺なんて…」や「私なんて…」と謙遜を飛び越えたネガティブ発言は相手を疲れさるだけ。最初のうちは相手も「そんなことないよ」とフォローしてくれるかもしれませんが、2回も続けざまならもうすでに「面倒くさい人」と思われてしまっているでしょう。あまりに長くネガティブ発言が続くと既読無視の対象になりかねないので気を付けてくださいね。


◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容⑤:恋人きどりの内容

 

LINE後に恋人気取りの内容で「今日誰と何するの?」とか「今日何時に帰ってくるの?」などを送ってしまうのは論外。
相手にとってあなたはまだ付き合う対象どころか気になる対象にすらなっていない状態のはず。
いきなりなりこのような文面でメッセージがきたらまず間違いなく引かれてしまうのでやめましょう。


◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容⑥:一目ぼれした、すでに気になってしまったなどのいきなりの告白に近い内容

 

合コン後のLINEでいきなり告白に近い内容を送るのはかなりのリスクを背負うというか無謀すぎます。
相手への気持ちを暴走させてしまうと相手は恐怖を覚えてしまい、連絡先をブロックされてしまう可能性があります。
そうならないようにいきなりの告白じみた内容を送ることはありえませんのであしからず。


◆ 合コン後のLINEで脈なしにつながる内容⑦:全員同じ内容の文章

 

合コン後のLINEは基本的に気になる人も含めて全員に違う内容でメッセージを送ることが理想です。過去にあった例ではグループLINEであなたの送ったLINEの内容を共有されていたケースもあるのです。
もしあなたのLINEの内容が一緒だと判明したら「チャラい&コピペ野郎」と思われてしまいます。
では、気になる人にだけ送ればいいのでは?という考える人もいるでしょうが、その場合だと送られた人と送られていない人に差が生じる為、変にこじれる可能性もあります。
ここは無難に全員に違う内容にLINEを送って、徐々に気になる人のみにしていくことが理想でしょう。
面倒かもしれませんが全員とLINEを交換してしまった場合はやっておいて損はありません。「面倒だな~」と感じる人は気になった人とだけ交換するスキルを身につけて下さい。

 

相手からくるLINEでわかる!『脈あり&脈なし』診断は次のページで!
1 2

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事