更新

ニュー男子特別編 4コマ漫画「Hiタッチ」5話

test

 

 

ああした展示後はいつもそうなのだけど、抜け殻みたいになっている私です。 なんといいましょうか、「ぼく、絵を描きました。だから見にきて!」とは、 このように言葉にしてみると本当に幼稚というか、子供かよってな要望かもな、と思うのですね。 そしてそんな中年のわがままに応え、時間とお金とエネルギーをかけて人々がやってきてくれるそのありがたさとは、 「わたし、誕生日会します! 祝いにきて!」みたいな感じや、 「わたしたち、結婚します! おめでとうを言いにきて!」というようなこととも遠からずだよな、と思ったりもして。

実際は作品があるわけだから、そういうこととは違うのかもしれませんが、 ぼくの意識では、どうも”私のために”みたいなヒロイン的気分があるみたい。 なもので、それが終わると「旅のあと」のような日常とのエネルギー調整がかなり必要となり、 ぼくの場合は、とにかく寝る、起きてる時間はボーっとする、が必須のようです。 ってなわけでもう夕方なのですが、おはようございます!

それにしても「ニュー男子」に書きたいことがまるで浮かばないので、4コマ連載が本当にありがたい。 いつかの自分とケイちゃん(絵を描いてくれた友だち)、どうもありがとうね!!

さて謎に長い前置きはさておき、本日もよろしくお願いします。

先生は同じ年の友だちなのだけど、ゲイ歴はぼくより7、8年は長く、 元来の要領の良さもあってか、二丁目事情(飲み屋、人間関係、モテ方法など)に精通していた。 いっぽうの私は、超ガリガリというその世界では最下層的体型ながら、それを重ね着やらで隠すという知恵もなく、 横から乳首が見えそうなほどにオーバーサイズのタンクトップ一枚はガリガリ丸出しで夏の夜の二丁目へ出向く空気の読めなさ。 そんなわけで先生からは会った瞬間に「ここ、そこ、あそこ!」とダメだしされることもよくあった。 現在はそちら方面の指摘はないが、「アンタ、食べていけてんの?」と、人生全般への心配を時にされているのであります、いつもすみません……!
ニュー男子 拝

test

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事