更新

セックスで筋肉を鍛えよう!! 鍛えられる筋肉と鍛え方を紹介

セックスはスポーツのようなものだという言葉はよく聞きますよね??
まさにその通りで、セックスは筋肉を鍛えることができ、さらにダイエット効果も期待できてしまうのです!!
セックスをするときは男性も女性も筋肉を使っています。セックスをするだけで筋肉も鍛えられて、お互いの愛も確かめ合えるなんて一石二鳥ですよね!!
今回はそんなセックスで鍛えられる筋肉を紹介するとともに、セックス後に疲れやすくならないようにするセックス力が上がる筋トレまで紹介します!!

セックスで筋肉を鍛えよう!!鍛えられる筋肉と鍛え方を紹介!!

1. セックスで鍛えられる筋肉の部位はどこ??

 

セックスで鍛えられる筋肉と、「どのシチュエーションで使われるか?」さらに鍛えられる筋肉を男女別に分けて紹介します。
以下がセックスで鍛えられる筋肉です。

・セックスで鍛えられる部位①:広背筋
・セックスで鍛えられる部位②:脊柱起立筋
・セックスで鍛えられる部位③:僧帽筋
・セックスで鍛えられる部位④:大腰筋
・セックスで鍛えられる部位⑤:大殿筋
・セックスで鍛えられる部位⑥:腹筋
・セックスで鍛えられる部位⑦:大腿四頭筋
・セックスで鍛えられる部位⑧:三角筋
・セックスで鍛えられる部位⑨:上腕三頭筋
・セックスで鍛えられる部位⑩:前腕筋
・セックスで鍛えられる部位⑪:肛門括約筋
・セックスで鍛えられる部位⑫:骨盤底筋群
・セックスで鍛えられる部位⑬:内転筋群(太もも)



意外と多いと思いませんか?セックスは皆さんが思っているよりお互いに動くことが多く、その分筋肉もかなり使われているのです!!

 

◆ セックスで鍛えられる筋肉のシチュエーション

 

ここからは鍛えられる筋肉がどのように使われるのか、シチュエーションも交えてご紹介します。

● 広背筋、脊柱起立筋、大腰筋、腹筋、大殿筋

 

これらの筋肉は男性が挿入時のピストン運動をする際に鍛えられます。
広背筋と脊柱起立筋に関しては上半身を支える役割を、大腰筋、腹筋、大殿筋はピストン運動をさせるときに使う筋肉になります!!
また、女性も正常位の時などに少し腰を浮かせると腹筋と大腰筋を鍛えることができます。

● 大腿四頭筋

 

大腿四頭筋は太ももにあるかなり大きい筋肉なのですが、セックスをするときには自身の体重や、相手の体重を支えるときに下半身の中でも中心となって使われる筋肉になります。
女性も騎乗位の際に、太ももを使用するので大腿四頭筋が鍛えられます。

● 三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋

 

大腿四頭筋と同じように自分や女性の体を支えるときに鍛えられます。三角筋や僧帽筋は男性の首周りに女性が腕を回して身を委ねた時に女性の体を支える役割を持っています。上腕三頭筋が鍛えられていないと腕がプルプル震えてしまい、女性からすれば「情けない」「なぜその体位を選ぶ?」と思われかねません。
また女性も後背位のときに上腕三頭筋を使って自分の体重と相手のピストン運動に耐えることで多少鍛えることができます。

● 前腕筋

 

女性のクリ○リスや膣に心地よさを与えるには、男性の前腕を動かすスピードとそのスピードを維持し続けるスタミナが要求されます。前腕筋はそれなりのスピードとスタミナで使い続けることで筋肉をつけることが可能なのです!!
※正し、早ければいいってものではないので要注意

● 肛門括約筋

 

肛門括約筋は名前の通り、肛門に関する筋肉なのですが、肛門括約筋に力を入れると尿などを出づらくさせ、勃起力も上がる効果があると期待されています。

● 骨盤底筋群

 

骨盤底筋群を鍛えることができるのは主に女性。
女性は後背位のときに骨盤付近に力を入れて男性のピストン運動の振動を支える役割をもっています。もちろん支える側にも力が必要なので鍛えられます。

● 内転筋群(太ももの内側の筋肉)

 

この内転筋群も鍛えられるのは主に女性です。
セックスの最中に正常位になった場合、女性は仰向けで足を広げることにいなります。その際開くという動作を維持し続けるには内転筋群(太ももの内側の筋肉)が必要になってきます。

◆ 男女別、セックスで鍛えられる筋肉

 

ここまではシチュエーション別に鍛えられる筋肉を紹介しました。
では男女別にセックスで鍛えられる筋肉をまとめてみました。

☆男性がセックスで鍛えられる筋肉

 

広背筋、脊柱起立筋、大腰筋、大殿筋、腹筋、大腿四頭筋、三角筋、上腕三頭筋、前腕筋、肛門括約筋

★ 女性がセックスで鍛えられる筋肉

 

脊柱起立筋、内転筋群、骨盤底筋群、上腕三頭筋、大腰筋、腹筋、大腿四頭筋、大殿筋


一見同じ筋肉を使っているように見えますが、女性しか使っていない筋肉がありますし、男性も同じことが言えますね。

 

2. 【体位別】セックスで鍛えられる筋肉

 

では実際にセックスの体位を取ったときに「どの筋肉が鍛えられているのか?」これを知っておくのと、全く知らないでは楽しさや気持ち良さが変わってきてしまうかもしれません(笑)。ぜひ覚えてしまいましょう!!
今回紹介するのは割とオーソドックスな体位です。

◆正常位
◆騎乗位
◆後背位(バック)
◆対面座位
◆乱れ牡丹(背面座位)
◆対面立位
◆駅弁

 

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:正常位

 

男性:広背筋、脊柱起立筋、大腰筋、腹筋、大殿筋、
女性:大腰筋、内転筋群、腹筋



セックスの体位では他の追随を許さない市民権を得ている正常位。そんな正常位ですが、女性は足を開く時間が長ければ長いほど内転筋群を鍛えることができます。

男性も姿勢を保つ筋肉やピストン運動のスピード維持に必要な筋肉が鍛えられます。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:騎乗位

 

男性:肛門括約筋、大腰筋、大殿筋
女性:腹筋、脊柱起立筋、大腰筋、大腿四頭筋



騎乗位も正常位と同じくらいセックスの体位ではメジャーですよね。
騎乗位は女性の動き方で鍛えられる筋肉に差があるのですが、今回は女性が膝を曲げた状態の騎乗位で鍛えられる筋肉を紹介しています。

この膝を曲げた状態は姿勢を維持することが難しいので、脊柱起立筋や大腰筋などの筋肉で上半身を支える働きをします。またこのとき腹筋にも力を入れると腹筋にも刺激がいくので効果的でしょう。

男性は肛門括約筋を引き締めることで大殿筋にも効果がありますし、なにより勃起力を維持することができます。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:後背位(バック)

 

男性:大腿四頭筋、上腕三頭筋、三角筋、脊柱起立筋、大腰筋、腹筋、大殿筋
女性:上腕三頭筋、骨盤底筋群、腹筋、大腰筋、脊柱起立筋




男性の場合は正常位の少し膝を立てた状態なので鍛えられる筋肉はほぼ同じです。

女性は男性の背後からのピストン運動を支えるために上腕三頭筋と骨盤底筋群を使います。
また腰や臀部の位置を維持するために大腰筋や腹筋を使用することで鍛えることができます。女性にとっては少し体力も筋力も必要な体位になるので、男性はしっかりとアフターケアをしましょう。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:対面座位

 

男性:肛門括約筋、上腕三頭筋、三角筋、広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大殿筋、大腰筋
女性:大腿四頭筋、内転筋群、脊柱起立筋、腹筋、上腕三頭筋、大殿筋



対面座位は男性が座り、向き合うように女性が座る体位のことです。
女性は男性の首と肩周りに腕を回すので、男性は女性のバランスを崩さないように三角筋や僧帽筋を使って女性を支えます。そうすることで三角筋や僧帽筋を鍛えられるでしょう。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:乱れ牡丹(背面座位)

 

男性:肛門括約筋、大殿筋、脊柱起立筋、大腰筋
女性:内転筋群、大腿四頭筋、大殿筋、大腰筋、腹筋



背面座位は座った状態の男性の上に、女性が背を向け足を開き座るという体位です。
対面座位とパターンが似ていますが、女性が男性の首に腕を回すことがないため、男性は首周りの筋肉への負荷は減ります。
もし女性を支えたい場合は腰から手を回してあげるとよいでしょう。
女性は足を広げて座ることで内転筋群と大腿四頭筋を鍛えることができます。
※男性が腰に手を回して支えてくれなかったりする場合は自分でバランスをとるために腹筋や大腰筋、脊柱起立筋などに力を入れ必要があるかもしれません。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:対面立位

 

男性:上腕三頭筋、三角筋、広背筋、僧帽筋、腹筋、大腿四頭筋
女性:大腿四頭筋、内転筋群、大殿筋



先ほどの対面座位のほぼ同じですが、座位と立位では使う筋肉が違います。
対面座位では男性は座っていたのが、今回は立つということもあり、座位よりも女性を支えることが難しくなります。そのため、僧帽筋や広背筋だけではなく体全体を使用することにつながるので対面立位は男性にとって全身をトレーニングすることになりますね。
一方、女性は男性の要望によっては片足を男性に持ってもらいつつも足を上げ続けるという状態になることも考えられます。そうなった場合、足を上げるための筋肉である大腿四頭筋や大殿筋を使用することができます。

◆ セックスの体位別、鍛えられる筋肉:駅弁

 

男性:三角筋、僧帽筋、広背筋、大腰筋、脊柱起立筋、腹筋、前腕筋、上腕三頭筋、大腿四頭筋、肛門括約筋
女性:腹筋、脊柱起立筋、大腰筋、骨盤底筋群、大殿筋



この駅弁の体位を行うには男性にある程度の筋力がないとでません。女性を落とさないのは当然ですが、気持ち良いポイントを的確に攻めてあげないと女性もうんざりしてしまいますし、男性もただ疲れるだけの自己満足になります。
ですが、鍛えられる筋肉は男女とも他の体位よりも多いので、セックスの筋トレ体位の中では上級レベルと言えるでしょう。


以上がセックスの体位によって鍛えられる筋肉の紹介でした。
意外とセックスは全体を使うことがわかっていただけたと思います。
セックス後には体の一部が凝ってしまったり、筋肉痛になってしまうかもしれません。
その時には「あ、この部位をよく使ったのか」と思ってくださいね。

 

3. セックス力がアップする!オススメの筋トレ方法

 

ここまではセックスで鍛えられる筋肉を紹介してきました。
ただ、駅弁などの体位はある程度の筋肉がないと女性を持ち上げて支えることができないこと、他の体位でも「この筋肉部位には不安があるな…」と思ってしまっている人もいるでしょう。
いくらセックスで筋肉を鍛えられるといっても、ある程度は筋肉を鍛えておいたほうが女性には安心を与えられますし、セックスで使う筋肉は普段からあなたをたくましい体に魅せてくれるというおまけにもなります。
そしてここでは、セックスで使うであろう筋肉の基本的な鍛え方を紹介します。
これであなたもモテ筋肉を身につけましょう‼

 

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:三角筋、僧帽筋、広背筋

 

三角筋

僧帽筋

広背筋



三角筋、僧帽筋、広背筋はセックスの際に主に女性の体を支えるために必要な筋肉です。この3つの筋肉をバランスよく鍛えてあげるとかなりモテ筋になります!!
女性が安心してあなたに身を委ねられるように広背筋や僧帽筋と一緒に鍛えてあげてくださいね。

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:上腕三頭筋

 



上腕三頭筋は男性の場合、女性の体を支えるために必要とされることが多く、女性の場合はバック体位の際に自分の体を支えるために必要な筋肉です。どちらも支えるという共通点があり、お互い気持ちの良いセックスをするにはとても大事な筋肉といえるでしょう。
また、この筋肉部位は別名〝二の腕〟とも呼ばれています。女性がなかなかシェイプアップすることのできない部位で有名なところですよね。ここを鍛えることでたるんだ二の腕ともおさらばできます!

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:脊柱起立筋

 



脊柱起立筋は、男性も女性も姿勢や体位の維持をするために必要になります。
脊柱起立筋を鍛えることはセックスのときの体への負担を減らすだけでなく、日常生活の姿勢の改善にも役立ちます!
綺麗な姿勢は男女問わず周りからも良い印象を持たれやすいもの。これを機にぜひ鍛えてみてください!

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:前腕筋

 



前腕筋はセックスの体位ではあまり必要とされてきませんでしたが、駅弁の体位の時は女性の体を支えるときに役立ちます。駅弁の体位をと際にちょうど女性の太ももの位置に前腕筋がきますので、細い前腕筋だと女性は支えられているという気がしないでしょう。
また男性の指で女性に気持ちよさを提供する場合はピストン運動のスピード維持や変化をつける必要がありますので、それ相応の筋肉は必要です。
トレーニングの方法もさほど難しくはないので、女性に安心感と気持ちよさを与えるためにも前腕筋を鍛えておいて損はないです!!

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:腹筋、大腰筋

 

腹筋

大腰筋



腹筋と大腰筋は男性の場合、ピストン運動を滑らかにするために必要な筋肉であり、
女性は男性の動きに合わせて自身の体位を維持するときに必要です。
腹筋や大腰筋も日常生活では必ず使う筋肉です。また男女ともに魅せる体作りに必要な筋肉になりますので、鍛えてぽっこりお腹、ゆるんだ腰回りを解消しましょう!!

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:大殿筋、肛門括約筋、骨盤底筋群

 

大殿筋

肛門括約筋

骨盤底筋群



大殿筋、肛門括約筋、骨盤底筋群は上半身と下半身のバランスを取るために大事な筋肉です。男性は肛門括約筋を鍛えることで勃起を維持する力が高くなり、女性は骨盤底筋群や大殿筋を鍛えることで美尻へ近づけます!!女性のラインが整った美尻は男性に喜ばれること間違いなしなので、ぜひ男性は勃起の続く筋肉を、女性はラインの整った美尻を目指しましょう!!

◆ セックスで使用する筋肉の鍛え方:大腿四頭筋

 



大腿四頭筋を鍛えることでセックスの時の疲労度を軽減することが可能です。
また、セックスの体位で立位や駅弁、足を広げるシチュエーションの場合には大腿四頭筋を使用します。男性は駅弁体位の時に女性の体を腰と足で主に支えるので大腿四頭筋を鍛えることは重要で、女性も長い時間足を広げるときに疲れにくくするために必要なので日ごろから少しずつ鍛えておきましょう!!

 

4. セックスはダイエット、美容、ストレス解消によい!?

 

さらに知っておいて欲しいのが「セックスがダイエット、美容、ストレス解消にもよいということ」です!!
まさかセックスがそんな万能なわけがないだろうと思う人もいるでしょう。そんな人にこそ読んで欲しいです!!

 

◆ セックスはダイエット??消費されるカロリーは??

 

冒頭で〝セックスはスポーツだ〟と書きました。
本当にその通りで、セックスの消費カロリーというのはアメリカでも研究結果として発表されています。

“アメリカのモントリオール大学が行った研究結果によれば、25分間のセックスで、男性は約100キロカロリー、女性は約69キロカロリーを消費しているとのこと。69キロカロリーと言えば、間食したチョコレートのかけらをなかったことにするくらい。「ダイエット」というほどではありませんが、それなりにカロリーは消費されているようです。”

GLITTY「サイトで算出できるセックスの消費カロリー

 

100キロカロリーは食べ物で表すと茶碗に持ったごはんの半膳分ほどにあたります。
普段の運動で100キロカロリーを消費しようとすると少し大変ですが、セックスなら楽しみながら25分で済みますね。
もちろんセックスの激しさや場所の温度などにもカロリーは変わりますが、セックスダイエットに効果が期待できることは間違いないですね!!
もっとセックスとダイエットについて知りたいという人はこちらもチェック!!

 

◆ セックスがもたらす美容効果

 

セックスをすることで体は女性ホルモンの分泌を促すようになります。
女性ホルモンは女性の気になる肌や髪、爪などに作用して肌には艶やハリの改善、髪や爪にも潤いを与えるように働きかけます。またセックスはスポーツと言えるほど汗をかくことがありますよね。汗をかくのは交感神経が優位に働いているからで、交感神経が優位に働くと血管が広がり体内の血液循環が良くなります。血液循環の改善は体内の毒素を外に出してくれる効果があるので、肌にも良いのです!!

 

◆セックスはストレスにも良い効果がある??

 

セックスをすると〝オキシトシン〟というホルモンが分泌されます。
このオキシトシンというホルモンは別名「幸せホルモン」と呼ばれており、ストレスや不安や恐怖の軽減にとてもよく作用します。もしセックスに少し抵抗がある人はハグを10秒間するだけでもストレスは軽減されます。ただ、気が乗らないセックスや望んでいない時のセックスはストレスが逆に溜まる可能性があるのでやめましょう。




セックスは他にもがんのリスク軽減や免疫力の向上などの効果が期待されています。
もちろん前提は〝好きな人や愛している人とセックスをする〟ということなので、ストレス解消やダイエット目的のために誰とでもセックスをするというのは絶対にNGです!!

◆セックスには危険もつきもの。安全第一!!

 

今まではセックスに関して良い点を紹介してきました。
ただ忘れないで欲しいのはセックスをむやみやたらにやってはいけないということです。
今はHIVをはじめとする性病が日本も含め、世界でものすごいスピードで広がっています。
※先進国の中ではワーストに近いくらいに意識が低いのが日本人です

確実に言えることは、「自分は大丈夫」ということは絶対にありえないということ。性病はどんなに万全な準備をしたところで100%防げるものではありません。だからこそ少しでも性病のリスクを減らすことはもはや世界共通のエチケットといえるでしょう。

もし、不特定多数の人とセックスをしてしまったなら、今後の自分と相手ためにも一度調べてみることを強くオオススメします。
セックスは危険を犯してまで行うことではまったくありません。愛する人と安全に気持ち良くセックスを楽しんでくださいね。

 

セックスで筋肉を鍛えよう!!鍛えられる筋肉と鍛え方を紹介!!

  • 1. セックスは筋肉を鍛えるスポーツだ!!
  • 2. セックスで鍛えられた筋肉でさらに良いセックスを目指そう!!
  • 3. セックスは筋肉だけではなくダイエット、美容、ストレスの軽減にも効果あり!!
  • 4. セックスは安全第一!!自分にも相手にも愛を持とう!!

ライター後記

今回はセックスで筋肉を鍛えるという記事を書きました。
私は2013年に引退を発表したAV男優の加藤鷹さんの名言に〝どうせするなら、男も女も最高に満足できる、本物のセックスをしよう〟という言葉が好きで、加藤鷹さんのいう本物セックスとは心・技・体のすべてで相手を思いやるということなのではないかと考えます。そして今回の記事は心・技・体の〝体〟に関する記事になるでしょう。
〝心〟と〝技〟の記事を書く日がくるのかは不明ですが、この記事を読んでセックスの〝体〟についてプラスな考えを持ってくれる人が増えてくれると嬉しいです。

 

桃野 カン詰

前提は安全第一です。忘れずに。

大学生の時にヒッチハイクにて日本縦断。人の温かさとキノコの恐ろしさ、猪の獰猛さを知る。人見知りという言葉とは無縁であり、だいたい初めて会った気がしないと言われる。本当はどこかに自分のドッペルゲンガーがいて俺の周りをうろちょろしてるんじゃないかと疑惑を抱いている。黙っているときの顔が怖くて機嫌が悪いのではないかとささやかれるが、本人はいたって普通でむしろ上機嫌だったりする。現在アメリカ大陸を横断しようと目論んでいる最中。

RELATED POSTS / 関連記事