更新

同棲前に知っておきたい彼女の9つのこと「知らないと別れの危険性も!」

つき合っていればおのずと頭をよぎる同棲ですが、今までお互いが知らなかったことがたくさん見えてきてしまいます。同棲をしたことによって嫌な所が見えてきたり、気になるところがでてきたりしてしまうものです。もちろん楽しい発見もありますが、ずっと一緒にいられて、夢のように幸せな時間だけを過ごせるわけではないのです。大好きな彼女と同棲するのに嫌な思いをしたりさせたりしたくないですよね。新年を機に、今から同棲を始めようと思っている人に理解していてほしい彼女の事をレクチャーしていきます!

別れる危険フラグ!? 同棲する前に知っておきたい彼女の9つのこと!

1.彼女との同棲を夢見ている男子に忠告!

同棲で毎日ハッピーなバラ色にするのはあなた次第!

出展:weheartit

大好きな人とつき合っていれば自然と考え始めるのが同棲ですよね。
でも同棲はある意味、結婚の予行練習のようなものです。
「毎日好きな人と一緒に暮らせるなんて幸せ!」という気持ちだけでは過ごせません。
お互いの素顔を知ることができてより距離が縮まる半面、その素顔が「知りたくなかった」ことである可能性も十分にあるのです。というかその可能性のほうが高い

でも、それはお互い様。

同棲前は、お互いにお出かけ用の身なりをしていたり、気持ちもそれなりに高ぶっていたりといろいろな意味で「ベストなコンディション」(または、なるべくそれに近づこうとする意志がある状態)でしたが、一緒に暮らすとそうも行かなくなってしまうのです。とはいえ、ここは同棲を否定するものではありません。
結婚を視野に入れるなら、いずれ相手と一緒に暮らす日が来るのは事実!
というわけで、出来ればお互いに嫌な思いをせずに済むように、楽しい同棲になるように、事前にシュミレーションしておきましょう!

 

2.同棲する前に知っておきたい彼女の9つのこと

同棲の先には結婚か破局の2パターンしかない!!

同棲する前に男性に知っておいてほしい彼女の事をご紹介していきます!このことを知っておけば彼女との衝突も少なくすむかもしれません。

 

①思いやりが大切!イラッとしてもこらえよう!

同棲には思いやりが必要

 

生活とは、ささいなことの連続です。
食器を下げるタイミング、料理を作る手順、ティッシュはどこのメーカーがいいか、洗濯物はどう洗う?
そんな「日常」は、実はライフスタイルという名の下に、人の数だけ違うのです。
ゆえに、それまでまったく違った環境で過ごしてきた二人が同棲を始めると、相手の行動が目についてイライラしてしまうこともあると思います。

とはいえ、イライラしたからといって態度にだしたり、怒ってはダメ!
たとえ彼女のライフスタイルがあなたと違っていても、それが「あなたが正しい」ということにはならないからです。
つーか、たぶん彼女も同じで気になることやイラッとしていることもあるはずです。

ここはお互い様だとこらえて優しく接してあげるようにしましょう。

イラッとしたときこそ、優しく接してあげることで彼女も同じように優しい気持ちで接してくれるはずです。
もとは他人同士の二人が同棲をする上で、お互いを思いやることは何よりも大切ですよ!

 

②彼女の愚痴も聞いてあげよう!

同棲では話を聞くことが大事

 

あなたも仕事で疲れていると思いますが、彼女が愚痴を話し始めたら「うん、うん」と話を聞いてあげましょう。
くれぐれも携帯を片手にゲームをしていたり、テレビを見ながらうわの空で聞いたりするのは絶対NG。
適当に話を聞かれていたら彼女は「私の話をちゃんと聞いてくれない。私のことに興味がないんだ。」なんて思ってしまう可能性があります。
女性は自分の話に共感してほしいものなので「そうなんだ。大変だったね。」という感じできちんと向き合って話を聞いてあげて下さい。 逆をいえば「きちんと聞いて上げさえすれば大丈夫」です。
よくある男女の揉め事に、彼女の愚痴に彼氏がダメ出ししたことが原因で…というのがあります。
男性は、悩んでいる彼女のために解決策を考えているんですよね。
でも、女性にとってはそれは「余計なお世話」なんです。
「そんな殺生な!」と思うかもしれませんが、女性があなたに愚痴を言うのは、前述のように「自分の話に共感してほしいから」。
つらい、苦しい、嫌な思いをした、恥をかかされた……そんな自分を「大変だったね」と慰めてもらうことで、女性の自己肯定感はキープできるのです。
そこで「いや、そういうときは●●って言えばよかったんじゃない?」なんて諭そうものなら、ただでさえ自尊心が傷ついている彼女は「なんで不愉快な思いをしている上に、彼氏から説教されなきゃいけないわけ!?」となるのです。
あなたも上司に怒られ凹んでいるときに、彼女に追い打ちをかけるように「はー。あんたって仕事できないのね」と言われたらむかつくでしょう。

ほしいのは「あなたの味方だよ」というサインです。

もし、彼女が何かしらの答えを求めている場合でも、まずは一回、「あなたの苦しみはもっともだ」と彼女自身を受け入れることから始めましょう。

 

③長い髪の毛がよく落ちている

ここに画像の簡単な説明

 

1人で暮らしているときにはあまり見ないもの…それは長い髪の毛です。
あなた自身の、そして彼女の髪の長さによって違いますが、自分の髪より長い髪の毛がよく床に落ちています。
掃除をしていても髪の毛はどうしても落ちてしまうので、間違っても「ちゃんと掃除してるの?」なんて言わないようにしましょう。
これを偉そうに言われると、女性はかなりイラッとします。
掃除をしていても抜けるもの、それが髪です。
そして彼女はあなたの陰毛もしっかり発見しつつ、黙ってそれを掃除しているはずですから。

 

④ボディケア用品に勝手に触らない

女の子もムダ毛処理しています

 

女性はボディケア用品に高いお金をかけていたり、こだわりが強いもの。
お風呂場や部屋でボディケア用品を見つけたからといって勝手に使うのはNGです。
自分のために使っているものなので、勝手に使ってしまうとかなり怒られてケンカになってしまう恐れがあります。
また、「まーたそんな高いもの買って」というのもよくあるNGワード。

「いつまで経っても彼女にはキレイでいてほしい」とか言いながら、それ言うか? なんなの? バカなの!? と、世の同棲経験及び既婚女性たちはオニオコ。
あなたのお給料を勝手に使い込んでいるのなら話は別ですが、彼女が自分の収入の中からそれを購入しているのなら、文句を言うのは筋違いというものです。(※あまりに浪費家の場合は別の対処が必要です)

むしろ、「一緒に暮らすようになって、あなたがいつも美容に気を遣っていることがわかって嬉しいよ」ぐらいの言葉をかけられたら、イタリア人も真っ青です。
結果だけでなく、過程も評価するというのはとっても有効。
女性は褒められると伸びる生き物です。キレイと言われると、それが自信につながって、本当にキレイになるものです。
いわんや、愛する彼から言われることがいちばん効果的!
嬉しそうに輝く彼女の笑顔は、あなたが贈れる最大の美容液だと思ってください。
反対に、ケチをつけると彼女は明らかに「チッ」という表情をするはずです。それって誰が得しますかね?

なお、女性は肌もムダ毛もちゃんとケアをしています!

とくにバスタイムはそうした儀式を行なっている率が高いので、一緒にお風呂に入るとき以外は、不用意に覗いたりしませんよう。
ドアの向こうに待っているのは「きゃー、のびたさんのエッチ!」なんて恥じらう女性ではなく、なんかえらいことになっている彼女及び鬼の形相です。「み〜た〜な〜」……。昔話の時代から、女性が覗くなといったら覗いてはいけないのです。「押すな押すな」ではありません!
あなたの大事なおつうを(いろんな意味で)失わないためにも、覗き見ダメ、絶対!
なお、もし洗面所でムダ毛を処理していたときは、気付かないフリをしてあげて下さい!!

 

⑤コスメや美容グッズに勝手に触らない

同棲でも勝手にアイテムに触らない

 

そして、ボディケア用品と同様、コスメや美容グッズも女性にとって大切なものです。
勝手に触ったり、使ってしまうと彼女が激怒する可能性があるので注意が必要です。
なぜなら高いから。

「おめえのヒゲヅラに塗るためにこの美容液を買ったわけじゃねえんだよおおおおおおお!」

という叫び声が、今日も日本のどこかでこだましています。

どうしても気になるものがある場合は、「これは何に効くの?」や「俺も使ってもいい?」など彼女に聞いてみて。
案外そうしたアプローチなら、「自分の努力を認めてくれた❤」に繋がり、ケンカが回避できます。
そればかりか、総じて女性のほうが美容知識は豊富なので、あなたのスキンケアにもプラスに作用するはずです。

 

⑥冷蔵庫や食べ物のもめ事に注意

同棲冷蔵庫問題

 

今までは自分の冷蔵庫に好きなものを入れて、好きなように食べていたと思います。
でも同棲を始めると、どうしても起こってしまうのが食べ物を巡ったもめ事。
自分ご褒美のデザートやお酒などは、勝手に食べられてケンカに発展することのないよう「これ、俺の楽しみだから食べないでね」と雨に濡れた子犬の瞳でひと言伝えておきましょう。
その前に、デザートを買うときに「あなたの欲しいものはない?」と聞いてあげるとモアベター。
そう、どんな場面でも同棲とは「相手への思いやり」が必要なのです。

それが煩わしいという場合は、あらかじめ食べ物に関するルールを作っておくこと。
「自分が食べたいデザートは各自で買ってくること。相手のものは勝手に食べないこと」「食べられたくないものは名前を貼っておく、【食べていいよ】なものはそのまま入れておく」など、生活時間がすれ違いがちなカップルであれば、むしろそのほうがいざこざが少なくて済む場合も多いでしょう。

 

⑦彼女が作ってくれた料理は美味しく食べる!

料理は褒めて伸ばそう

 

同棲を始めると、彼女があなたのために愛情をこめて料理を作ってくれる機会も増えるでしょう。
彼女はあなたが喜んでくれると思って一生懸命やってくれるのです。
ですから、たとえ多少味が濃くても、薄くても、「美味しいよ」といってあげて下さい。
育った環境が違うということは、味付けも人それぞれ。
外食デートのときは気が付かなくても、おうちごはんになったときに、その違いの大きさにびっくりしたというカップルは少なくありません(※美容男子編集部にも)。
それを否定するのではなく、お互いに歩み寄っていくことこそが「愛」であることをまずは胸に刻みましょう。
あなたが彼女の料理を「薄っっっ!」と思っているなら、彼女はあなたの料理を「濃っっっ!」と思っているのですから。
それをお互いけなしあって生まれるものは…何もない。

じゃあ、お世辞にも美味しいといえない料理がでてきたら?

だったらあなたが作ればいいのです。
彼女はあなたのママではありません。自分の料理ぐらいは自分で作ることが基本。その上で、自分のぶんも彼女が作ってくれたのなら、まずはその行為に感謝をするべきです。
そして、「●●ちゃんは薄味で、すごくヘルシーでいいと思う。でも俺はこってり系が好きだから、醤油かけていい?」など、自分でアレンジすればいいんだし。
彼女もそれを聞くことで、「次回からは少し味付けを濃くしてみようかな」と歩み寄ってくれるかもしれません。
同様に、あなた自身も彼女に料理をつくるときは、相手の好みを少し考えることがポイント。
すべては互いの思いやりの上に成り立つもの、それが同棲です。

「我が家伝統の味噌汁を作ってくれないと困る」、そんな男子は同棲などせずに、とっととママの下へ帰りましょう。

何事も、最初にお礼をいってから物を申すのが争いをさけるポイントかもしれません。
さらに料理を彼女の義務にさせない事がポイントですよ!

 

⑧彼女に感謝を忘れずに

同棲には感謝の気持ち

 

たとえ分担制でも、毎日の家事や掃除をしてくれて「ありがとう」という気持ちを忘れずに過ごしてください。
「してくれるのが当たり前」と思われることは、パートナーにとって義務感から大きな負担になってしまうことも…。
「ありがとう」の5文字を、最低でも言葉で感謝を伝えてあげるようにしましょうね。

 

⑨勝手に携帯をみない

スマホは見ないし見せない

 

一緒に住んでいると、たいてい携帯が〝ポンっ〟と置かれていると思います。
気になって見たい衝動にかられる人もいると思いますが、彼女の携帯を勝手に見るのはNGです。
誰だって勝手に見られていい気はしないし、「束縛がひどい」と彼女に思われてしまう場合があります。
同棲をしているからこそ、最低限のマナーは守りましょう。

携帯を見られても困らない関係が理想ではありますが、たとえ浮気をしていなくても、女性は友達同士のLINE上で普段の愚痴を吐き出し合っているもの。
なかには「同棲まじつかれたー」という言葉も出てくるかもしれませんが、それも大事なガス抜きの1つです。
いちいちそんなところまで監視していては、息苦しくなるだけ。

誰にだってプライバシーはあります。
それは今後、夫婦になっても同じです。
とくに、ある程度の年齢を重ねれば、お互いに元カレ、元カノの存在はあるわけだし、本人同士の関係は絶たれていても、共通の友人との交流の中からその存在に話題が及ぶこともあるのです。
それにいちいち目くじらを立てていては、あまりに器が小さいというもの。
お互い出会う前の過去があってのいまなのですから、何もかもを支配しようとは思わないことです。
携帯を見せても平気という関係性よりも、携帯なんか見なくても平気、という関係性を目指したいところですね。

たとえ携帯を見ても、見せても、お互いの問題解決にはなりませんよ!

 

3.同棲でストレスを感じること…

ストレスは互いにとって生産性ゼロの不要物です

同棲を始めると楽しい事ばかりではありません。 どんなことにストレスを感じやすいのか?を紹介していきます。

▼生活リズムを合わせなければならない

 

今までは自分の好きなように過ごせた時間ですが、同棲を始めると、ある程度はお互いに生活リズムを合わせなくてはいけません。男性は一人の時間を大切にするので、自由な時間が減ることはストレスが溜まってしまうかもしれません。二人の時間も大切にしつつ、時にはお互いに干渉しない時間が設けられるよう、工夫することも大切です。

▼お風呂やトイレの順番待ちがある

 

これも同棲をはじめてならではの出来事。お風呂やトイレに順番待ちがあり、少しストレスを感じてしまうかもしれません。
でも、これは仕方ありません。彼女にとっても同様です。慣れるしかないので頑張りましょう。
また、どんなに気をつけていても、お互いの「出したものの臭いや音声問題」に嫌でも直面する日が来ます。
そこは覚悟しておいたほうがいいでしょう。それも無理! という人は、同棲には不向きです。
あなたも毎日うんこしてるでしょうが。

▼浮気などを疑われやすくなる

 

今まではデートの時以外は一緒にいなかった為、束縛される時間も少なかったと思います。
しかし、同棲を始めると〝帰宅時間などを知られるので、少し遅くなると浮気を疑われる可能性〟があります。
もし遅くなってしまう場合は、事前に連絡を入れてあげると疑われる可能性が減るかもしれません。

▼友達と遊びにいくのに許可が必要

 

今までは割と自由に友達と遊びにいっていたのにも関わらず、いざ同棲を始めると、相手によっては遊びに行く許可をもらわなければいけないことも……。
これは、比較的若い女性やかまってちゃんが彼女の場合に多いケースでしょうか。
精神的にも自立している女性なら、決して許可制など導入されませんが、単純に「今日の夕飯、家で食べるの?(それなら買い物に行かなくちゃ)」といった疑問及びそれにまつわる行動予定があると思いますので、「遅くなるから、ご飯は大丈夫」といった報告だけはしておきましょう。
その際、誰と一緒かをさらりと伝えてあげれば、心配の芽が生えることもありません。

 

 

同棲を始めるとストレスがたまることも出てきますが、お互い様なのでイライラするのが嫌な人は、初めから細かくルールを決めておくのがいいかもしれません!
その他にも金銭的なトラブルだって起こりえます。
好きだから始める同棲には、「いかに相手を思いやって過ごすことができるのか?」が焦点です。
事前に問題になりそうな点を理解し、問題が起きた際にはしっかり向き合うようにしで下さいね!

 

別れる危険フラグ!? 同棲する前に知っておきたい彼女の9つのこと! のまとめ

  • 1. 同棲は楽しいことばかりではない!彼女の事をきちんと理解しよう
  • 2. イライラしても怒っちゃダメ!イライラしても優しく接して!
  • 3. 揉める前にルールをつくっておこう
  • 4. 感謝で帳消し!?〝ありがとう〟の言葉が使える!

ライター後記

同棲を始めるのは嬉しくてワクワクするかもしれませんが、楽しいことばかりではありません。 同棲で大切なのは、スルー技術と忍耐です。 これはあまり結婚生活と変わらないかもしれませんね。 これから同棲を考えている人には夢を壊すようで申し訳ありませんが、今回紹介したことを理解して同棲に挑んでください! お互いに大切なのは我慢と感謝の気持ちを忘れない事です! 同棲や結婚生活の中で、パートナーの言動が目についてイライラしたりすることはあります。 しかし、感謝の一言を言ってもらえるだけでほぼ帳消しになるので、彼女に感謝の気持ちだけは忘れないように伝えてあげて下さいね!

 

この記事を書いた人

彼女と楽しく同棲生活を送るには、思いやりと感謝の気持ちを忘れずに!

chimero

2児のママで、ファッションや美容関係に興味津々です! 私自身も、素敵なママ&素敵な奥さんを目指しておりますので、みなさんのお悩みに役立つような記事を、たくさん書いていきたいと思っています!

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事