更新

女芸人コンテスト「W」雑感

 

 

きのうテレビで女芸人の1位を決めるという大会を見た。その名は「THE W」。 アルファベット1文字の「W」というのがなんだか新鮮。 仰々しさというのか重みを感じさせないその命名の意図はどこにあるのだろうか。

前々からその大会のことはインターネットから教えてもらっていたものの、 それほど見たいと思わなかったが、今、ライブ中継されているとなるとそれは見よう! となった。 生放送を見ることとは、見るということでエネルギー的に参加をしている感じがして、すこしエキサイティングに思える。 余談ながら、たとえば「自分が応援に行くといつも負けるから行かない」とか「雨男」みたいな話も、 このような”エネルギー的参加”の意識ともいえましょう。

さて「W」雑感は箇条書き的にしてみようと思います。 番組を見ていろいろ思うこと、感じることがあったのですが、 それを系統立てて文章化するビジョンが浮かばないからです。 系統立てることでこぼれるものがたくさんありそうだからです。 面倒臭いからです。

以下、気になったこと。

副音声で松本人志が参加。「キングオブコント」、「 M1グランプリ」では審査員の松ちゃん。 テレビでのお笑いの世界において、この松本人志という人はどれだけの権威なのだろう。 実際はわからないが、現代の若手で彼に認められたいと思っていない人などいないんじゃないか? 「松本さんの点数が高かった」ということが、優勝を逃したとしてもそれ以上の励みになる的な。

そして、わが家はさっそく副音声にしてしまう。 松ちゃんの武器というか魅力にあの笑い方、笑い声は大きい。 そこにはもちろん「彼が笑っている」ということの意味はあるのだろうが、 松ちゃんが笑っているとこちらもつられて笑えてくる。 浜ちゃんも印象的な笑い方をする。 ダウンタウンの二人の笑い声は、周波数的に聞くものの意識にダイレクトに届くとかそういうことがありそう。

松本人志のパートナーには放送作家の高須光聖(「光」「聖」ってなんかキリストっぽい名前だ)。 副音声のほかをよく知らないが、二人の喋りはラジオみたいだった。 ネタ中にも喋ったり笑ったりしているし、MCの司会ぶりや審査員のコメントなどにも言及する。

途中で何度か主音声の現場から呼びかけられ応えることは想定内だが、 ツイッターにて松本人志への質問を募りそれに彼が答えるという要素もあり、副音声だけどまったくサブじゃない扱われ方。 むしろ「副」であることは、まだ松本人志が主で関わるほどの大会になっていない、という意味にさえ思える。

当初は副音声のままネタも見ていたのだが、 二人の解説というか寸評を聞きながら見ると笑い所がわかるのだった(そのつまらなさが面白いのでは? などと探求者のような二人)。 それは彼らの感性ごしに見てしまうわけで、つまらないといえばつまらない。 が、ひとりで見ていたらうんともすんともだろうネタでも着目点を知ると「なるほど面白い」となることもある。

そのように長きにわたりテレビを通して彼らから笑いの、面白さの啓蒙をされてきたのかもしれない。 啓蒙は、数百、数千万人に及んだに違いなく、さらには親から子へと受け継がれているのだろうから、なんともすごいことだ。

その傘下にあるだけかもしれないが、松ちゃんが気に入っていた牧野ステテコというピン芸人がぼくもいちばん好きだった。 生放送で全国に届く超マジョリティーステージということも関係しているのか、 多くの出場者の世界観にはどこか安心感があったのだけど、 ステテコさんのネタには、そんな暗黙の枠をハミだしそうなドキドキがあった。 というか、存在感がマジョリティー場には不適合に見える。 けれど、これを機にテレビに引っ張りだこになると、すぐに私たちはその異質さに慣れてしまうのだろう。

優勝は、ネタを比べると一目瞭然的な圧倒感のゆりやんレトリィバァ。次点がステテコ。 「1位が欲しい」とタイトルを求めたゆりやんは優勝し、 注目を集めたいだろうステテコは松本人志の関心をひいた。 どちらもどちらで良かったですね!

ちなみに副音声を主音声として見たぼくとしては、 「W」が松本人志のツッコミを楽しむ”ネタ”のような番組に思えてしまった。

そんなわけで、もしも録画してこれから見るという方ありましたら、副音声もオススメですよ、 という壮大なキャプション的本日の雑記にお付き合いいただき誠にありがとうございました!
ニュー男子 拝

 

RELATED POSTS / 関連記事