更新

『歯科医師監修』寝起きの息はなぜクサイ?読めば寝起きのキスはもう無理かも!?

【寝起きの息はなぜクサイ?読めば寝起きのキスはもう無理かも!?】歯科医師を約30年間治療させて頂いて思ったことは、
「口臭を治す方法をどのように考えるか?」が、一番大切なことです。
人とのコミュニケーションはまず挨拶からスタートしますよね。
『初めまして、西新宿デンタルクリニックの院長山下道也です』これで勝負あり。
この時、相手に与えてしまった不快感は全てを決定してしまいます!
私の場合では「この先生、クサイ」「歯が汚い」そんな印象を持ったらもう帰りたくなってしまいますよね。
みなさんもそうならない様に、口臭を治す方法をしっかりと考えて、実践していきましょう。

『歯科医師監修』寝起きの息はなぜクサイ?読めば寝起きのキスはもう無理かも!?

◆寝起きの口の中は細菌が30倍になる!?

 

「大切なパートナーと過ごした翌朝にキス」なんてみなさん当たり前のようにしていると思いますが、この話を聞いたらちょっと考えてしまうかもしれません(笑)。
というのも今回は、巷でよく言われている「寝起きの息がクサイ」という問題についてお話したいと思います。
なぜ寝起きの息は臭いが強いのか?

それは、夜に眠る前どんなに歯磨きをして綺麗にしていても、細菌数は約30倍になってしまうから。

特に寝ている時の唾液量が減った半乾き状態の口の中は、細菌たちにとって過ごしやすい環境なのです。
もちろん細菌数が少ない状態での30倍ならば許容範囲かもしれませんが、数百万から数千万個の細菌が30倍になっていたら…簡単に億を超えてしまうのです。

想像するだけでゾっとしませんか?

そもそも歯磨きや歯間ブラシを頑張って行い歯に関しての清掃を完璧にしても、口腔という大きな視点からみればほんの入り口部分、わずか20%しか汚れを落とせていないのです

他には口腔粘膜、咽頭部、そして人間の口の中で最大の表面積を持つ舌とまだまだ掃除するべき部分が残っているのです。

 

口腔内の細菌数データ

 

◆口腔内のあらゆる場所に細菌がいる

 

まずみなさんにも行って欲しいのが、コーヒーを飲んだ後にティッシュで舌を拭く事と、カレーを食べた後に頬の裏側をティッシュで拭いてみる事です。

想像以上に色が着色しますよ。
もしこれらが細菌の塊だったら臭いでしょう!
さらにひどいのが舌の根元の汚れです。

 

舌根深部のプラークだまり

 

左の正常な人の写真は唾液も多く、食べ物もすぐ流れる様にツルツルしています。
逆に不潔な状態になっているふたつは、プラークがくっついてしまい雪の様になっています。
某大学の先生も「舌根深部の汚れはとるのが大変」と言っていました。
写真にある奥から前方に吐く息が通るのですが、半乾きの状態では画像を見ているだけでも匂ってきそうですよね。

歯や歯周ポケットを合わせた0.4㎡よりも、約50倍の表面積を誇る舌や咽頭部をないがしろにしては、万全の口臭ケアとは言えません。
これを機会に今日から、〝歯みがきをすること〟と〝舌をキレイにすること〟を日常生活の中で習慣化させるようにしましょう!

 

【読者限定】先着50名様に「リステリン クールミントゼロ(100ml)」をプレゼント【大好評!!】

 

山下先生は1日に30回!リンシングをする際に使用している「リステリン クールミントゼロ」を、今回も読者の方にプレゼント。

【応募方法】
美容男子問合せフォームの本文欄に「リステリン クールミントゼロ希望」と明記の上、住所、お名前、電話番号を入力してご応募ください。
なお当選者の発表は商品の発送をもってかえさせて頂きます。

 

 

西新宿デンタルクリニック
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-12-4-201 TEL.03-3344-1090

 

モテたい?

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事