更新

2017年不祥事ランキング発表!流行語ノミネートを逃した「このハ〇ー!」が第一位!!

不祥事が豊作だった2017年も残りあとわずか。失言に不倫など記憶に刻まれるべき様々な出来事がたくさんありましたよね!個人的には松居一代の投稿に戦慄を覚えましたが笑。
2016年の「舛添要一・前東京都知事の政治資金問題」、2015年の「傾きマンション」、2014年の「小保方・野々村・佐村河内」に続く、不祥事の問題点とは?

2017年不祥事ランキング発表!流行語ノミネートを逃した「このハ〇ー!」が第一位!!

【調査リリース】2017年不祥事ランキング、「このハゲー!」・神戸製鋼・日産が上位―月刊『広報会議』調べ

広報・メディア対応の専門誌『広報会議』(株式会社宣伝会議発売、社会情報大学院大学出版部発行)は11月、2017年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国1000人の男女(20~60代)を対象に、「最もイメージダウンした出来事」についてアンケート調査を実施しました。

2017年1月~10月に発覚した不祥事15事例(※)のうち、著しくイメージダウンした出来事を上位3例まで選択してもらったところ、1位は「豊田真由子氏が元秘書に暴言」(51.8%)に。以下、「神戸製鋼のデータ改ざん問題」(40.2%、2位)、「日産自動車の無資格検査発覚」(37.0%、3位)、「元SPEED・今井絵理子議員の不倫騒動」(31.9%、4位)と続きました。
(※)調査対象とした15事例は、編集部が危機管理の専門家の監修のもと選定。

2016年~2017年上半期は政治家やタレント、個人による問題行動・発言が多く取り沙汰されましたが、下半期以降は大手メーカーを中心に偽装問題が次々と発覚。本調査終了後にも、三菱マテリアルや東レなどの改ざんが次々と明らかになるなど、日本企業の組織風土やコンプライアンスが問われる事態となっています。

 

 

【2017年イメージダウンした不祥事ランキング】

(括弧内は回答者1000人中の選択者数の割合)

 

1位:豊田真由子氏が元秘書に暴言「このハゲー!」(51.8%)

2位:神戸製鋼のデータ改ざん問題(40.2%)

3位:日産自動車の無資格検査発覚(37.0%)

4位:元SPEED・今井絵理子議員の不倫騒動(31.9%)

5位:旅行業者「てるみくらぶ」倒産(26.9%)

6位:東芝で相次いだ決算発表延期(24.3%)

7位:惣菜店「でりしゃす」O157感染問題(17.1%)

8位:ヤマト運輸値上げと残業代未払い(11.6%)

9位:SUBARUの無資格検査発覚(9.4%)

10位:タカタの民事再生法申請(7.2%)



<ランキングの詳細、それぞれ選択した理由は、PDF版をご覧ください>
PDF版のリリースはこちらから
https://www.dropbox.com/s/uksal0drjad1jpv/1201_kouhoukaigi_press.pdf?dl=0

 

【参考:過去の同一調査のランキング結果】

 

【参考:過去の同一調査のランキング結果】
■2016年舛添要一・ベッキー・電通問題が上位に
1位:舛添要一・前東京都知事の政治資金問題(39.1%)/2位:ベッキー&ゲスの極み乙女。川谷の不倫騒動(37.7%)/3位:電通の新入社員・過労死問題(31.2%)/4位:三菱自動車・燃費偽装問題(28.1%)/5位:東京都・豊洲新市場の欠陥問題(24.9%)/6位:高畑裕太・強姦致傷で逮捕(23.8%)/7位:慶應義塾大学の女子学生集団暴行事件(20.5%)/8位:SMAP解散騒動(15.5%)/9位:東大生が強制わいせつ容疑で逮捕(13.6%)/10位:はごろもフーズ・異物混入問題(9.9%)
※詳細は下記も併せてご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000002888.html

【本調査について】

 

 

■調査概要
広報会議編集部「2017年に発覚した企業・個人の不祥事」に関するアンケート
調査方法:インターネットリサーチ/対象:全国、20~69歳の男女(平成27年国勢調査による、エリア×性別×年代別の人口動態割付)/期間:2017年11月8日~9日/有効回答数:1000/調査協力:マクロミル

■本調査は、広報・PRの専門誌『広報会議』(毎月1日発売)の2018年1月号(2017年12月1日発売号)に掲載の巻頭特集「2018年版危機管理広報&炎上対策」の中で実施したものです。特集内では、ランキング結果を踏まえて危機管理の専門家やジャーナリストらが広報対応の重要性について分析しています。

 

RELATED POSTS / 関連記事