更新

ED(勃起不全)になる原因とは?信じられない意外な落とし穴あり!!

最近、性的に興奮しても勃起が起きにくかったり、勃起が長時間維持できなくなったりしていませんか?心当たりのある方は、ED(勃起不全)の可能性を疑ってみた方が良いかもしれません。「自分に限って」なんて思っている人が多いかと思いますが、意外にそういう人に限って起こりえるのです。今回は男にとって自信を失ってしまうほどナイーブな問題である、ED(勃起不全)を引き起こす原因についてご紹介します。

あなたは大丈夫?男が自信を無くす…ED(勃起不全)になる原因とは?

1. ED(勃起不全)って知っていますか?

「EDは俺には無関係!」なんて思っていませんか?

 

ED(勃起不全)とは、勃起機能が低下することを意味します。 多くの日本人は、EDと聞くと完全に勃起しない状態を指すことと勘違いをする方が多いですが、実際は「勃起に時間がかかる」「勃起が長時間持続しない」などのような症状もEDに含まれるのです。

 

ED(勃起不全)になる要因は大きく分けて2つ。

 

一つは心因性による「機能性勃起障害」と、器質性(身体的な理由)による「器質性勃起障害」です。
それぞれ下記で説明します。

 

【機能性勃起障害】

 

心の不安や精神的ストレスなど心理的な理由で、勃起が正常にできない状態のことを指します。 年齢に関係なく発症する可能性があるため若い世代のED(勃起不全)に多い傾向があります。

 

【器質性勃起障害】

 

陰茎の神経や血管、組織などの障害、また、男性ホルモンの影響で、勃起が正常にできない状態のことをさします。 年齢を上にいけば行くほど症状が発症しやすく、主に50代60代の男性が多い傾向があるとされています。

 

 

この他にも、上記2つの要因が併発している「混合生勃起不全」や、薬による副作用が要因となる「薬剤性勃起不全」に区別されるED(勃起不全)が存在します。

 

2 ED(勃起不全)の症状とは?

中学生の頃はこんな事で悩むなんて知るよしもなかった…

 

▼朝立ちの回数が減る

 

朝立ちの回数が減るのものED(勃起不全)の症状。明確に覚えていたりするものでもない上に、性欲にも個人差はあるので具体的な回数などではありませんが、以前より朝立ちの回数少なくなっていたらEDの可能性は疑う必要があります。

 

▼5回に1回くらい性交が上手くいかない

 

上手くいかないとは性交時に射精まで達することができないという症状です。 勃起が持続しない中折れや、挿入できるほど十分な硬さにならなかったりなど。
また、そういった方の中には、性行為では射精できないが、自慰行為なら射精に達することができるという方もいます。

 

▼妻だと勃起できない

 

所帯持ちの男性に多いのが、妻が相手だと勃起しないという症状。
妻以外でなら勃起することができるが、妻から誘われも欲情することができないようです。 寝たふりをして回避する方も多いそうですね(笑)。 反対に妻以外の女性との性交時に勃起できないケースもあります。
これらは心因性による要因が大きいとも言われています。

 

3. ED(勃起不全)になってしまう原因とは?

何てことない日常生活で引き起こされてしまうのです

 

精神的な焦りや不安

 

この原因は主に20代から30代前半の方に多い模様。子作りなどの家庭内・会社の上司からのプレッシャーによる過度なストレスによりED(勃起不全)を引き起します。
完璧志向や自信過剰な男性は気付きにくく、特に注意が必要です。

 

食生活の乱れ

 

ファーストフードやコンビニの弁当、糖分の多いジュースなどの摂取が多い食生活を続けていると、ED(勃起不全)を引き起こす原因に…。若いうちはよくても歳を重ねても同じようにはいかないことも多いですよね。

 

運動不足

 

普段の仕事がデスクワーク中心で平日は身体を動かす機会が無く、休日も一日中家でダラダラと過ごす生活が続いていると、ED(勃起不全)を引き起こす可能性があります。

 

男性ホルモンの低下

 

男性ホルモンの一つであるテストストロンの分泌量が下がることによって、EDを引き起こしているケースが存在します。リラックスする時間を作り、副交感神経の働きを高める必要があります。

 

治療の副作用

 

病気を治療する為に投与される薬が原因でED(勃起不全)が起きていることもあります。例えば、糖尿病や動脈硬化などの症状にかかった場合、血液が上手く男性器に流れ込まなくなるケースなども報告されています。

 

4もしもED(勃起不全)になってしまったら?

悩む前にすること、出来ることがあります!

多くの男性がED(勃起不全)になってしまわないか?不安や悩みを抱えています。 今回EDの症状や原因をご紹介いたしましたが、最終的な判断は自分でせず、医師に診てもらうようにして下さいね。
正しい原因を把握しないと、間違った対応をしてしまい、逆効果を及ぼす可能性もおおいにありえます。
今回ご紹介した症状や原因に心当たりのある方は、まず病院へ行くことを強くお勧めします。
また、EDは誰もがなる可能性があること。
EDになる前にアンチエイジング等を行い、予防することがとても大事ですよ!!

 

あなたは大丈夫?男が自信を無くす…ED(勃起不全)になる原因とは? のまとめ

  • 1. ED(勃起不全)は心因性と器質性の大きく二種類に分類される
  • 2. 完全に勃起しない状態でなくてもED(勃起不全)といえる
  • 3. 疑いがある場合は病院へ行こう

ライター後記

残業が当たり前のような、ストレスフルな時代に生きている我々にとって、ED(勃起不全)は十分に起こりうる症状であることを自覚しましょう。「自分は絶対に大丈夫」そんな思いはEDになった時、立ち直れないくらいまでの精神状態になってしまいますよ!まずは、週一の運動とファストフードは週一まで、というような意識をして、日々の生活を改善していきましょう。EDにならない予防が男には必要不可欠です!!

 

 

RELATED POSTS / 関連記事