更新

同棲前に決めておきたい4つのルール「彼女は母ちゃんじゃない!」

彼女と同棲出来るとなると自然と気持ちも舞い上がり、幸せな想像ばかり。ですが同棲する前にしておかなければならない事や、決めておくべきルールもあるんです!何となくとか一緒にいたいから…だけで同棲を始めてしまうと、「こんなハズじゃなかったのに!」なんて、痛い目を見る羽目になってしまうかもしれません。せっかくの幸せ、お互いをよく知っていっそう仲良く長続きさせたいですよね!?そこで今回は、同棲前にするべき事から同棲中によくあるトラブルまでをご紹介。彼女と同棲を考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

同棲前に決めておきたい4つのルール「彼女は母ちゃんじゃない!」

1.同棲をスタートする前にするべき事

男性なら当たり前のアレもするべきです!

同棲をスタートする前にすること

 

大好きな人と一緒に暮らせるとなると、気持ちも舞い上がって幸せ絶頂!というタイミングですよね。
ですが、これからずっと生活を共にしていくわけですから、同棲前にするべき事はきちんとしておきましょう。
勢いに任せて同棲したら破局…なんて始める前からみんな思ってもいないのです。
きちんとルールを決めれば、後々トラブルの元になってしまう事も避けられるハズですよ。

 

【理想とは違う!?そうならないために同棲前にするべき事】

 

互いの両親への挨拶で誠意を!

 

彼女と同棲したいなら、男性はまず“彼女の両親への挨拶”は欠かせません!
彼女が現状、一人暮らしでも実家住まいでも、必ず一言報告に行きましょう。
親世代で、「結婚前に一緒に住むなんて!」と言う考えの人も少なくありません。
何も言わずに同棲を始めて、後から気まずい雰囲気になる事も避けたいですよね!?
同棲前にきちんと挨拶しておく事で、自立した大人の男性として彼女の両親からの評価も上がるハズです。
彼女にとっても誠意を見せてくれる姿は、頼りがいのあるカッコいい姿に写るハズですよ~♪
その後、自分の親へも報告しておくと◎

 

ある程度のルールは決めておく!

 

ガチガチにルールを決めてしまうと、縛られ過ぎて窮屈になってしまいますが…
トラブルを避けるためにも“ルール”は2人で話し合っておくべきです。
ですが「○曜日のゴミ出しや料理は△△」等、細かく当番制にしてしまうのは返ってNG
逆にお金の管理や2人の大体のスケジュール等、“一緒に生活していく上で大切な事”はきちんと決めておかないと、トラブルの元です。
今までお互いの家に泊まっていたのとは違い、お互いが帰ってくる一緒に生活していく家なので「ただ一緒に居れて幸せ」だけではすみません。
自分のルールや当たり前と思っていた事も、相手も同じとは限りませんよね!?
事前に伝えておきたい事やルールの話し合いは、2人で生活していく上ではとっても大切なんですよ!

 

新居や生活に必要な物を揃える!

 

2人で部屋を借りるとなると、費用や準備する物もたくさん!
引っ越し代や賃貸物件にかかる初期費用、新しく購入する生活用品など事前にしっかり話し合いましょう。
また、間取りやお互いの職場からの距離などもチェックポイントになります。
(同棲カップルに人気の間取りは2DK♪)
全ての生活用品を購入し、引っ越し代や初期費用…となると、すごくお金がかかります。

※編集部ZAKIYAMAの場合、引っ越し代10万円、賃貸契約諸々55万円、家具新調20万円、挨拶手土産6千円だったらしいです(笑)

 

【同棲準備のワンポイント】

★家賃は敷金・礼金の事も考えて抑え目にする

★持ち寄れる家具や生活用品は持ち寄る

★IKEAやニトリ、アウトレットで購入する

 

など、節約出来るところは節約する方が◎
せっかく2人で一緒に住むんだし、「デザイナーズマンションにしたい!新しい家具だって揃えたい!」そんな気持ちも分かりますが、2人でまず大体の予算を決め、最低限の生活用品を準備して生活が落ち着いてから買い足していくのがオススメ。
予算オーバーで後々辛くなるより、予算が余ったらその分で美味しいものを食べたり貯蓄も出来ますしね♪
そして1人で勝手に決めてしまったり、どちらかに任せきりと言うのもトラブルの元になるのでやめておきましょう。
そもそも二人が同棲を始める目的は何なのか?をお互いがしっかりと認識することが大事です!

 

2.同棲前に決めておくべき4つのルール

多くのカップルの統計からも決めるべきなんです!

同棲する前に決めておくルール

 

それぞれのカップルや性格なんかによっても、ルール決めは様々。
「ルールなんかいらない!」と言うカップルもいるかもしれませんが…
よくトラブルになりがちな事から、決めておいた方がいいルールをいくつかご紹介します。
始めに決めておいて、後から無くすもよし!
お互いの生活スタイルや2人での生活に慣れてくれば、それでいいわけです。
ルールを決めておいて、臨機応変に様子をみていきましょう。

 

【同棲前に決めておくべき4つのルール】

 

①財布は分ける

 

お金の面は特にトラブルになりやすいモノ。
“2人で使うお金”と“自分が使うお金”は分けておきましょう。
生活費として2人で出し合う分(家賃・光熱費・食費など)と、個人の買い物は自分の財布からと言う様に決めておくと◎
どちらかに任せっきりや、なぁなぁになってしまうと不要なトラブルを招くハメに…。

 

②お互いのスケジュールを確認

 

お互いのスケジュールを、大体でいいので確認しておきましょう。
“事前に分かる事はカレンダーに書いておく”など、ここでもルールを決めておくと分かりやすいですよね。
同棲で難しいところは、特に女性が同棲前よりも束縛が強くなってしまう傾向が多い事。
ですから同棲前に、ある程度のルールを決めておくとお互いの負担が軽くなります。

 

外泊や終電逃しタクシーは極力避ける

帰りが遅くなる時は必ず連絡1本

連絡できない状況の日の事前共有

など。
お互いが相手の事を考えて行動出来ると、無駄にケンカしてしまったり疲れたり…なんて事もなくなるハズですよ♪

 

③家事の分担は細かく分けすぎない

 

家事の分担は“大きく分ける事”を心がけましょう。
あまりガチガチに決めてしまうと、お互い負担に変わってしまいます。
ある程度決めておいて、「時間に余裕があれば代わりにする」「この前お願いしたから今日は代わりに」と言う風に、持ちつ持たれつな感じでやるのがベスト☆
そして相手の家事に不満を言ったり、やり直したりするのはNG!
それなら初めから自分でやってしまった方がいいですよ。
自分だけではなく「2人の為の家事」だと言う事を忘れず、必ず相手の行動に対して感謝の気持ちを持っていれば大丈夫です。

 

④記念日でマンネリ防止

 

同棲していくなかで、マンネリしやすいと言うカップルも少なくありません。
そして少しずつ小さな不満が募ってきて…と言うのもよくある事。
「こんなハズじゃなかったのに…」なんて事にならない様に、“1ヶ月に1度○○記念日”など、お互いのご褒美日や感謝の日なんか作ってみるのもいいかもしれませんね。
これはルールではなくて、同棲して良かったと2人が思える様にマンネリ防止のコツの様なモノです♪
何でも当たり前になってしまわない様に、ちょっとした記念日で初心を思い出してみて下さいね!

 

3.事前に知っておけば、トラブルも避けられる!?

違いを矯正するのではなく歩み寄りが正解!

同棲トラブルは避けられる

 

結婚を前提としたお付き合いならいいきっかけにもなりますし、お互い会う時間がないカップルにとっても同棲は幸せの始まり!?などなど、夢も膨らむかもしれませんが…
いい事ばかりじゃない!?結局、同棲が破局の引き金になってしまうカップルも少なくありません。
同棲前は分からなかった“お互いの生活スタイルや色々な違い”。
些細な事でいつの間にか不満ばかりたまって、ケンカが増えて…

そんな事にならない様、まず避けられるトラブルは避けるべき!
事前にどんなトラブルがあるかを知っておけば、トラブル回避も出来るハズです♪

 

【よくある同棲中のトラブル】

 

▼家事のこだわり

 

細かい家事まで分担をしてしまうと、トラブルになりやすく、しかも大きなケンカに発展してしまいやすいのです。
手料理に関しても、お互いの好き嫌いを把握していなかったり、味覚の違いなどもトラブルになりがち。
・ルールで大まかな家事分担を決めておく
・食事の好き嫌いや好みは、ちゃんと伝えておく
・洗濯物の干し方やたたみ方へのこだわりの共有
など、事前に伝えたり、決めておくのが大切!

 

▼トイレの便座問題

 

男性からしたら当たり前のことでも、「トイレの便座が上がったままなんて、嫌!」「座ってして欲しいんだけど…」「立ってすると尿ハネが飛び散って汚い!」など、嫌がる女性も少なくないんです。 そんな細かい事も、同棲してみるまで分かりませんよね。

 

 

他にも細かいトコロや同棲中ならではのトラブルで言うと…

・電気のつけっぱなしが、いつも気になる
・隣に座っているのに、別々の事をしている。無言。
・ケンカした後の気まずさがヤバい

等々、お互いの家を行き来してお泊まりしているだけじゃ分からなかったトラブルもたくさんあるんです!
もちろん、ルール決めにもあった“金銭面でのトラブル”や“生活スタイルの違い”なんかもトラブルの元になってきます。
ですから、事前の話し合いやルールなんていらない!じゃ、ダメなんです。
お互いの知らないトコロもたくさん知るわけですし、何と言っても育ってきた環境が違いますから“自分ルール”が当たり前じゃありません。
長続きする同棲は、お互いをきちんと知って事前に避けられるトラブルは避けられる様に、“事前準備”が大切なんですよ!

 

4.同棲とは、夫婦生活でも親子生活でもあらずと心せよ!

彼女は母ちゃんじゃない!

母親の様に彼女を扱うな

 

いよいよ、待ちに待った同棲生活のはじまり。
家に帰れば可愛い彼女とずっと一緒にいられるのはやっぱり幸せですよね。
決めたルールを守り、お互いを尊重し思いやりを持って暮らしていければ、居心地の良い二人の生活が続いていくはずです。

…が。それでもやっぱり破局してしまうカップルがいるのも事実。
居心地が良すぎて、勘違いしてしまう男性がなんと多いことか。
女性がいるとついつい甘えてお母さん扱いしてしまうお子ちゃま男子たち。
彼女の思いやりや母性本能に甘えきって、食事作りや家のことをルールを守らず任せがちにしたり、なあなあにしてしまったり。その一方で夜はしっかりお相手してもらって…では、彼女の負担が増すばかり。
万が一妊娠した場合、たとえ結婚前提であったとしても、現実はまだ夫婦としての法律の縛りがない状態ですので、彼女に身体的にも精神的にも多大なる負担をかけることになり、最悪の場合、破局だけではすまない結果を迎えることになるかもしれません。

同棲は始めようと思えばすぐにできてしまうものです。
ですが、やはり無責任にならないよう、事前準備と、相手を大切に思う気持ちを持つ「自立した大人の男性」としての自覚を忘れずにいることが、大切です。

 

彼女と同棲する前に決めておきたい4つのルールのまとめ

  • 1.同棲をスタートする前にするべき事をきちんと!
  • 2.同棲前に決めておくべき4つのルールは鉄則!
  • 3.事前に知っておけば、トラブルも避けられる!?
  •          

ライター後記

同棲前から憂鬱になってきたかも…なんて人も出てきちゃいそうですが。 結婚すればお互いずっと一緒に生活していくわけですから、お互いを知っていく上でも同棲は悪い事ばかりじゃありません。
ただ「好きな人と一緒に住めるだけで幸せ!」なんて、何の準備もないまま同棲を始めてしまっては痛い目を見る事になるかもしれません★
どんなに好きで仲良くても、今までより長い時間一緒にいれば、嫌な面や不満の1つや2つ出てくるモノ。
破局の道へまっしぐら!ではなくて、お互いを知ったり、これから先の事を考えていく上での準備期間だと思って…
ガチガチに縛られることなく、でも事前にやるべき事はしっかりやって、少しでも思い描いた同棲生活になれる様に楽しんでみてください♪

 

3leaf

ただ一緒に居たいだけじゃなく、事前準備は大切!ただ、ガチガチ過ぎるルールは疲れちゃうかも

3姉妹のママライターです。子育ての傍ら、スマホ片手にライティングさせて頂いております。美魔女ならではの知識で、美容に迷える男性たちを目覚めさせます(笑)

RELATED POSTS / 関連記事