更新

新発売の「タカミリップ」で男も唇の乾燥とはサヨナラ!

寒さも一段と厳しくなり乾燥が特に気になる冬の到来。顔や体の乾燥は見た目の悪さだけでなく、かゆみや痛みも伴うケースも…。なかでも男性に忘れられがちな唇のケアは超重要。
皮膚の薄い唇はひび割れを起こしやすいので注意が必要です!
そこで新発売の「タカミリップ」がオススメ。唇も肌同様にスキンケアで保湿をしましょうね!

唇ケアは、唇スキンケアの時代へ「タカミリップ」新発売

くちびるに1日10回の小さなかかりつけ~人生を変えるリップを、あなたに~

 

美容皮膚の現場で長年にわたりスキンケアの開発に携わってきた株式会社タカミ(本社:東京都中央区、代表取締役:岡村雄嗣、www.takami-labo.com)が展開する化粧品ブランド『タカミ』は、スキンケアの観点で開発した唇用美容液「タカミリップ」を、 2018年1月24日(水)に発売いたします。

 

■開発の背景

 

素肌の美しさにこだわり、お肌に対して誠実に向き合ってきたタカミは、ある“スキンケアの盲点”に気付きました。それは、角質層が薄く皮脂膜がほぼないと言われる無防備な構造である“唇”に、毎日入念にお肌のお手入れをしている美しさに敏感な女性でさえ十分に向き合えていないという事実。顔の印象を左右するパーツであるにも関わらず、多くの女性は、唇へは一時的なケアで満足してしまい美しくなれる可能性を見逃していたのです。
素肌を美しくすることを真摯に考えてきたタカミは、お肌にそうしてきたように、改めて“素の唇”と向き合い、本来持つ美しさを引き出すために必要な“唇のスキンケア習慣”を提案する新製品「タカミリップ」を開発いたしました。

■唇の構造に着目し、忠実にアプローチするこだわりの処方

 

“本当に美しい唇”を目指すために、「タカミリップ」は、流行にとらわれず、唇の構造に忠実にアプローチする必要な成分を適切に配合。また、「保湿」「荒れケア」「エイジングケア」「美しくなるケア」…どれかに偏りがちなケアを1本にまとめ、それぞれの効果を発揮できるよう絶妙な処方で仕上げました。

■唇に「1日10回」のスキンケア習慣

 

顔の中でも無防備な唇は、肌よりもこまめなケアを行うことで美しく導くことができます。
だからこそ、必要なそれぞれのケアをシンプルに継続しやすくするために、「タカミリップ」はすべての機能を
1本に凝縮しました。理想的な唇を目指すため、さらに私たちは1日10回の唇のスキンケア習慣を提案します。
塗れば塗るほどその美しい変化を実感し、この新習慣と出会えたことに喜んでいただけるはずです。
「1日10回も!?」と思われた方はチャンスです。
こんなに簡単で、さらにきれいになれる方法を新たに見つけたのですから。

■理想的な唇へ

 

タカミが考える“本当に美しい唇”とは、“素が美しい唇”です。それは、まるで女性としての幸福感がにじむような存在。つまり、ふっくらとなめらかで、年齢を感じさせないピュアな色味を持っている唇。
「タカミリップ」で続ける新習慣はそんな理想的な唇に、そして、品格・知性・端正・生命感・透明感・清潔感といったその人の顔の印象、肌の印象、その人自身の印象をもプラスに導いてくれるのです。
角質美容水「タカミスキンピール」の代謝に着目した毎日のスキンケア習慣で約6万人のお客さまの肌を美しく生まれ変わらせてきたタカミが、いま新たに提案する1日10回の唇のスキンケア習慣。
ぜひ、今日から、あなたも。

【製品詳細】

 

■名 称タカミリップ
■内容量7g
■製品価格2,350円(税込)/2,176円(税抜)
■特徴・主な配合成分
〈エイジング〉・・・パルミトイルトリペプチド-1、ジパルミトイルヒドロキシプロリン
水分保持力アップ、ボリュームアップ、エイジングケア※1
〈くすみ※2〉・・・酢酸トコフェロール
酢酸トコフェロールによるくすみケアによって、唇本来のすこやかな血色感のある印象に。
〈荒れ予防〉・・・グリチルレチン酸ステアリル、グアイアズレン、アラントイン
荒れ予防成分を配合し、繰り返される悩みをケアしながら予防もし、いつでもなめらかな唇へ。
〈保湿〉・・・セラミド1・2・3・5・6II
細胞間脂質のうるおいを左右する「セラミド」に着目。荒れている唇に不足しているといわれるセラミド3をはじめ、唇に多いとされているセラミド2・5、保水力アップや角質層に関与するセラミド1・セラミド6IIを配合し、うるおいをサポート。
〈保護〉・・・ミネラルオイル、マイクロクリスタリンワックス
最も外的刺激を受けやすい唇をいかに保護できるかが、美しい唇を保つポイント。
密着力、持続力を高めるベースにこだわった処方。
〈肌代謝に着目〉・・・クロレラエキス、パンテノール
肌代謝に着目した(クロレラエキス、ビタミン群)を配合することで外的刺激を受けやすい唇を根本からすこやかな状態へ。

※1エイジングケア…年齢に応じたお手入れのこと
※2くすみ…古い角質を含むよごれや乾燥やキメの乱れによるもの

使用方法

 

 

RELATED POSTS / 関連記事