更新

【ボディメイクトレーナー監修】冬のお腹の不調を改善してモテリーマンに!

編集部員のお腹の不調、改善したい! 冬の便秘と下痢を簡単ケア

これまでストレス解消、リラックス効果の高い呼吸法についてお話してきましたが、当編集部は酒飲みとお腹が弱いひとの集合体。年末のハードスケジュールに突入して、お腹の調子が悪いという悲鳴をよく耳にします。 そこで今回はボディーメイクを体の中から行っていく、内臓に効くマッサージ方法をご紹介したいと思います。

 

お腹の不調は冷やさないことが大事。冬の冷え対策は万全に

編集部員の皆さん、オシャレなのはいいんですが、くるぶし丸出しのショートソックスを履いたりアンダーウェアなしでトップスを着ていたりと、アラフォーなのに無謀なんですよね。薄着をしたいなら腰の位置と下っ腹の位置に使い捨てカイロを貼りましょう。足首を冷やすと血液循環が悪くなるので靴下は必ずふくらはぎまであるタイプを選び、外に長時間いるときはブーツやハイカットのスニーカーを履いてください。当たり前のことと思うかもしれませんが、出かける前は暖かい部屋の中で着替えているので、夕方以降にグッと気温が下がることを想定できてないことが多いんです。男性は厚手のアンダーウェアを着るとモコモコするので苦手というひとも多いんですが、着こむのが嫌なら薄手の腹巻を持ち歩きましょう。超コンパクトにたためる商品もあるので、カバンに入れて出かけ、気温が下がったら装着してください。

 

「の」の字マッサージで快調、快腸!

食後、胃が少し落ち着いたら、快腸マッサージタイムです。手のひらを下腹部に当て、「の」の字を書くように時計回りにさすります。最初は小さな円をイメージしてクルクルクルとさすってください。小腸の動きが良くなります。手のひらとお腹が温まってきたらあ「の」の字を大きめに。クルーリクルーリ大きな円をイメージしてさすってください。大腸の動きが良くなるので、消化を助けてくれますよ。ビジネスマンの皆さん、年末年始の「飲み」や寒い日の外回りなど、ハードな日々が続くと思います。強いお腹、冷えない体をつくるには「習慣」が肝心です。出かける前に帰りの寒さを想像する! 食べたら快腸マッサージ! 毎日行ってくださいね。

RELATED POSTS / 関連記事