更新

【秋ドラマ視聴率速報】やっぱりドラマは脚本が命!?明暗わける当落予想とは?

注目の秋ドラマもおおよそ2〜3話放送され、早くも悲喜こもごもです。放送前にいろいろ想像した以上、そのあたりの読みの正誤と合わせて当落予報を出していきましょう。

秋ドラマ2017各局スケジュール&初回視聴率速報!(2017.10.31現在)

 

【NHK朝ドラ】
月~土 8:00『わろてんか』(NHK総合ほか) 主演:葵わかな 20.8%

【月曜日】
21:00『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系) 主演:篠原涼子
深0:59『吾輩の部屋である』(日本テレビ) 主演:菊池風磨(Sexy Zone) 2.7%
【火曜日】
21:00『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系) 主演:井上真央 8.2%
22:00『監獄のお姫さま』(TBS系) 主演:小泉今日子 9.6%
【水曜日】
21:00『相棒 Season16』(テレビ朝日系) 主演:水谷豊 15.9%
22:00『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系) 主演:綾瀬はるか 11.4%
【木曜日】
20:00『科捜研の女』(テレビ朝日系) 主演:沢口靖子 12.3%
21:00『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系) 主演:米倉涼子 20.9%
22:00『刑事ゆがみ』(フジテレビ系) 主演:浅野忠信、神木隆之介 7.6%
23:00『ブラックリベンジ』(日テレ系) 主演:木村多江 3.7%
【金曜日】
20:00『ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~』(テレビ東京系) 主演:沢村一樹 4.4%
22:00『コウノドリ』(TBS系) 主演:綾野剛 12.9%
23:15『重要参考人探偵』(テレビ朝日系) 主演:玉森裕太(Kis-My-Ft2) 4.9%
深0:12『新宿セブン』(テレビ東京 ほか) 主演:上田竜也(KAT-TUN)2.1%
【土曜日】
20:00『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系) 主演:櫻井翔(嵐) 10.1%
23:05『オトナ高校』(テレビ朝日系) 主演:三浦春馬 5.4%
【日曜日】
21:00『陸王』(TBS系) 主演:役所広司 14.7%
22:30『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系) 主演:ディーン・フジオカ、武井咲 8.0%

 

【秋ドラマ視聴率速報】やっぱりドラマは脚本が命!?明暗わける当落予想とは?

1. フジテレビはドラマも爆死

 

少し前、保毛尾田保毛男事件で物議を醸したフジテレビですが、ドラマのほうも振るいません。
私、西の放送前のよげんのしょで俎上に載せたのは以下の2番組。そしてその結果。

 

『民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜』

 

当サイトでは「とにかくキャストが豪華で賞」としつつも、「篠原涼子の無駄遣いになりませんように」と祈った本作。
心配事の9割は起こらないと言われていますが、この心配はずばり的中しました。

(視聴率)
初回/9.0%
2話目/7.1%

と、「月9」の看板がズタボロなのはもちろん、主演の篠原涼子にとっても早くも黒歴史です。
40を過ぎてなおバストラインも美しい篠原涼子は素直に美しいと思いますが、なんというか「生しょうゆ」のCMのときのキンキン声が鼻について、悪目立ちしてしまっていて……『ごっつええ感じ』時代も、『愛しさと切なさと心強さと』時代も見守ってきた身としては、「やっぱり無駄遣い」でとても残念です。

『刑事ゆがみ』

 

かつて映画にしか出ない、と言われた浅野忠信が『A LIFE』でキムタクと共演し世間をざわつかせ、からの主演となった今作。原作は『弁護士のくず』でもおなじみの井浦秀夫だっただけに注目していましたが…。

(視聴率)
初回/7.6%
2話/5.8%
3話/6.0%

と、いまいちふるいません。
浅野忠信と神木隆之介のバディに賛否両論、ですが、3話目で視聴率が盛り返しているので今後に期待? 
何かしらの地雷を踏んでサヨウナラしませんように……って若い人はわかりませんかね。
当時の浅野忠信の若いのに渋さよ(日本語崩壊)!! 

『明日の約束』

 

脚本に期待を寄せていた同作ですが、現状での視聴率はかんばしくありません。

(視聴率)
初回/8.2%
2話/6.2%

個人的には「うそーん」というところですが、ひとえに「話が重い」というのがあるのでしょう。

“「明日の約束」第二話には、それが全く無かった。登場人物が戯けるシーンも、勘違いなどで慌てふためくシーンもない。かといって、事件の真っ最中なわけではないので、緊迫したシーンや、スリルのあるアクションもない。淡々と重いシーンが描き連なっていた。”

出典:excite.ニュース

 

最近では朝ドラでも、姑の嫁いびりは忌避される傾向にあり、『わろてんか』はだいぶそのあたりが緩和されています。そのなかでひたすら重い同作に視聴者がついてこないのはある意味仕方ないかもしれない。でも、でも…テーマがテーマだけに、ヘタに軽く流すのではなくがっぷり組み合ってほしいというのがいまだに個人的な願いです。
上記サイトも同様の見解のようで、よかった。

視聴率は厳しいけれど、ここはぜひ骨太でふんばって、終わるころには「いいドラマだった」と言われるようになってほしいという、相変わらず個人の見解です。
なんで? って、メインビジュアルの井上真央の口角が下がっていたところに、勝手に本気を感じたんですよ。

 

2. テレ朝ドラマ絶好調!おおいなるマンネリがやっぱり大当たり

 

新作もありつつも、重要どころには人気シリーズ作の続編を投入し、自信のほどを見せつけたテレ朝。
そしてその自信のほどが見事に立証されてしまいました。

 

『相棒』

 

(視聴率)
初回/15.9%
2話/16.6%

season16の最終回が16.2%、ということを考えると、今シーズンは2話目にして早くもそれを上回っています。恐るべし水谷豊、またの名を熱血先生(違った、杉下右京)!

『ドクターX』

 

(視聴率)
初回/20.9%
2話/19.6%
3話/19.0%

まじで失敗しない大門未知子(米倉涼子)。「涼子」対決で、月9の篠原涼子に圧勝したという記事もありました。確かに涼子!
さておき、こちらは前回の第4シリーズ最終回が22.8%。
さすがにこちらには及ばなかったものの、2017秋ドラマ、初回から20%を越えてきたのは今作だけではないでしょうか。

『科捜研の女』

 

(視聴率)
初回/12.3%
2話/11.0%

こちらは上記2作品には劣るものの、月9よりも高い視聴率。20年近い長寿番組でこの安定した高視聴率ぶりには驚かされます。

にて、この3作の総合平均視聴率は50%もありえると予想した私ですが、初回視聴率合計ですでに49.1%!
2話目以降は相棒を除き低下傾向にありますが、この調子でいけば最終回に向けて盛り上がっていく可能性も……。
当たったらやっぱりルヴァンパーテイー! チーズとハニーの新商品で!

 

3. 名言で惹きつけるドラマも続々

子供を持つ親の共感を呼ぶ「コウノドリ2」や池井戸作品の刺さる安定感!

 

他方、やはりそのストーリーで注目を集めているドラマは存在します。なかでも「セリフ」でも視聴者をひきつけているのがこちら。

 

『コウノドリ』

 

出産という命の現場をテーマにした、同名コミックのドラマ化として今回が2作めですが、視聴率は上々。綾野剛に星野源、佐々木蔵之介と、人気俳優が出ていることはもちろん、医療シーンのリアルな描写に定評のあった前作同様、今回もスタッフの本気度が伺えると早くも話題。

(視聴率)
初回/12.9%
2話/11.8%
3話/11.9%

その一端を担うのが登場人物たちのセリフです。

 

『陸王』

 

働くオトコたちのヒューマンストーリとして鉄板の池井戸作品。こちらも、堅調です。

(視聴率)
初回/14.7%
2話/14.0%

 

『ブラック・リベンジ』

 

他方ゲス不倫、政界スキャンダル……と、「今っぽさ」1点ばりでノミネートした本作ですが、視聴率はいまいち。

(視聴率)
初回/3.7%
2話/3.1%
3話/3.4%
4話/3.7%

ただ、これに関しては視聴者から「面白い」という声も少なくありません。
番宣が少ないのが悪い、という声も。

頼みの綱は、いまやそのつぶやきが注目の的である佐藤二朗か。

 

若手政治家の妻だった女性週刊誌記者なんて見たことねえよ、とはいまだに思いますが、佐藤二朗が好きなので今後に期待したいと思います。

 

西まごめ

『わろてんか』の松坂桃李の甲斐性なしっぷりを、(すきだけど)早く、早くなんとかして!!

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

RELATED POSTS / 関連記事