更新

人生は運が8割?幸運をつかむ才能セレンディピティとは?

おそらく年齢が若ければ若いほど、「運」の大切さを理解していないと考えます。『才能や努力で何とかなるものだ』と、そう考えていると。もちろん才能や努力は必要不可欠ですが、ある程度歳を重ねた人、そして自身を過信していない人ならば、それプラス、『運は絶対に必要』と答えるはずです。あなたに運はありますか?

人生は運が8割?幸運をつかむ才能セレンディピティとは?

1.「運が8割」という現実

 

10月22日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)において、相次ぐ2世タレントの覚せい剤使用問題(橋爪功氏の息子である元俳優・橋爪遼被告、また清水アキラ氏の三男でタレントの清水良太郎容疑者)を取り上げていました。
そこでコメンテーターの武田鉄矢氏は「自分の子をこっち(芸能界)に引き寄せない方がいいんじゃないかな」と神妙な顔付きで話し、「俺の芸能生活は8割以上が運。その運が子どもに遺伝するとは思えない」と意見しました。

8割以上が運――

自分の実力だけで這い上がり成功した一部の2世タレントのように〝勘違いしていない有能な人〟であれば、例え違う分野にいたとしても、すなわち芸能界以外で生きる人でも、武田氏と同じように、「運が大切」と答えるのではないでしょうか?

「運がないと進めない箇所が確かにあった」「運に助けられた部分があった」と。

 

 

2.「運」は自分じゃどうにもできない?

 

夢を叶えたいから一生懸命にやる、未来に不安や危機感があるから地道に努力する――まずはこれが前提として存在するのですが、上記で述べたように、その部分だけでは足りず、より飛躍するためには運が必要です。
ですが、「運はコントロールできない」「運という不確かなものはどうにもできない」と考えるのが一般的な意見であり、真っ当な解答だと思います。

ひいては、運はみな平等とも決して言えません。

ですが、「あれは幸運だったのでは」であったり、「好機を逃したな」であったりと後悔することも、同じように「運がなかった」と結びつけてはいませんか?
つまり運というチャンスを見逃しているのは自分自身のせいなのに、それさえも運のせい・運の有無とは思ってはいませんか?

運は確かにどうすることもできませんが、数少ない運というチャンスを見逃さない方法、引き寄せる方法は存在するのです。

それがセレンディピティです。

幸運を見つける生き方、気付ける才能です。
ここでは自分ではどうにもできないと思われがちな運をつかむ方法、引き寄せる術を伝授します。

 

 

3.セレンディピティとは?

 

セレンディピティ(Serendipity)とは偶然の発見のことを言います。

1754年、文筆家であるホリス・ウォルポール氏が『セレンディップの三人の王子』というおとぎ話において用いていた造語であり、意外なことから幸運を見つけていく主人公のお話です。
このふとしたことから幸せをつかむストーリーの中に「セレンディピティ」という言葉が出て来ます。

セレンディピティの具体的な例を挙げますと、

○ニュートン→木から林檎が落ちるところを見て『万有引力の法則』を発見する。

○シェフ・ジョージクラム→「カリカリのポテトをくれ!」と客に横柄な口調で言われ、腹を立てた彼はジャガイモを限りなく薄くしてカリカリに揚げる。これが、『ポテトチップス』の誕生に繋がる。

○技術者パーシー・スペンサー→マイクロ波を発生させるマグネトロンに近づいたさい、ポケットの中に入れていたチョコが溶けたことにより、電子レンジの核を発見する。

○研究員アーサー・フライ→粘着力の弱い接着剤に頭を悩ましていたさい、たまたま手に持っていた書籍から、「本の栞にできるのでは」と考え、『ポストイット(付箋)』が誕生する。

といったものです。
これらは全てセレンディピティと呼べ、すなわち偶然からの幸福であり、加えて言うのならば、死角にあった運を見付けた、数少ないチャンスをつかんだ、意外なところから価値があるものを見つけた、ということになります。

セレンディピティを身近なものでお伝えすれば、『美容男子』で紹介した化粧用品を特に大きな期待もせずに試してみたら、自分の肌ととても相性が良くて愛用品になった、ということもセレンディピティと言えますし、友人に強引に誘われ、嫌々行った飲み会で、とてもタイプの子に出会いそしてつき合うようになった、もセレンディピティと呼べますし、コンビニエンスストアでたまたま耳にした曲が大好きなアーティストを見付けるきっかけになった、もセレンディピティです。

全てが、偶然がもたらせた幸運、思いもかけない発見、です。

 

 

4.セレンディピティは「棚からぼた餅」的なものではない

 

と、ここまで書くと、
「セレンディピティって『棚からぼた餅』みたいなものじゃないか!」と思う人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

セレンディピティは習慣からコントロールできるものなのです。

それが運とは決定的に違う箇所です。

行動・思考によってチャンスを導くことができ、それを見事につかみ、結果、未来が変わるのです。
先にも述べたように運は平等ではないです。
ですが、運がひとつもない人はいません。
成果に反映する最終的な運の総量は、訪れたチャンスをいかに逃さないかであり、それがセレンディピティに沿った生き方、となります。

 

セレンディピティに沿った生き方とは?

1 2
RELATED POSTS / 関連記事