更新

GACKTの筋肉美はジムいらず!?自重筋トレーニングのすごい効果!

なにかと忙しくて運動不足な人って多いですよね?昔は何もしなくてもスリムだった身体がみるみる太ってきていたりして…。そんなことではいつまでたっても色気のある男男にはなれません。いっぽうで、芸能界では老いも若きも筋トレブーム!そこで今回はジムなどに行かずに色気のある男になるためのトレーニング、自重筋トレのメリットについてご紹介いたします!

竹内涼真や島田紳助も筋トレマニア

 

10月26日発売の週刊文春で、島田紳助が久しぶりに登場! 突然の芸能界引退から6年、いまだ復帰説がささやかれるいっぽうで、「見違えるほどマッチョになっている」という目撃談が相次いだことから直撃取材を敢行した文春砲! 島田紳助といえば、お互いに刺激を受けたとして有名なダウンタウンの松本人志がいまや芸人とは思えないほどマッチョになっていますが、いくつになっても筋トレはできるということを証明していますよね。

 

いっぽう、中年以降のおじさんがハマっているだけでなく今が旬の若手俳優も「筋肉美」で魅せています。 その筆頭が、目下イケメン俳優一直線の竹内涼真。 早速スキャンダルもありましたが、甘いマスクと裏腹に結構な筋肉美を誇ることでも知られており、今後もまだまだ人気は続きそう。 女子でいうなら、童顔なのに巨乳、みたいなものでしょうか。無敵!

 

一般人もあやかりたいものですが、筋トレ芸能人の多くはジムに足繁く通い、パーソナルトレーナーをつけてるもよう? ちなみに竹内涼真もご多分に漏れず、みっちりプロの指導を受けたようす。 なかでも、バーにハンギングして(ぶら下がって)、レッグ(脚)をレイズする(上げる)ハンギングレッグレイズというものを行っていたと言われています

 

なんだよやっぱり無理じゃねえかと思った皆さま。しかしご安心ください。

 

もはや年齢不詳の美しさで、チン影さえも話題になるGACKT様は、日々のトレーニングでジム通いが不要な「自重トレーニング」を行っていると、過去に語っておりました。 自重トレーニング? 何それ? 食べられるもの? さっそく見ていきましょう。

 

ジムに通わず色気のある男の仲間入り!自重筋トレの凄い効果

1.筋トレにも種類や方法がある

自分に最適な筋トレの方法を見つけよう!

 

筋トレの種類は大きく三つに分けることができます。
まずは今回のテーマである自重トレーニング。こちらは主に自分の体重を使って筋肉に負荷をかけるトレーニングです。
それから、ダンベルやバーベルなどの器具を使うフリーウエイトトレーニング。
さらに、ジムなどに良く置いてあるチェストプレスなどのマシーンを使ってトレーニングするマシーントレーニングのこの三つです。
フリーウエイトやマシーンに共通するのは、トレーニング器具の重さを利用して筋肉に負荷をかけていますが、自重トレーニングは自分の体重を利用します。

そのためわざわざジムなどに行ったりトレーニング用の器具を買ったりせず、どこでも好きな時にお金をかけることなく筋トレを楽しむことができるのがメリットです。

 

 

 

2.自重筋トレのそれぞれのメニューには素晴らしい効果がたくさんある

自らの体重を負荷に変えるトレーニングの効果とは?

 

「とはゆーても、自重筋トレはダンベルなどのトレーニング器具などを使わないけど、その分マシーンやフリーウエイトに比べて効果が無いんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

自分の身体の筋肉のレベルと、鍛えたい部分に合わせた自重筋トレのメニューに取り組むことで、その効果はマシーンやフリーウエイトよりも効果的なものになります。

自重筋トレのなかでも代表的なメニューをご紹介しますね。

 

★腕立て伏せ

 

腕立て伏せと言えば筋トレの基本中の基本です。
誰もが知っているメニューですから意外に軽視されがちですが、その効果は素晴らしいものがあります。

腕立て伏せの筋トレ効果は腕だけでなく胸、背筋、腹筋、体幹と体の広い部分をまんべんなく鍛えることができます。
そして、腕立て伏せのやり方次第で鍛えたい部分を変えたり、負荷を強くすることができます。筋トレ初心者でもできることころもうれしいですね。

さらに、腕立てには背中や腕のストレッチの効果もあり柔軟性も高めてくれます。
姿勢の改善や腰痛予防にも効果的です。

出典:Youtube

★スクワット

 

スクワットはダイエットにとてもおすすめのトレーニングです。なんたって、スクワット10回の消費カロリーは腕立て伏せ100回分と言われるぐらい。
身体を引き締めてダイエットをしたいならまずはスクワットです。

スクワットは太ももを鍛えるトレーニングだと思われている方が多いですが、正確な方法でトレーニングをすれば背筋や腹筋、腕までまんべんなく鍛えられ、腕立て伏せと同じくらい万能なトレーニングです。
しかも人間の身体の筋肉の大半は下半身にあるといわれているため、カロリーの消費も早くなりトレーニングの効果がすぐに出やすいメニュー。

ヒップラインやくびれを美しくしおなかを引き締めるのに効果的です。


出典:Youtube

★ディップス

 

いきなりあまり聞きなれないメニューになりましたが、上半身を特化して鍛えたい人にはおすすめのメニューです。主に胸や腕を鍛えるのに優れています。
また、肩周りの筋肉を発達させるのに効果的なため、肩関節のけが予防にもなります。

家にあるイスやベンチなどで簡単にできるので、自重筋トレには欠かせません。



出典:Youtube

★チンニング(懸垂)

 

チンニングとはみなさんが学校の体育の時間でもやったことがある懸垂のことです。これは自重筋トレのなかでも、なかなか難易度が高いといえるでしょう。
自重筋トレのなかなかの難しさを持っています。
1回もできなくてもおかしくはありません。しかし、チンニングができるようになればその効果は絶大です!上半身はかなりたくましくなりますし、鍛えることが難しいといわれている背筋をも見事に美しく鍛えることができます。
背中の筋肉の面積は大きいため脂肪燃焼やカロリー消費にも効果的です。


出典:Youtube

★プランク(腹筋)

 

プランクが効果を発揮する部位は主に体幹ですが、腹筋も鍛えることができます。
みなさんが学校でやってきた背中を丸める腹筋は腰を痛める可能性が高く、アメリカなどでは腹筋を鍛えるためにプランクをするほど腹筋を鍛えるための主流メニューになっているのです。しかも普通の腹筋よりも効果的に鍛えられるためとても人気があります。




出典:Youtube

 

3.自重筋トレにはメリットはたくさんあるがデメリットもある

デメリットも押さえて効果的にトレーニングしよう!

 

自重筋トレのメリットとデメリットを紹介します。

 

【メリット】

 

 お金がかからない
 時間もかからない
 どこでもできる
 毎日続けやすい
 怪我をするリスクが少ない
 手軽に始めやすい
 全身の筋肉を一気に鍛えやすい

【デメリット】

 

 負荷をかける重さの調整ができない
 自重でボディービルダーなみの筋肉をつけるのは難しい
 正しいフォームで行う必要があり勉強が多少必要になる


自重筋トレのメリットとデメリットはざっとこんな感じになります。
自重筋トレの良さはなんといってもコストパフォーマンスの良さですね。
お金も時間もかけずに筋トレを楽しむことができるというのはでかいと思います。

負荷を調整できないと言っても、自重筋トレを続けて工夫していくことで、美しくたくましい肉体は手に入れられますし、最初からマシーンやフリーウエイトをするにもハードルが高すぎて、普通の人がそこまでする必要はないと感じています。

 

4.自重筋トレが初めの1歩にふさわしい

自重筋トレはノーリスクハイリターンです!

 


この記事を見ている方は、「筋トレをしてかっこいい細マッチョになりたい!」「ダイエットして美しくなりたい!」といった願望を持っている方が多いと思います。

どちらの目標も達成するためには大切な秘訣があります。
それは継続することです。

マッチョになるためにもダイエットをするためにもまず継続しなければ何も意味を成しません。ジムに通うのも1つの方法ではありますが、多くの方は途中で通うのにおっくうになってしまい行くのをやめてしまいます。それではせっかく払ったお金も時間も無駄になってしまいますよ。

その点を考えれば、自重筋トレはお金もかからず時間もいらず手軽に家でトレーニングに励むことができます。何よりも自重筋トレが優れている点は継続しやすいことです。

全身を一気にまんべんなく鍛えることができるメニューが多い自重筋トレは、毎日トレーニングするメニューを1つだけ決め、それを毎日やるだけで全身の筋肉と体型が変わっていきます。
ジムだといくつものマシーンや器具を使わなければいけないところを、自重筋トレは1つのメニューだけで済んでしまうというのも魅力であり、習慣化し継続しやすくする秘訣でもあるのです。

まず自重筋トレをするときは腕立てでもプランクでも1つのメニューに集中して取り組むことから始めてください。1か月もすれば鏡を見たときに身体が変わってきていることに気付くはずですよ。

 

 

5.自重筋トレだけでかなりのマッチョに!

筋肉の肥大化も可能である!

 

自重筋トレをしていて不安になってくるのがこの悩み、「自重筋トレだけでシックスパックなどのマッチョになることは可能なのかどうか?」
これはみなさんが不安になるところです。筋トレを続けるモチベーションにも関わってきますからね。

結論から言えば自重筋トレでもなることは可能です。ですがボディービルダーのような筋肉をつけるとなるとやはりジムに行くべきです。

こちらは自重筋トレを続けた方の動画です。自重だけですがかなり引き締まりかっこいい身体になっていることがわかります。筋トレ初心者から9kgもの減量にも成功しているようです。


出典:Youtube




この動画はチェコの外国の方ですがジムに通わずにボディービルダー並みの肉体になっています。



鉄棒などを使っているので普通の自重筋トレでここまでするのは難しいですね。

出典:Youtube

 

 

ジムに通わず色気のある男の仲間入り!自重筋トレの凄い効果の感想や考察

  • 自重筋肉トレーニングはメニューが豊富で効果も良い
  • 自重筋トレならではのメリットもたくさん
  • ダイエットも筋トレも継続が大事
  • 自重筋トレだけである程度のかっこいいマッチョにはなれる

ライター後記

自重筋トレは軽視されがちですがかなり効率の良い筋肉トレーニングです。ジムなど通わずに自宅での自重トレーニングで十分です。

ボディービルダー並みの筋肉をつけたければ別ですが、細マッチョやダイエット、美容、健康促進のためなら自重筋トレはかなりオススメです。

すぐにジムなどに行かず、まずは家で手軽にできることから始めることが大切です。最終的にはそれが習慣化につながり良いトレーニングの成果へとつながります。

 

yufuji

イイ男は継続上手!

俳優とライターを兼業している。
健康や美容系の役立つ知識が好き。ライターをやりながらも俳優で売れてやるという野心を燃やしている。

RELATED POSTS / 関連記事