更新

医師監修:「男女の性欲の差」問題は、二回結婚すれば解決!?

 

 

 性欲をつかさどる男性ホルモン。男性ホルモンは、男性だけでなく女性の体内でも、男性の10分の1ほどの量が分泌されています。女性の場合、女性ホルモンのピークは20代後半くらいで、その後徐々に減少していきますが、男性ホルモンの分泌は60代までほとんど変わりません。そのため、40代になると、女性ホルモンの減少のため、男性ホルモンの作用が相対的に強くなって、性欲が亢進する傾向にあります。「40しごろ」という言葉がありますが、まさに的を得ているわけです。

男性の場合、男性ホルモン分泌のピークは10代後半~20代前半で、女性におけるピークとは全く異なるわけです。20歳前後で出会った男女の場合、男性は元気いっぱいで性欲真っ盛り。しかし、男性ホルモンの分泌がまだ盛んではなく、まだ体が未成熟な女性はセックスに消極的で反応も鈍い。一方、40歳頃の男女の場合、男性においては男性ホルモンのピークが過ぎ、仕事や家庭のストレスで男性ホルモンの低下に拍車がかかって性欲も減退気味に。性欲が亢進した40歳女性の相手は、疲れてとても相手ができないということも。

男性ホルモンのピークの違いが、「性欲曲線」のずれを生むというわけです。「性欲」という視点からみると、20歳男性と40歳女性、40歳男性と20歳女性の組み合わせが最もうまくいくのかもしれませんね。男性は若いときに年上の女性と結婚して、中年になったら年下の女性と結婚する、というなんとも非現実的な「結婚二回説」がまじめに議論されていたこともあるようです。

ただし、性欲は男性ホルモンだけで量れるものではありません。男性の場合、男性ホルモンはおもに精巣で分泌されるのですが、精巣を摘出して男性ホルモンの分泌が大幅に下がっても、強い性欲を維持している男性がいるのです。精巣を摘出しても、活発な性行動をしている人たちがおり、まさに「性は脳なり」と言われる所以ですね

 

RELATED POSTS / 関連記事