更新

松村邦洋ライザップで結果にコミット!しつこい脂肪の退治法【CM開始】

お笑いタレントの松村邦洋が、なんと30kgのダイエットに成功!9月14日よりライザップのCMに登場しています。「3ヶ月で結果にコミット」とはいかなったものの、ちゃんと努力を続けていたんですね。謝罪も込めて、しつこい脂肪の退治法を再考したいと思います。

松村邦洋ライザップで結果にコミット!しつこい脂肪の退治法【CM開始】

1. 一度は「失敗?」と思われた松村邦洋×ライザップ

 

松村といえば今年1月に同社のCMでダイエット宣言したものの、そこからぱったり音沙汰がなくなっていたことで、すわ失敗か? とヒソヒソ噂されていました。

その出処のひとつは当サイトです。すみません。

何しろライザップといえば「3ヶ月で結果にコミット」が決め言葉。

春になっても夏になっても「アフター松村」が出てこずにいたものだから、挫折したものとばかり思っていました。

ちなみに、ダイエット開始一ヶ月後には弱音も吐いていた松村。



また、開始から数ヶ月経った段階でもやっぱり痩せておらずに、広告代理店の顔面が蒼白になっていたという記事も。

 

“「4月18日、安倍首相主催の『桜を見る会』にも出席していましたが、あまり痩せたようには見えませんでした。110キロからダイエットをし始めて、まだ100キロはあるんじゃないでしょうか」”

出典:Asagei+plus

 

3カ月で−10㌔といえば、一般人ならかなりの激ヤセですが、何しろ松村の場合は母数(ビフォーの体重)が違います。

 

2. 過去には−48㌔減も!松村邦洋のダイエットの歴史

しくじり先生では倒れたマラソンについて赤裸々に語った

 

しかしそんな松村も、やれば出来る子ということを今回見事証明しました。
ついでに言えば、ライザップが「3カ月」にこだわらなく(こだわれなく?)なったことも……。

じつは彼は、過去に48㌔ダイエット、30㌔ダイエットに成功したこともある、ダイエットのプロ。
48㌔といえば、細身の女性一人分に相当しますが、それぞれのダイエット方法は諸説あります。

 

◆−48㌔は「栄養士さんに相談ダイエット」

 

『大御所ジャパン』というテレビ番組の企画。
読んで字のごとく、栄養士に食事の相談に乗ってもらったことで痩せたと言われています。
IKKOや梅宮アンナたちも続々と痩せていったそうですが、松村の痩せっぷりは群を抜いていたそうです(そりゃそうか)。

◆−30㌔「CanCamダイエット」

 

もう一つのダイエット法はこちら。

“『CanCam』を読みながら夜道をウォーキングするというものである。歩いている途中で辛くなった時にCanCam(特に蛯原友里・押切もえ・山田優が写っているページ)を見ると、モデルが「がんばって松ちゃん」「先輩頑張って」(蛯原は九州産業大学の後輩)などと励ましてくれる感じがして、よりダイエットが捗ったという。”

出典:Wikipedia

 

美女に励まされる(気になって)モチベーションを上げたということですね。

それにしても合計で78㌔も痩せている松村。
成人男性一人分の脂肪が消滅しているはずですが、この30キロダイエットを成功させたのが、2006年といわれています。
この時点で「110㌔台になった」ということですから、CanCamダイエットの前は140㌔もあったということ!
もともとは中肉中背という松村。
肥満の原因は「自身の甘さにある」との趣旨の発言もみられますが、これだけ太ったり痩せたりできるのはある意味すごいと思います。

◆その後マラソンに目覚め、倒れる。

 

そんな彼ですが、30㌔ダイエットを成功させたことでマラソンに興味を持ち、芸能界のゴッド姉ちゃん、和田アキ子の勧めもあって実際にマラソン大会に出場するようになります。

・2007年7月「ゴールドコーストマラソン」

7時間10分以内にゴールしないといけないフルマラソン。松村は9時間以上かかり、本来なら完走とは認められませんが、主催者側の心遣いでメダルが贈られました。

・2008年2月「東京マラソン」

翌年には、前年から始まったばかりの東京マラソンにも参加。ここでは35km時点で時間切れとなり、完走には至りませんでした。前回のゴールドコーストマラソンも、本来は時間切れ。もしかしたらここで火がついたのでしょうか。

・2008年7月「ゴールドコーストマラソン」

というのも、その5ヶ月後、2回目の出場となるこの大会では6時間51分40秒と大幅に記録を縮めることに成功し、無事完走したのです。しかし……

・2009年3月「東京マラソン」

すっかりマラソンキャラになったこの頃、前年の雪辱を晴らすため再び出場した東京マラソンで、急性心筋梗塞で倒れ一時心肺停止状態になるという大事に。
幸運にも一命をとりとめ、入院から12日で退院できましたが、以来、マラソンは赤坂5丁目ミニマラソンに出場した程度。
マラソンキャラは封印されてしまいました。

 

3. 脂肪退治に必要な「体・技・心」

ただ食べない、鍛えるだけでは精神が病むことも…

 


そんな過去もあって、今回のライザップ挑戦も「大丈夫?」と危惧されていた松村。
実際、3カ月経ってもなかなか「アフター編」のCMが流れなかったときには、こんな関係者の声も報じられました。

 

“「以前、急性心筋梗塞で倒れたことがあるだけに、無理に痩せようとするのは危険ですよ。今の松村さんは、身体はそのままで顔だけゲッソリしていっぺんに老けてしまった印象です。痩せて不健康になるよりは『ダイエット失敗』のほうがいいのでないでしょうか」”

出典:Asagei+plus

 

しかし! じっくりことこと8カ月頑張ったおかげで、ついに結果にコミットしたのは先日の報道通り。
成人式以来となるスーツ姿で、新CM発表会に登場した松村。これまでのダイエット歴史のなかでも、一番の「成功例」といえそうです。

体重も、110.6㌔から80㌔といいますから、CanCamダイエットのアフターよりさらに子供一人分痩せた、ということ。おまけに体脂肪率も41%から26.5%まで落ちたといいますので、脱・デブキャラといってもいいかもしれませんね。

改めてそのダイエット成功の秘訣を考えると、「心技体」ならぬ、「体技心」といえるのではないでしょうか。

★まずは「体」

 

ライザップでは糖質制限食をはじめとした、食事制限がつとに有名です。
ファミリマートと共同して、メニュー開発もしているぐらい。
今回松村は、ダイエット成功の大きな理由として「大粋なお菓子を我慢した」と語っています。
糖分のカタマリであるお菓子を食べていては、マッチョな体は作れませんよね。

★そして「技」

 

さらに、今回、これまでのダイエットと大きく違っていたのはガチなトレーニングも実施したこと。
ウエイトトレーニングをしている松村の姿も放送され、常にトレーナーがサポートしてくれたことに対して、彼自身もこう語っています。

 

 

50㌔のバーベルを10回あげられるようになり、体重は減っても筋肉量は落ちなかったそう。
体を「鍛える」という技を指南してもらったことも、大きかったんですね。

★最後はやっぱり「心」

 

そしてなんといっても重要なのは安西先生の名言でもある「諦めたら、試合終了だよ」。
自身も「自分に甘い性格」であることを認めるような発言をしていますが、事実、生まれつき肥満というわけではなかったのに、不摂生によりどんどん太っていったそうです。
そして芸能生活のなかでときにテレビの企画と連動しながら痩せては太り、を繰り返してきた松村。
つまり、相当強い意志がない限り、彼のメンタルは「太る」方向に向いてしまうのです。

そんななか、3カ月で結果にコミットできず「失敗だ」「挫折だ」と言われても、そもそも「心肺停止したのに、ダイエットなんて大丈夫なの?」と言われても、今回ばかりはと「やめなかった」ことこそが、これまでのダイエット史上(おそらくは)最大級の成功につながったといえるでしょう。
なんたって、体重80㌔台は、高校3年生以来だそうですから。

 

4. 残る懸念は2つ。どうなる松村!

 

素直に「おつかれさまです」「失敗したと思っていてすみません」と言いたい我が美容男子ですが、気になることが2つ……。
それは、

「なぜ脱がない?」
「リバウンド、大丈夫!?」

というものです。

 

◆急激なダイエットは皮をたるませる!

 

過去の「3カ月コミット」に比べれば長期間じっくりダイエットに取り組んだ松村ですが、8カ月で30㌔というのは一般的には相当早いスピードです。
ウエイトトレーニングによって筋肉を保つことはできた、とは先に紹介した本人の言葉ですが、ではなぜ脱がないかというと、やはり急激に痩せたことにより、皮のたるみが目立ったんじゃないか疑惑が考えられます。

一般的に、健康的に痩せるためには「1カ月で落としていいのは体重の5%まで」と言われています。
松村の場合、スタート時点での体重は110㌔ということで、1か月あたり落としていいのは5.5㌔。
×8カ月なら44㌔やせても大丈夫、ということになりますが……
分母が減るごとに、5%の重量も変わっていくので、やっぱりちょっとペースが早かったんでしょうか。
または、途中に挫折期間があり、どこかで急激に巻き返した可能性もなくはありません。

邪推の域を出ませんが、「脱げるカラダ」になるためには、じっくり体重を落とし、ボディメイクしていく必要があるということを肝に銘じましょう。

◆ライザップはリバウンドも多発!

 

そしてもうひとつの心配ごとは、そう、リバウンド。
ただでさえ痩せたり太ったりを繰り返している松村ですが、結果にコミットしたのにリバウンド疑惑のある芸能人、そして過去の松村同様「失敗説」が流れる芸能人もいるからです。

・峯岸みなみ
・岡村隆史
・香取慎吾
・キャイ〜ン天野ひろゆき
・スギちゃん

つまり、痩せるだけでなく、それを維持するにも強靭な意志が必要ということですね。

ダイエットを志す皆さんは、いろんな意味で「長い目」を持ちましょう。

 

 

西まごめ

ココリコ遠藤は、痩せて「ホホホイ」が面白くなくなりました。

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (1)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事