更新

愛されたいみたい

 

 

原因不明の風邪初期症状のような本日の私ゆえ、 今日はいつもよりタイトに、なんなら箇条書きでお送りしたいと思っていますが、 書き始めてみたら、書けそうな気もしてきた。

原因不明。と書いたものの、それは実にあたりまえのことかもしれません。 たとえば「雨に濡れて身体が冷え」「風邪をひいた」という方程式は一般的に成立していそうですが、 その原因と結果の法則は、誰かがそのように判断したというだけで、 体サイドからしてみたら、いやいや、そんな単純な話じゃねーし。ってことかもしれないという話。

そのように考えてみると、 テレビなどでよくよく報じられている、 これを食べたら痩せる! これをすると発がんの恐れが! ってなもろもろは、 ”そうともいえるけれど、そうともいえない” そういうことなのかもしれません。

もっと言うと、ある筋では、思考こそが現実をつくる最大のエネルギーとされていて、 その説によれば「これを食べると痩せるのだ」という思い込み、思考が「痩せた!」という現実をつくることになる。

都市伝説みたいなものとして聞いていただければと思いますが。 その思考isパワーとする界隈では、 世の支配者たち(って誰?)は、思考が現実を創ることを知っていて、 不幸で重たい現実をうみださせるために(支配者は重たいエネルギーを求めているそう) 世の中全体のメッセージをわざと複雑に、わかりにくく、混乱し失望するようにコントロールしているそう。

真偽のほどは、 自分がそれを意識し生きることで、 「あ、ほんとだ!」「なんだ、嘘じゃん!」と、 自分なりの解を見いだすしかないのでしょうからひとまず。 わたくしごとに話を戻しますと、ぼくは「風邪初期症状」と認識するからこそ、 ダル~、鼻水、くしゃみ、咳などが現実化しているのかもしれない。

そのように仮定し、自分を風邪気味にしたい自分はなにを求めてそうしているんだろう? と、問いかけたところ、お恥ずかしながら「愛されたい」「大切にされたい」という乙女的フレーズが即座に浮かんだ。

なるほど、愛され大切にされたくてぼくは弱ってみせているのか。 どうりで、ひとりのときはそう咳がでないのに、彼の前ではやたら咳がでたりするわけだ。 そして、彼に愛されるよりもまず、ぼくはぼくに愛されたいのだと気がついた。

ここのところ予定ややることが連続的にあり、 自分の中ではちょっとアップアップしているのにもかかわらず、 こんなのぜんぜん大したことない。みんなはもっと忙しい中でやってる、やれてる! とスパルタンな自分が優勢で、体の都合に耳を傾けていなかった。 体は「いい加減にして。もっと私を見て。愛して!」と肉体を使ってアピールしてきたのにちがいない。

そんなセルフリーディングを経て、今日は体を休めると決め、 家事などの私的やらねばリストを彼に暗黙でゆだねる自分を許すことに。 さらにニュー男子も箇条書きにしよう、などと思いましたが、 体にスポットが当たり体もうれしいのか、頭痛もおさまり、すっきりさっくり作文できました。

みなさまも、もしもお疲れのときなどは、 「という症状だから風邪。だから病院で薬」といったルーティンの前に、 自分の体はなにを知ってほしいのだろう? と自問すると、思わぬ自己発見があるかもしれませんよ!

以上、「愛されたい」だなんて恥ずかしげもなくよく書くよな、このヒゲ中年は。 と自虐思考しつつ、だが、しかし、 どんな見た目のいくつの何する人でも「愛されたい」と言ってよいのだ! と主張したい変わり者の雑記にお付き合いいただき誠にありがとうございました。
ニュー男子 拝

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (4)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事