更新

セックスそのものに罪はない!その驚くべき効果とは?

2016年のベッキー&ゲス川谷による不倫問題が一大センセーショナルとなってから早1年半とちょっと。川谷絵音のバンド「ゲスの極み乙女」から生まれた「ゲス不倫」という言葉があまりにキャッチーすぎたことも手伝ってか、以来有名人の不倫ネタが続々と報じられるようになりました。もちろん不倫はよくありませんが、肉欲すべてが悪ではありません。実はセックスが仕事の生産性を上げるという驚くべき効果がる事をご存知ですか?今回は仕事や勉強、健康促進にも役立つ、セックスについてのおどろくべき効果を紹介します!

ベッキーと文集砲が火付け役!不倫ネタ大増量!

ここに画像の簡単な説明

 

この1年あまり、すっかり週刊誌(かーらーの)ワイドショーの定番となった有名人の不倫ネタ。
その発端がのちに「文春砲」と名付けられるベッキーとゲス川谷の関係を報じた週刊文春にあることはもはや説明不要ですが、それからもザクザク発覚。
さらに人によってメディアの取扱方が変わったり、また当事者もその対応で芸能人としての力量を試されるなど、「不倫」そのものだけでなく、それを取り巻く前後左右の状況までが話題にのぼるようになりました。

ついには、各ワイドショーのMCたちも「もうお腹いっぱい」とうんざり顔に。
そして先日、2016年以降の不倫報道の加熱っぷりを客観的なデータとともに明らかにした記事がヤフーニュースで上がりました。

記事を執筆したのは、コピーライター/メディアコンサルタントの境治さんという人。

データ会社を利用して、ここ数年の不倫を報じたメディアの放送時間の長さを比較しています。

すると、2016年のベッキー騒動を機にとんでもねえことに(笑)。

詳しくはご本人の記事を参照していただきたいのですが、このように述べています。

 

“毎年30時間に満たなかった不倫報道が、2016年以降6倍以上に急増した。しかもこの傾向は徐々に下がるどころか、同水準を保っている”

出典:Yahoo!ニュース

 

確かにこれはすごいこと。
境さんは記事のなかで、

“日本は他人の不倫をもてあそぶ異常な国になっている”

出典:Yahoo!ニュース

 

とも危惧しています。

確かに、連日ワイドショーで不倫ネタが報じられ、スタジオの芸能人やコメンテーターがあれこれ言う姿はもはや日常となりました。
しかし彼らの中で「脛に傷持つ人」が決して少なくないのも確かです。
実際に「明るみに出ていない人」も含めれば、不倫ネタを扱っているワイドショーの出演者の何割が「同じ穴のムジナ」なのでしょう。
そんなことはもちろん誰も表情には出しませんが、「ベッキーの前でよかった……」と、内心ホッとしながらモヤモヤと仕事をこなしている芸能人も多いことと勝手に拝察しています。

 

実はとってもすんばらしい。セックスがもたらす驚くべき効果

1.セックスが仕事の生産性を高めるは本当か?セックスがもたらす驚くべき効果

美容効果やダイエット効果などではなく仕事にもプラスの影響が!

 

さてこの記事は不倫を推奨するものではありませんが、そんな「不倫バッシング」な日本では、性欲そのものさえ悪者扱いされてしまいかねません。ですが、セックスそのものには罪はないのです。
だって子孫繁栄の基本ですから!
それどころか、デキる男になるためにセックスは必要不可欠と言ってもいいぐらい。
セックスするもしないも個人の自由ということは重々承知ではありますが、セックス=背徳=悪とは限らないんだよ。ということを、本サイトならではの「美容」「健康」「モテ」の視点から再考したいと思います。

セックスは本当に仕事の生産性を高めるのか?結論から言いますと本当です!
Journal of Managementにセックスにまつわる調査結果が発表されました。2週間の期間で、159人の既婚者に対して、1日に2回、気分はどうか?という質問をしたのです。

すると、この調査の期間内にセックスをした人々は、セックスしてからの24時間は【とても良い高揚感】が続いていることがわかりました。

この高揚感は働く人々の、職場への満足感を高め、より一生懸命仕事に取り組もうとさせています!それが結果的に仕事の生産性を高め、成功へとつながっているとのこと。
これは男女両方ともに同じ効果があることもわかっているのだというから驚きです。

 

 

2.セックスの仕事効果とは?

内面を満たすことでどんな影響があるのか?

 

セックスは仕事の生産性を上げるだけではありません。
セックスが僕たちの身体にもたらしてくれる良い効果は他にもたくさんあります。
では、そのセックスがもたらす驚くべき効果を1つ1つ見ていきましょう。

 

1.仕事へのモチベーションアップ

 

先述したようにセックスをしてからの24時間は【とても良い高揚感】のおかげで仕事へのモチベーションがブーストされます。

この特別な24時間を無駄に過ごすのはもったいないです!
このやる気が満ち溢れているときに普段はやりたくない、たまりにたまったお仕事や、日常のタスクをすべて処理しましょう。

そういえば、「英雄、色を好む」という言葉が昔からありましたが、英雄が辛い戦場でも、みんなの先頭を走って頑張れるのは、たくさんの女性とセックスをすることでモチベーションをガンガン上げていたおかげだったのかもしれませんね。現代では許されませんが。

2.記憶力向上

 

いま資格試験や夢などの目標に向かって勉強している人必見です!セックスで記憶力が向上することもわかっています。セックスをすることで、記憶するために一番大切な機能を持つ、脳の中の「海馬」の神経細胞が新生するようです。

そういえばセックス中の出来事ってはっきり覚えていますよね?あれはもしかしたら海馬が活性化した結果なのかも…。

勉強ばかりで毎日を過ごすよりは、たまに彼女とセックスをすることで脳の海馬を活性化してあげてください!

3.睡眠の質を上げる

 

現代人は程度に差はあれど、不眠症に悩まされている方がとても多い…。「毎日眠れなくて辛い」そんな悩みを持った方にはセックスが一番健康的に眠れる方法かもしれません。

セックスをすることで幸せな気分にしてくれるホルモン、【オキシントン】が分泌され、それが幸せな気分とともに眠気も促進してくれます。

確かにセックスの後はぐっすりですもんねー。あれ?それって僕だけ?

4.結婚生活の満足度向上

 

先述した幸せホルモン【オキシントン】はパートナーとの信頼感も高める効果があるため、それが自然と結婚生活の満足度向上にも影響しているようです。

逆にオキシントンが無いと、不安になりパートナーとの信頼も失われていくとか…。
パートナーとの良い信頼関係を築くためにも、セックスは大切な役割を持っています。

5.精神的健康にも良い影響

 

【オキシントン】が精神的な疲れ、憂鬱さを無くし、リフレッシュさせてくれます。落ち込んだときにはセックスをしてください。自信が戻ります。

6.免疫力向上

 

112人の大学生を調査したところ、週に1~2回セックスをしている学生は、全くセックスをしない学生よりも、強い免疫抗体が見つかったとのこと。セックスは健康にも良いとこれでわかりましたが、避妊はしっかりしてくださいね!

7.ダイエット効果

 

セックスはとても良い運動になります。セックス1分間で5カロリーも消費されることがわかっています。30分で150カロリーの消費になりますね。

100カロリー消費するのにジョギングだと約15分以上走らなければなりませんから、セックスはエクササイズとしてはとても優れています。

ただし男性諸君、良い運動になるからといって女性に対して手荒な真似はいけませんよ!

8.前立腺ガン予防

 

セックスを頻繁にすることは前立腺がんのリスクを、3分の1まで下げてくれる効果があります!しかし少なくとも月に21回はセックスをしなければいけないようです。

「なんだよ…。そんなにできねえよ…」と思った方々、安心してください!パートナーがいなくても、おひとり様で大丈夫なようです!

9.ストレスを下げる

 

セックス中に相手の身体をハグしたり、触れたりすることでストレスや不安を落ち着かせる効果があるとわかっています。

これらの行為をすることで、【身体から自然な良いホルモン】が分泌されるそうで、これが脳に快感と報酬を与え、幸福感や自尊心をもたらします。

 

3.「仕事のせいでセックスレス」は大きな問題!

少子超高齢化対策には何か大きな秘策が必要である

 

仕事が忙しくてセックスができないということは、よくよく考えてみるとセックスレスの問題にだけには留まりません。

▼パートナーとの不仲
▼プライベートの時間が取れないことによる精神的疲労
▼働き過ぎによる生産性低下
▼働き過ぎによる健康的被害



といった問題がもしかしたら隠れているかもしれません。
こういった問題に心当たりがあるのであれば、実は仕事の効率や生産性はひどく落ち込んでいるのかもしれませんよ。

そもそも大事なパートナーとの関係を悪化させてまでつかんだ仕事の成功は、本当にうれしいでしょうか?

プライベートの時間が全くない今の状況は、本当に幸せですか?

働きすぎて疲れている中でやる仕事は、一見頑張っているように見えても中身の薄い長時間労働ではありませんか?

自分の健康を無視し働くことばかりを最優先した結果、大病になっても後悔しませんか?

仕事の生産性や効率を上げるために大事なのは、セックスをする時間が取れないほどの長時間労働ではなく、身体的に、そして精神的にも健康であること、また満足できる素晴らしい性生活も欠かせないものなのです。

「仕事にセックスの話を持ち込むのはナンセンスだ」と思われるかもしれませんが、生産性を上げるためにはとても良いひとつの要素でもあるのです。


スウェーデンの小さな町役場では、1人の職員が勤務中にどこかで好きな時間に1時間だけ、パートナーと会うことを許してほしいと主張していることが話題になりました。

またフランスの話ですが、労働者は勤務時間外のメールを無視しても良い権利を認める法律が制定されたのです。

それだけ【プライベートの時間】の重要性にみんなが気付き始めたということでもあります。
これからはもっとパートナーと過ごす時間を増やし、セックスをすることで、精神的にも身体的にも健康でありながら仕事の生産性を高め、成果を掴みつつライフワークバランスを保っていきましょう。
要は相手さえ間違えなければセックスってすんばらしいんだよ、ということです!

 

 

生産性向上!セックスすることでもたらす驚くべき効果に注目!のまとめ

  • 1.セックスが仕事の生産性を高めてくれるのは本当だった!
  • 2.セックスがガン予防や免疫力向上にもなっちゃう!
  • 3.セックスが海馬を活性化し、記憶力を高めるんです!
  • 4.セックスレスは水面下にたくさんの問題があることを教えてくれる

ライター後記

セックスについての研究は外国では頻繁に実施されており、その健康効果などの話も外国の方が普及している印象。
日本では性についての知識は、日本の「奥ゆかしさ」という言葉で代表されるように、日本人の気質が普及をとどめているようにも感じました。
もっとセックスというものが、人の健康などにどう良い効果がもたらされるか、皆さんに知ってもらえると良いなと思います。

 

yufuji

僕は別に変態じゃない!

俳優とライターを兼業している。健康や美容系の役立つ知識が好き。ライターをやりながらも俳優で売れてやるという野心を燃やしている。

RELATED POSTS / 関連記事