更新

「このハゲ―!」兼任秘書の松森氏カツラ疑惑〝は〟完全否定!ハゲない栄養素とは?

「このハゲー!」発言で大問題になった豊田真由子衆議院議員の新しい秘書・松森俊逸氏に金銭トラブルが浮上した。
当時、勝又恒一郎衆院議員の秘書だった松森氏は、病気で休みがちだった根岸孝之元神奈川県議の母に、迷惑料として計350万を要求し受け取ったとか。青森町議会との兼任も問題視されていたところ。しかもその独特なヘアスタイルからカツラ疑惑でも騒がれた人物。
松森氏はカツラは否定しているけど…あなたの髪は? 最近「髪が細くなった」「ハリがなくなった」「薄くなってきた」等、忍び寄るハゲの恐怖に不安になっていませんか?
ではハゲないためには何をすれば?それは食事の見直しから!髪や頭皮に必要な栄養素を知って、体内から脱·薄毛を目指しましょう!

 

「このハゲ―!」兼任秘書の松森氏カツラ疑惑〝は〟完全否定!

何かと疑惑の多い松森町議ですが…(笑)

ここに画像の簡単な説明

 

元政策秘書への暴言・暴行問題で注目を浴びた豊田真由子議員のもとに、新たな政策秘書として就任した松森俊逸氏。

 

この松森氏、青森県板柳町議を勤めながら豊田議員秘書を兼任しています。というのも、松森氏の妻がもともと豊田議員の秘書で、件の豊田議員の騒動で秘書が大量に辞めてしまい人手不足になり、夫に助けを求めたからだそう。

 

異例の兼任に対して「町議優先」と発言した事で、政策秘書としての業務軽視、公費の二重取りといった抗議の声も殺到。さらに詐欺まがいの手口での金銭トラブルも起こし、注目を集めました。しかも独特すぎるヘアスタイルからカツラ疑惑…と話題は尽きません。

 

松森氏はカツラ疑惑はばっさり一蹴しましたが、やはり髪のことは気になるもの。カツラやハゲの疑惑なんて向けられたらたまらない。胸を張って堂々と地毛でいられるように、今すぐ対策をしましょう!

 

薄毛が気になる…ハゲない栄養素とは?

1. 髪にはタンパク質が必要

良質なたんぱく質は髪にも体にも必要不可欠な栄養

 

髪は主にタンパク質から出来ています。
タンパク質はアミノ酸で構成されていて、その種類や数・並ぶ順番まで決まっています。特に体内で合成することができない必須アミノ酸は食事から摂取するしかありません。
不規則な食事や栄養不足によりタンパク質が不足してしまうと、髪の修復や生成が上手くできなくなり抜け毛や細毛の原因となってしまいます。

タンパク質は肉・魚・卵・大豆・大豆製品・乳製品などに多く含まれており摂取することができます。

しかしこのタンパク質を摂る時には気を付けなくてはいけない事があります。

それは肉など脂肪分の多いものばかりを過剰に摂ってしまうと、脂肪が増え皮脂の分泌が増加し頭皮の毛穴を詰まらせる原因になってしまいます。毛穴が詰まることにより、抜け毛や細毛の原因となり薄毛を促進させてしまう事につながるので注意が必要です。

 

 

2. 薄毛対策には亜鉛も重要な栄養素

男性ホルモンを抑えるべきも髪には必要というジレンマ

 

亜鉛はタンパク質を合成し、皮膚や髪の成分であるケラチンを作るのに必要不可欠な成分です。

亜鉛を含む食品には、牡蠣・牛肉(赤身)・レバーなどが代表的です。

亜鉛は男性ホルモンに必要不可欠と言われますが、薄毛にとって男性ホルモンの増加は薄毛の原因になるとも言われています。

これは難しいのですが、積極的ではなく意識する程度のほどよく摂取するのがいいですね。

 

 

3. 薄毛と美容ダブルで効果的!ビタミン類も大切な栄養素

体を第一に考えるなら意識高い食事はバカにしないこと!

 

緑黄色野菜や果物に多く含まれているビタミン類も薄毛には大切な栄養素です。

ビタミンAは、細胞分裂を助け正常なターンオーバーを促すことで、頭皮を健やかに保つ働きがあるとされています。

ビタミンB2は、新陳代謝を促進し、皮脂の分泌を抑制する働きがあります。

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける栄養素で、頭皮を丈夫にしたり髪を健康なものにする働きがあります。また、血管を丈夫にする働きもあるので、血行にも大きく関わってきますね。そしてビタミンCには薄毛の大敵であるストレスを和らげる抗ストレスホルモンである「副腎皮質ホルモン」の合成や分泌を促してくれるので、ストレス性の抜け毛などに効果が期待できます。

 

 

4. 薄毛におすすめの食べ物5選

高い育毛剤に手を出す前に出来ることをコツコツと!

 

薄毛に悩む人に摂って欲しい栄養素を知ったところで次に、薄毛におすすめの食べ物を5つご紹介します!ぜひお試しください。

 

■ 納豆

 

納豆には薄毛にとっていいことがたくさんあります。
髪に必要なタンパク質をはじめ、男性ホルモンである「テストステロン」の分泌を抑制してくれるイソフラボン、ビタミンB2は頭皮環境を良好にしてくれます。また血液をサラサラにすると言われているナットウキナーゼで、頭皮の血行促進にも効果があります。

■ 高野豆腐

 

高野豆腐は、普通の豆腐よりも栄養価が高いと言われていますが、薄毛にも嬉しい栄養素が多く含まれています。
タンパク質は髪の生成に必要な栄養素、そして亜鉛も含まれています。タンパク質から髪の元となるケラチンになるのに必要な成分でしたね。イソフラボンも含まれており「テストステロン」を抑制し、ビタミンEで血行促進し頭皮に必要な栄養素をしっかりと運んでくれるという効果があります。

■ いわし

 

肉を食べるよりも低カロリー・低脂肪でタンパク質を摂ることができます。同時に亜鉛も摂取することができ、新陳代謝を促進してくれる働きがあるビタミンB6も含まれています。

薄毛に必要な栄養素がしっかりと入っていて、しかも安価なのが嬉しいですね。

■ レバー

 

レバーにはタンパク質とビタミン類が豊富に入っています。レバーにビタミンってちょっと意外な感じがしますよね。レバーには鉄分も豊富に入っていて本当に栄養満点の食材なのです!
頭皮環境を良くするビタミンAや皮脂を抑制するビタミンB2が薄毛に効果が期待できます。

■ 卵

 

卵も栄養価が高い事で有名ですが、髪にも良い事がたくさんあります。
卵には、タンパク質・亜鉛・セレニウム・鉄・硫黄・ビオチンという髪に良いと言われる成分が含まれています。実は鉄分が不足すると抜け毛の原因になるとも言われているのです。そしてビオチン(ビタミンB群の水溶性ビタミンの一種)は発毛を促進すると言われている成分なのです!

 

 

薄毛が気になる…ハゲないために摂るべき栄養素とおすすめの食べ物!

  • 1. タンパク質は髪の為に積極的に摂ろう!
  • 2. 亜鉛はタンパク質がケラチンになる為に必要だが摂り過ぎに注意!
  • 3. ビタミン類は頭皮環境や血行に大切

ライター後記

薄毛の原因には色々なものがありますが、食事もその中の重要なひとつになります。暴飲暴食、偏食、外食、ファストフード、インスタント食品等ばかりの食生活を送っていると、髪も頭皮もボロボロになってしまいます。栄養不足だけでなく血行不良も抜け毛や細毛には大敵です。薄毛になりたくない、これ以上進行させたくないと思うなら食生活を見直し、髪や頭皮に良い栄養を積極的に食べましょう!

 

Mizuki

髪や頭皮に良いものをバランスよく食す‼

自分はもちろん家族の健康&美容を一手に引き受ける。旦那や子供たちの肌の悩みそれぞれに対処しています。ちなみに子供は多数(笑)

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (2)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事