更新

O-157のポテサラよりも危険!「立ちション」が大腸菌をばらまくワケ

埼玉県越谷市のスーパーで販売したポテトサラダを食べた人々が、相次いで腸管出血性大腸菌O157に感染し、大わらわになりました。問題の食品加工工場のポテサラからはO157は検出されなかったそうですが、そもそもこの細菌はその名前が示すとおり、牛の腸などに生息しているもの。それがめぐりめぐって感染を引き起こすわけですが、男性はポテサラよりも気をつけねばならないことがありました。そう、男らしさの象徴「立ちション」です。

O-157のポテサラよりも危険!「立ちション」が大腸菌をばらまくワケ

1. ポテトサラダにも乗り移るO-157の感染力

 

そもそも大腸菌とは、これまた読んで字のごとく腸のなかに存在する菌。
人間でも腸内細菌バランスが健康のバロメーターと言われているとおり、大腸菌もまた、すべてが「悪」なわけではなく、その多くが無害なものです。

しかし中には強烈に毒素を放つものがあり、その代表格が今回問題となったO-157
牛の腸に生息しているとは冒頭の通りですが、ベロ毒素という強力な毒を出し、少量でも感染するところがポイントです。
かつて焼肉チェーン店で死者を出したのも、このO-157に感染したユッケが原因。
この事件では、さらに毒素が強いO-111も検出されたため大変なことになったわけですが、やはり牛の腸などに生息するだけあり生肉は要注意なわけです。(そしてユッケが消えた……(ノД`))

しかし、生肉に限らず、O-157は腸の内容物に汚染された食物ばかりか、水や手指を介しても口から感染。
今回、ポテトサラダを加工していた工場の現物(ポテサラ)からは菌は検出されなかったそうですが、食中毒者が続出した、販売店である埼玉県のスーパーではポテサラほか、惣菜をバイキング形式で提供していたため、「トングから感染したのでは」の声も出ています。
つまり、O-157に感染した人がそのトングを触ったことで、菌がばらまかれたのではないか、と……。
改めて、O-157怖い。食中毒、怖い!

 

 

2. 記録的な長雨となった今年はとくに要注意!?

 

さて、そんな恐ろしきO-157ですが、これに限らず病原性の細菌には注意が必要です。
細菌は高温多湿の環境を好む傾向があり、梅雨から夏にかけてが繁殖の大シーズン!
牡蠣から感染するノロウイルスは冬に流行しますが、その他多くの食中毒が夏場に発生するのは、まさにこの病原性の細菌に感染することが原因です。

病原性細菌はO-157のほかに、こんなものが存在しています。

 

◆サルモネラ属菌

 

生肉や魚の他、卵にも生息している菌。嘔吐や下痢などを引き起こすため、感染の予防には動物性の食品はなるべく加熱して食べること! とくに子どもやお年寄りは要注意ですが、成人男子でも体力が弱っていれば感染する可能性は十分あります。(他の菌も同様です)

◆カンピロバクター

 

こちらも加熱不十分な食肉からの感染が主ですが、なかでも多いのが鶏肉。鶏刺し、タタキや、バーベキューで加熱不十分だった鶏肉などからも感染します。美容男子読者の皆さまの食生活にある意味非常に密接に関わっているともいえるので、注意しましょう。下痢や腹痛が主な症状ですが、倦怠感など夏バテと間違えそうな症状もあります。

◆ウェルシュ菌

 

いちばん裏切られた感がするのがこちらの細菌。土や水の中、健康な人の腸内など自然界に幅広く生息しているのですが、じつは「二日目のカレー」から感染することもあるのです。加熱さえしておけば、細菌対策は大丈夫! と思っていた世の主婦たちに大打撃を与えました。「カレーは二日目がうまい」派のカレー男子たちも他人事ではありません。
ではなぜ、よく煮込んだカレーでも感染するのか、というと、嫌気性(空気を嫌う)細菌だから。

“粘性の高い煮込み料理を寸胴鍋で作ると、鍋底の酸素濃度が低くなるためウェルシュ菌の好きな状態に!
酸素の少ない”鍋底”近くでは増殖します。”

出典:SARAYA

 

こちらも下痢と腹痛が主な症状です。

今年8月は都心で21日間連続して雨を観測し、40年前以来の記録を樹立。
じとじとしっとり……が続いたため、いつも以上に注意が必要です。

 

3. 立ちションで大腸菌が増えまくる!

 

手洗いの励行や、料理男子ならまな板・包丁類の洗浄、殺菌などはいうまでもありませんが、もっと「男子」の日常生活に密接に関わっているのが、そう、立ちション
この場合の「立ちション」は、アウトドアでおこなうほうのことではなく、自宅や会社、施設などインドアでのトイレでの小用の足し方の話です。

最近ではめっきり「座ってする派」も増えていますが、実は座ってするのは細菌予防にも効果的!

それというのも、尿中には細菌はさほど含まれていませんが、大のほうに含まれる細菌にとっては大のごちそう!
立って小をすることでトイレ中にその飛沫が飛び散って(うわあ)、大をしたことで手についた細菌たちが、壁やドアに触れることで尿をエサに大増殖。

何しろ大便1㌘には1兆個もの腸内細菌が含まれているといい、目に見えないほどの小ささを思えばトイレットペーパーを貫通するのもたやすいもの。
30枚重ねたところで、便に含まれた菌は貫通するという説もあるので、お尻を拭いた後の手はもれなく細菌だらけなのです。

とはいえそのほとんどは無害な菌なのだが、それこそO-157が含まれていたら、さあ大変。
腸内細菌のエキスパートである、理化学研究所の辨野先生は、女性誌でこう語っています。

 

“手に病原性細菌が付いたままトイレの壁やドアなどを触ったとき、そこに付着している尿成分をエサにして、菌はどんどん増殖してしまいます。さらにほかの菌を呼び込む可能性も考えられます”

出典:女性自身

 

もはやトイレ中が尿だらけ。
ここに病原性の細菌が付着しようものなら、バイオテロ、というより自爆テロを起こしているようなものです!


まだまだ暑い日が続くこのごろ。
「ポテサラこえー」と言う前に、男性の皆さまは小用の足し方を見直してみては。
「いいや、俺は立ってする。なぜなら男だから!」という益荒男さんは、トイレ掃除は壁や床までしっかりおこないましょう。
もしも同棲していたり、結婚しているならなおさらです。
自分の尿をばらまきながら、彼女や奥さんにトイレ掃除を任せっきりにするのは、余りに理不尽ではありませんか……。

そして、最後はやっぱり「おててをちゃんとあらいましょう」。
ママの教えは正しかったというわけです。

 

西まごめ

掃除のあとはエタノールで消毒を!

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (3)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事