更新

【一流の、生きざま第一回】武田双雲氏に本音インタビュー『書道家の「深化」と「遊び」』

新連載第1回は、書道家・武田双雲氏が初めての現代アートに挑戦した展覧会「深化-Shinka-」開催の前夜、会場で本音を語る。「素」の表情は溌溂としていて、周りの空気に爽やかな風を巻き起こすパワーが感じられた。編集長との対談形式でお届けします。

 

「素」が生み出す作品には、心地よさと強さが混在している

 書道家、武田双雲氏は、いつでも「素」。10年ほど前、初めてアトリエを訪ねた時に抱いた感想は、今でも変わらない。どうして理系の大学を選んだのか、脱サラしたのか、ストリートで書くことにした理由など、インタビュー中とは思えないリラックスした様子で語ってくれた印象が強い。書道家としてすでに「話題のひと」となっていたが、女性雑誌の「暑中見舞いの書き方」という実用的な企画にも快く協力してくれた。

海辺のアトリエを出たら快晴で、私はキンキンに冷えた缶ビールを買って一気飲みした。そのくらい、双雲さんとのおしゃべりが楽しかったのだ。本人は「よそゆきの顔だってあるわい!」と言うだろう。非常に、頭がいいひとだから。でも、素。素の力が生み出す作品を見ていると、癒されもするし、良い緊張感ももらえるしで、とにかく心地いい。

 

現代アートの要素と書を融合させた個展「深化」開催前夜

個展開催前夜、双雲さんがプロデュ―スしているオーガニックカフェ「Chikyu(地球)」の料理と共に、自ら作品を解説してくれるイベントが開かれた。写真と書、凹凸の激しい和紙と書、金屏風と書など、圧倒的な熱さを持った作品が並べられている。作務衣姿の双雲さんは、会場のどこに居ても目立つ。背が高くて、笑顔が大きくて、華やかだから。美容男子スタッフ一同、ちょっと恐縮してしまう。有名なCM監督や女優さん、歌手のかたなども近くで談笑していて、うぅ、緊張。

私はカメラマンと目が合うたびに意味なく黙ってうなずき、編集長はひたすら作品写真をスマホで撮り、製作デスクは料理の列に並ぶことに集中するという巻。そうこうしながらも主役のいるほうへと近づいていったら、双雲さん、裸足にクロッ●ス! 下駄じゃないんだ! どうしてそんなにおもしろいの⁉

 

武田双雲氏×美容男子編集長が夢の対談形式で「人気」「遊び」を研究

21時を過ぎ、会はお開きとなり、いよいよインタビュー時間に突入! 「美容」と「男子」のイメージを思い浮かべ、一瞬でそれが驚きに変わったのか、開口一番に大きな声で
「美容男子⁉」
と目を見開く双雲さん。
「なんのために男性に美容情報を広めるの?」
「外見をきれいにする理由ってなんだろ?」
と、想定内の逆インタビュー。
私は慣れているけれど、編集長は「聞きたいこと」を脳内に準備していたため、回答するまでにタイムラグが発生。同時に撮影もしていたんだけど、
「カメラマンさん、静かなひとですね。しゃべらないってことじゃなくて、存在が、静か」
と率直な感想を言う双雲さん。超、自由。だけどそれが的を得すぎていてスタッフ全員、納得して笑いをこらえる。こんなに楽しいインタビューってあるだろうか? 少し緊張もやわらいできて、
「男性に美容情報を発信して、外見に自信が持てる男性が増えればいいと願ってます。自信が持てれば内面にいい影響が出て、仕事にも恋愛にもポジティブに向き合えると思うんですよ。要は、モテる男になる情報を発信するサイトを作ってます」
と編集長。

双雲さん
「モテるって、人気があるってことだから、対異性にだけじゃなくて全てにおいて有効ですよね。人気って、ヒューマンエネルギーってことだから。人を惹きつけるエネルギーがあるひとは、地球全体にも影響を与えてると思いますよ。いろんなものをどんどん巻き込んでいって、エネルギーが宇宙にまで届くイメージ」

編集長
「美容情報を発信する説明が、そんなに大きな世界の話になるとは‥…発想がすごいですね、けた違いですね」

双雲さん
「発想を遊ばないと! 手のひらを上に向けて、この手のひらに地球が、宇宙が乗ってるって思っちゃうとか。手の上で地球を弄んでる、と考えると何でも楽しく感じられるし、『仕事』も大きな意味では『遊び』としてとらえることもできますよね」

編集長
「かっこよるぎます、先生。ヒューマンエネルギー、高めていきたいです」

双雲さん
「海の底の先まで深く潜ったり、大気圏突き抜けて地球を飛び出したり、イメージするのはどこまで自由。美容男子も、伸び伸びと、がんばってください」

閉館の時間が近づき、10分ほどのインタビューは終了。双雲さんって、スケールがでっかいなあ。尽きることのない好奇心と、好奇心を生かした応用テクでひとを惹きつけ続ける真モテ男! ヤラれっぱなしの編集スタッフ一同でした。

 

【絶対見て! 6月10日 日テレ『世界一受けたい授業』に双雲さんが出演します】

今後の個展の詳細は公式ホームページなどで
https://www.souun.net/

RELATED POSTS / 関連記事