更新

こだわりたっぷり、遊び心ちょっぴり。編集長はやっぱり美容男子

誰もが気になる、”ヒト”のカバンの中身。選ばれたモノたちには、それぞれにストーリーがあるものです。消耗品から七つ道具的アイテム、お守り代わりの大事な宝など、モノを見れば持ち主の思考や人柄が推し量れるかも。ていうかみんなカバンに何入れてんの? そんな好奇心を満たしてくれる役に立ちそうで立たないかもしれない連載です。

 

気に入った人なら毎日でも会えるし、大好きな彼女となら毎日セックスできる。 そう語る編集長のカバンの中身は、愛着が持てる大好きなもので溢れていました。

モノを選ぶ基準は「エレガントさ」。
編集長いわく、エレガントさとは、しなやかで美しく、ちょっと優雅な気持ちにさせてくれるモノ。 そんな、はっと時間を止めてくれるようなものに惹かれると言う。 絵画ならダリ、大好きなサッカーの選手で言えばジダンのような。 ちなみに女の子なら「透明感がある子」らしいです。

なるほど、さすが美容男子、見た目重視だな。 と思いきや、使い勝手が悪いものや、デザインだけ良くて機能性に劣るものは選ばないと言う。

はてさて、どういうことかと編集長のカバンの中身を拝見すると、 エルメスやプラダ、ポーターといった明らかにシャレオツと呼ばれるブランドアイテムたちが並ぶが・・・・・・。 エルメスの財布は大きなドゴンで傷つきにくそうな革、 ポーターのPCケースは大きなジップにポケットとクッション性があるタンカーシリーズ。 確かにデザインだけでなく機能性を大事にしていることが伺える。

 

 

しかし、ふと見ると、オシャレで機能的なものの他に、 お世辞にもオシャレと言えないポーチが!
これ、100均ですか?

中を見ると、バンドエイドにリップクリーム、マスクにティッシュと、やっぱり美容男子! 透明のポーチは中身が分かりやすいというのが決めてらしい。透明だから選んだんすね、うん、意味がある、意味がある。

そして最後にどうしても触れられずにはいられないモノが・・・・・・。 ジョジョの奇妙な冒険のクリアファイルと、えっと・・・・・・わりとポップなポーチを発見。 それこそジョジョの吹き出しのように「ドンッ!」と視界に飛び込んでくる。

何故?
素朴な疑問を投げかけると、「無駄が大事だから」という意味不明なご回答。 かのスティーブ・ジョブズは服を選ぶ時間が無駄だからと言って常に同じ黒い服を着ていたが、 編集長は、一見無駄に思える服を選ぶ時間にも楽しさがあり、その時間にも価値があると言う。 そう、編集長にとって「無駄」は「遊び心」を意味するようだ。 そのちょっとした遊び心から生まれる心のトキメキが大事らしい。

仕事では効率が大事だが、人生には無駄があった方がいい。
その無駄が新たなアイディアを生み出しているのだろう。

ジョジョとエルメスが共存する編集長のカバンの中には、 編集長の生きる哲学が詰まっていた。

気がする。

 

RELATED POSTS / 関連記事