更新

日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いは●●だった!

8月に入り夏本番!まさに日焼けの季節ですね。同じように太陽の下にいても真っ赤になってしまうだけの人と黒くなるタイプの人がいます。日焼けしやすい人と日焼けしにくい人。一体どんな違いがあるのでしょう。いずれにせよ日焼けした後のアフターケアもとても重要になります。しっかり知っておきましょう!!

美白男子必見!!日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いは●●だった!

1. そもそも日焼けって肌にどんな影響があるの?

健康的に見られやすい以外はデメリットが多い日焼け…

 

目に見えない紫外線の影響はどのくらい肌や頭皮に影響があるのでしょうか?
紫外線とは太陽光線の一種で、肌に与える悪影響の1つ、肌の老化を促進させます。
歳を重ねるとシミやシワ、たるみ…。

紫外線は波長の長さによってUVA.UVB.UVCに分けられ、太陽から地面に届く紫外線の多くはUVA、UVBだけです。
※UVCはオゾン層に吸収され地面にはほとんど届きません。

 

■UVAの悪影響

 

UVAは窓ガラスをも透過し、室内や車内にいても届きます。また曇りの日でも量は変わりません。
UVAは真皮層まで届き肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維を破壊。その結果、肌は弾力を失ってしまいたるみ、シワの原因になるのです。

■UVBの悪影響

 

UVBは以前から人間にとって危険な紫外線だと言われてきましたが、近年オゾン層の破壊によりその量は増加傾向になりつつあります。
肌に当たると炎症を引き起こし、酷い場合は水ぶくれになります。
UVBは表皮の最下層である基底層にまで達するばかりか、波長の長いUVBは更に奥の真皮層にまで届いてしまうのです。

基底層では表皮の細胞が生成される為、UVBによって細胞が損傷を受けると肌老化、更に皮膚ガンの原因になることもあります。

皮膚の免疫力も低下させ、ウイルスやカビなどによる感染症にもかかりやすくなってしまうことにも…。

◆紫外線から頭皮を守れ!

 

最も男性に注意して欲しいのが頭皮。
体の中で1番太陽に近くUV対策をしないとダイレクトに紫外線を浴びてしまいます。
紫外線によって髪の毛をつくる毛母細胞もダメージを受け、細毛や軟毛といった症状を引き起こし結果薄毛に…。
また、抜け毛も増えやすくなります。
さらに紫外線は頭皮を乾燥させてしまい頭皮が硬くなり血流を悪くするという恐怖の薄毛スパイラルに…。兎にも角にも肌ばかりでなく頭皮も守ることをお忘れなく!!

 

2. 日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違い

その違いはメラニン量にあり!

 

日焼けの原因となる紫外線は先ほど紹介した2種類。UBAとUVB波、2種類の紫外線があり、日本人には紫外線吸収剤の役割を果たすメラニンの量が少ない人が多く、日焼けしやすい人が多いのです。

このタイプの人は紫外線を浴びると皮膚の奥まで届かないようにメラニン色素が体の中で作り出され、メラニン色素が増えることにより、肌が黒くなります。
逆に日焼けしにくいタイプの人は紫外線に当たると肌が赤くなり、その後に黒くはならないのが特徴。
紫外線から肌を守るメラニン色素が作り出されていないのでこのタイプの人はしっかりと紫外線ケアをしないと将来シミやシワ、たるみなどの肌の老化を促進することになってしまいます。

日焼けしやすいのは嫌ですが、日焼けしにくいというのも考え物ですね…。
いずれにしても日焼けが目に見えて残るのか?は関係なくケアが必要ですよ!!

 

 

3. 日焼けした後のアフターケアが大切!

完全防備は難しいからこそしっかりとしたケアを心掛けて!

 

日焼けした肌はとってもデリケート!しっかりとアフターケアする事がとても大切なんです。日焼けしたその日にしっかりとケアしましょう。

 

①まずは冷やす!

 

日焼けはヤケドの一種とも言われています。まずは皮膚を冷やし、肌のほてりを沈めましょう。皮膚に負担をかけないように皮膚を擦ったり叩いたりしないようにしましょうね。

②保湿はマスト!!

 

ヒリヒリする日焼けには化粧水などはしみることも。そんな時は軟膏などで保湿しましょう。

また、ほてりが治った場合は化粧水をたっぷりと与えましょう。化粧水で水分補給をした後に乳液やクリームで肌を保護してあげましょうね。

日焼けした後は水分が足りなくなっています。いつもよりたくさんの化粧水を付けてあげましょう。日焼けした肌はデリケートになってますので化粧水は手のひらに乗せてやさしくたっぷりのせてつけて。冷やした化粧水を使うと冷やすことプラス保湿が出来るのでお勧めです!

③身体には水分補給!

 

日焼けをすると身体もカラカラ。水分が足りていない状態です。
スキンケアしてお肌に水分を与える同様に、体内にもたっぷりと水分補給を。
そして日焼けは思っている以上に身体に負担が掛かっています。皮膚も身体もデリケートな状態です。ゆっくりと休息をして下さいね。

 

日焼けしやすい人と日焼けしにくい人の違いは●●だった!

  • 1. 紫外線には種類がある!
  • 2. 日焼けしやすい人、しにくい人の差はメラニンの量に違いあり!
  • 3. 日焼けはどちらのタイプも肌の老化につながります!

ライター後記

夏本番!日焼けをしたくなくてもどうしても避けられない紫外線。お肌に良くない事は有名ですが実はお肌よりも頭皮はダイレクトに紫外線を受けています。頭皮がダメージを受けると薄毛や抜け毛にもつながるんですね…。
髪の毛用の日焼け止めスプレーなどは最近目にしますが頭皮は帽子を被るなどして紫外線をブロックしてして下さい。そして日焼け後のアフターケアは将来の為にとても大切☆まずは保湿!ちゃんと保湿してくださいね。日焼け止めを塗るのも忘れずに!

 

 

AI

紫外線、しっかりブロックして美肌!頭皮を守ろう!!

好きなもの:ハワイ、サーフィン、海 宝物:家族 2人の娘と旦那さま♡ いつもキラキラ笑顔で毎日を過ごすのが目標。お役に立つ情報を提供したいと思います!

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (2)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事