更新

イタリア版マツコのほかベルギー版も!世界に存在するマツコの世界

いまや日本トップクラスの人気タレントになったマツコ・デラックス(44)。実はそのマツコの「イタリア版そっくりさん」がSNSで話題に!これは13日に放送されるフジテレビ系「アウト×デラックス」(木曜・後11時15分)に出演するため緊急来日したもの。ついに2人の共演が実現したのです!これは見逃し厳禁ですよ!!

イタリア版マツコのほかベルギー版も!世界に存在するマツコの世界

1.マツコにそっくり!生き別れの「姉妹」がイタリアにいた!?

イタリアでは知らない人がいないほどの人気者!!

 

マツコのイタリア版とも言われるそっくりさん。名前はプラティネット(マウロ・プラティ・コラジー)。
見た目が激似なのはもちろん、プラティネットさんも戸籍上の性別は男性。
御年61歳と年齢は少々マツコより上だが、人気司会者としての活動ぶりもマツコとそっくり。
そんな2人はついに13日放送のフジテレビ系「アウト×デラックス」(木曜・23:15〜)で「対面」を果たすことになり、話題を呼んでいます。

なんでも今回の対面は、数か月前からSNSなどで話題になったことがきっかけ。
お互いに「じぶんのそっくりさんがいる」と気になるようになり、プラネッティさんが緊急来日することで夢の「姉妹」対面が叶ったのだとか。

自分を「規格外の人間」と言っていたマツコにとっては、海の向こうに見た目も活動も「そっくり」な人がいたことは驚きだったことでしょう。
いっぽうのプラティネットさんも「私たちは生き別れの姉妹。自分はマツコの10分前に生まれた」と番組内で「告白」しているようです。
さすがイタリア人。ノリがいいですね、プラティネットさん。
でも61歳なんですけどね。

 

 

2.マツコのデラックスさは炭水化物が原因!

炭水化物って本当に美味しいからついつい…

 

さて、そんな「規格外」を自認するマツコですが、その特徴のひとつであるデラックスなボディがどうやって生まれたか皆さんご存知でしょうか?

意外にも、マツコはお肉が好きではありません。

食べれないというわけではないが、好んで食べるわけではないとのこと。つまり、脂の大量摂取によって「大物」になったのではありません。

彼女の好物は「炭水化物」。

とくにご飯が大好きで、釜ごと食べるのは有名な話です。
美容面でも健康面でも糖質制限が注目されて久しいですが、日本人の主食である米も、食べ過ぎると肥満の原因になるということを、マツコは身をもって教えてくれていますね。

糖質制限ダイエットが騒がれている理由をざっくりご説明すると「炭水化物を中心とした糖質をとりすぎると、肝臓がそれを脂肪に変えて貯蔵してしまう」から。
そもそも糖質は、タンパク質・脂質とならび、人間が生きていくために不可欠な3大栄養素の一つですが、忙しい現代人はついついおにぎりやパン、そばにうどんなどすぐに食べられる主食でだけ食事を済ませる傾向に……。
いっぽうで忙しいくせに運動不足な我々現代人は、そんな食生活のせいで糖の過剰摂取となって、太ってしまうというメカニズム。なのです。

プラティネットさんが何によってデラックスになったのかは定かではありませんが、イタリアもパスタの国。パスタは小麦。つまりは炭水化物をたくさん食べる機会にあると、いえなくもありません。

忙しいビジネスマンの皆さまにおかれましては、2人の対面を楽しく見守るとともに、主食中心の食生活になっていないかも振り返ってみてください。
特に暑くなると食欲が減退。
一見、夏バテで痩せるサイクルに突入したように見えますが、その実、そうめんやひやむぎ、蕎麦などの炭水化物にまみれることになりかねませんので注意が必要です。

あ、冷たいビールもチューハイも、糖質のカタマリですのでお気をつけて。

 

 

3.イタリア版だけじゃない!?第3のマツコも!?

ベルギーには超エリート議員のそっくりさんがいた!!

出典:mirror

 

さて、熱視線が注がれるイタリア版・マツコ・デラックスのプラティネットさんですが、ネット上では第3のマツコの存在もささやかれています。

その名は「デブロック」。……と、こう書くと身も蓋もない名前ですが、本名は「マギー・デ・ブロック」さん。
ベルギー在住で、厚生大臣にも就任したエリート議員。支持率が急落したどこかの首相と違って、移民問題で功績を上げたことなどから国内では高い人気を誇っているそうです。
サイズ感と人気度合いでは、確かに第3のマツコと言っても良さそうですね。

ただしマギーさんは戸籍上の性別も「女性」なので、共通点の多さではプラティネットさんのほうが勝るようです。

ちなみにマギーさんの体重は127kg以上とのこと。
マツコ・デラックスがメディアに登場しだしたときの体重は140kg。現在はそれより減量しているかと推測されますが、ボリューム感は似ていますね。

マギーさんのダイナマイトボディの原因は定かではありませんが、ひとつ驚いたのは、彼女には医者という肩書もあるということ。
瞬時に「医者の不養生」「ベルギーはチョコの産地だし」とさまざまな思いが去来した私ですが、そういえばマツコもその体とは裏腹に、数年前に番組か何かで健康そのものであることが判明していたなあ、などと思い起こすのでした。

とはいえ過度な糖質の摂取は、美容面からおすすめできないことに変わりはありません。
30代以降になれば、偏った食生活と酒の飲み過ぎは、男子に「痛風」という新しい試練をもたらしますので、皆さまどうぞお気をつけください。

 

 

 

イタリア版マツコのほかベルギー版も!世界に存在するマツコの世界

  • 1. マツコのそっくりさんが緊急来日していた!!
  • 2. 世界にはマツコのそっくりさんが意外にも多い!?
  • 3. マツコの体型を反面教師に糖質の摂り過ぎに注意!!

 

西まごめ

ドッペルゲンガー現象を久しぶりに思い出しました。

週刊誌記者を経てフリー編集・ライター。美容男子クレオパトラ担当。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (3)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事