更新

だんなデスノートが話題!妻の過激な愚痴は怖すぎるとの声続出!

「だんなデスノート」一瞬聞くと先日からお騒がせしている松居一代さんの【恐怖のノート】とかぶってしまいそうなネーミングですが、これは全くの別モノ。妻が旦那の愚痴(実際はもっと過激)を書き込むというものです。その書き込みは公開され閲覧することが可能。しかし「ワイドナショー」や「スッキリ!!」で紹介されたことで一気に話題にり現在ではアクセスに制限がかかってしまうほどなんです。

だんなデスノートが話題!妻の過激な愚痴は怖すぎるとの声続出!

【だんなデスノート】が話題に!妻の過激な書き込みに怖いとの声も続出?

1. だんなデスノートとは?

とにかく旦那に対する愚痴を吐ききる掲示板サイト

 

フジテレビ「ワイドナショー」や日テレの「スッキリ!!」で紹介された【だんなデスノート】が話題となっています。

サイトの説明によると

・だんなデスノートとは旦那へ死んで欲しいという願いを書くものである。

・書く人物が自分の旦那じゃないと効果は得られない。

・実名や所在住所を書いても効果は得られない。

とされています。

漫画やドラマ・映画で話題となった【デスノート】と同じような感覚で作られています。

サイトを作るきっかけとなったのが、女性は弱いという事だそうです。

 

“女性は弱いんです。旦那デスノートにはキツイ書き込みがありますが、それは弱い女性たちが、自分のマイナスな部分、必死に想いを叫んでいるからです。そしてアイデアはそんな弱い人たちの立場に立ってこそ、本当に必要な、救えるものが生み出せます。”

旦那デスノートを作った理由。女性は弱い。アイデアを練る時は、常に弱い人の立場に立ち、少数意見に耳を傾けること

 

2. 中身は過激な言葉が並ぶ

もし自分のパートナーが書いていたら…ぞっとします

 

そのサイトに投稿している方は、色々なものを抱えている方も多くいるようです。借金や女性問題、育児などで旦那にうっぷんが溜まっている方ばかり…中でも一番はやはり女性問題の様です。しかしどんなに腹が立ちたまっていても言ってはいけない事があります。その吐き出せない言葉をサイト内でぶちまけているからこそ過激になってしまっているように感じます。

中には「死ねー」と車内で叫んでた議員さんもいましたけど(笑)。

 

 

 

 

気を付けないといけないのが、特定の個人がわかるような書き込みに対しては何らかの法的リスクがあると言います。それは名誉棄損であったりプライバシーの侵害などが考えられます。ここへの書き込みが離婚の理由としては難しいかもしれませんが、それが原因で別居などになると最終的には離婚という事にもなりかねません。

 

3. サイトに関して賛否両論

ストレスの解消法はプラスαで美容効果ももらうべき!!

 

特に男性と女性で意見が分かれることが多いようです。納得がいかない男性と書き込む気持ちが少しは分かるという女性。これも男女関係なく考え方はそれぞれなので一概には言えないのですが…

私の意見としては「人として言ってはいけない言葉は書いてもいけない」と思っています。でも話し合いもなにも出来ない、自分一人で抱え込むには大きすぎてどこかに吐き出さないと自分が壊れてしまうと思う気持ちは分からなくもないです。いいとも悪いとも言えないですね…

ダンナの悪いところばかりを見ていないで、もっと自分が楽しく生きていく方法を探すことに目を向けてみてもいいんじゃないかな!もちろん仲の良い家庭は家族みんなで楽しむ!家族で楽しむことはとても大切な事です。

パリピのように思いっきり楽しいことをやってみましょう‼
さらにパリピの精神はアンチエイジング効果にも期待が出来るんですよ!!

自分が楽しむためなら苦労を惜しまない、自分のために働く、そして自分が楽しむために時間を使う!もちろん子供がいれば自分と子供ためにでもいいじゃないですか!
生活に追われるだけの毎日じゃなく、楽しむための準備として生活する。気持ちひとつでブルーな毎日がハッピーな毎日に変わっていきます。まずは後ろを見ないで前を歩いていきましょう!

 

 

 

【ダンナデスノート】が話題に!妻の過激な書き込みに怖いとの声も続出?

  • 1. ダンナデスノートはダンナに対し「死」を望むもの
  • 2. 過激な言葉が並びすぎて怖すぎる
  • 3. 良いか悪いかは人により違いがある

ライター後記

サイトを覗きましたが本当に世の中にはこんな風に旦那の事を思っている人が多いことに驚きました。確かに「〇ね」と思ったことがないとは言いませんが、さすがに怖さを感じてしまうほど過激なものもありました。愛情が憎しみに変わるのと本当に怖いものなんだと思いました。

 

Mizuki

ダンナ様方お気を付けください!愛情と優しさを忘れないように

自分はもちろん家族の健康&美容を一手に引き受ける。旦那や子供たちの肌の悩みそれぞれに対処しています。ちなみに子供は多数(笑)

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (3)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事