更新

自分の意見 他人の意見

 

 

ぼくは、ものすごく自己評価が低い、 自己不信感の強い人間だという自覚をもっていまして。 自分が思うことや感じたことなどを なかなか信じることができないのですね。

どうしてそんな人になったのか、そのルーツを掘り下げてみると 己のセクシャリティに気がついたときに 自らを異質なもの、あってはならないものと思いこみ、 けれど、ゲイであることは変えられないので 自分を生かす手段として 二重人格的に生きてきた影響が大きいのだろうと思います。

ざっくりいいますと ゲイである自分とは別に、 みんながゲイを「オカマ」と笑うように 自分自身を蔑む自分を構築したという話。

みんなと変わらぬ”ふつう”の自分が自分なのだ、と強固な仮面をつけ、 つねに本心を自分自身が受け入れず、年を重ねたことにより、 自分がどうしたいのか、ではなく、 ふつう(みんな)はどうするのか周囲の顔色を見ながら推測し、 自分のふるまいを決めるという分裂症状が ディフォルトのようになったのであります。

おそらくはそんな生い立ちにより、 ぼくの中では基本的に、自分の意見 < 他人の意見 であり、 誰かになにかを言われると、 即座に「自分は間違っていたのだ」と落ち込んでしまうのでありました。

その後、ゲイを受け入れることが出発点となり 以後の15年をかけて、じょじょに、じょじょに 自分はどうしたいかを自問し、 それが一般的な意見と違っても 自分の望みを優先させることが増えてきました。

って、 人の意見を聞くことについて書いているつもりが 自分のことばかりをつらつらと!!

長くなってきましたのでここらで無理やりに着地をさせますと。 他人の意見に絶対服従的半生を経てわかったこととして

他人の意見(概念、視点などなど)とは、 それを「あ、そうか。いいね」と感じるなら、 採用、インプットし、新しい”自分の意見”とすればよく 「うーん、なんか嫌」と感じるなら その生理に従い「貴重なご意見ありがとう」と 意見を伝えてくれたことは受け入れ 意見は「不採用」または「一部採用」すればいいのかな、ということ。

どちらの意見が正しいかではなく、 人それぞれの意見がある、というスタンスだと 楽にいられるのかもしれません。

なんだかものすごーく当たり前のことを書いていますかね。 でも、かつてのぼくは、その当たり前が当たり前じゃなかったのですよ。 そんな人間も世の中にはいる、ってことをお伝えし 本日はおひらきとさせていただけたらと思います。

最後までご清聴ありがとうございました!
ニュー男子 拝

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (3)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事