更新

高カロリーな食べ物『ヤマザキコッペパン(ジャム&マーガリン)』について真剣に検証してみた!

山崎製パンのロングセラー商品、『コッペパン ジャム&マーガリン』。実はこれ、525キロという高カロリー商品なんです。ですが昔に比べて心持ち小さくなったような気が。つまり値段は据え置き、でも実は小ぶりなっているんではないかと。転じてカロリーはそんなにないのではないかと。そこで調べてみました!

『ヤマザキコッペパン(ジャム&マーガリン)』のカロリーについて真剣に検証してみた!

1.『ヤマザキコッペパン(ジャム&マーガリン)』を調べてみる!

低価格なのに超高カロリーの定番

 

イチゴジャムとマーガリンをはさんだ、山崎製パンの超ロングセラー商品、『コッペパン(ジャム&マーガリン)』。
『ジャム&マーガリン』と検索して頂ければ分かりますが、サジェストに「カロリー」が挙がります。
ご存知の方も多いかと思いますが、実は『コッペパン(ジャム&マーガリン)』、1個当たり「525キロカロリー」もあり、非常に高カロリーです。

値段も昔と変わらず、そしてカロリー、すなわち大きさも変わらない、愛すべき『コッペパン(ジャム&マーガリン)』。

ですが冒頭でもお書きしましたが、その大きさが怪しい、と思ったのです。
心持ち、昔より小さくなっている気がすること、加えてカロリーの割には腹持ちが悪い気がするということです。

コンビニエンスストアにあるパン・おにぎりなどで見かける、俗に言う定期的な「リニューアル」は、値段・味が同じなのに大きさが小さくなっている、というものがあります。
すなわち実はそれを行なっているのではないかと。
知らない間に小さくしたのではないかと。
ひいてはジャムの量、マーガリンの量が変動しているのではないかと。
愛すべき山崎製パンだからこそ、厳しく調べなきゃいけないのではないかと。

 

 

2.カロリーについて考えてみる!

表示されているカロリーは本当なの?

 

ですが、そのカロリー計算がなかなか難しいのが現状なのです。
本来、カロリーとは、食品の材料(成分)を足したものです。
「材料の分量(カロリー)の合計」ということです。
もちろん揚げものならば油もプラスされ、高くなる、というものです。

上記のような計算は、成分の細かなデータ(分量)は手に入れることができないため、不可能なのです。
つまり、「正確な絶対的なカロリー」が導けません。
そして仮に分量が分かったところで、作り方を変えている、つまりダイエットに繋がるカロリーを抑える調理法をしている可能性があることも否めません。

そんなどうにもならない情況の中、導き出した方法が、「体重」に直結する「重さ」を調べてみることが、カロリーを割り出すことになるのではないかという考えです。
すなわち「熱量(カロリー)=重さ」という単純な計算が1番かと。

 

 

3.コンビニエンスストアのプライベートブランドと比べてみる!

ジャム&マーガリンで徹底比較!!

 

しかし、クッキングメーターを用いて、
「はい、この重さでした!」
と言ってみたところで面白みに欠けますし、何よりいまいち、「この結果で本当にカロリーを導き出したと言えるのだろうか?」という懸念が残ると思います。
そもそもステーキ200グラムとキャベツ200グラムのカロリーが違うように、食品そのものでカロリーは変わるのですから。

そこで思いついたのが、コンビニエンスストアのパンと比べてみる、ということです。
つまり、類似品のもの(成分などが同じもの)と比べてみるのが良いのではないかと。

誰もが1度は食べたことがあるであろうこのコッペパンは、実はセブンイレブンでも、『いちごジャム&マーガリン』というプライベートブランドで売り出されています。
またファミリーマートでも『コッペパン イチゴジャム&マーガリン』として販売しています。
もちろんどちらも製造元は山崎製パンであり、すなわち、「オリジナル」に近い商品であり、そしてどれもカロリーが違います。

何が言いたいかと申しますと、このコンビニエンスストア・プライベートブランドと比べてみることにより、

①カロリー表示に信憑性が出る。(「熱量(カロリー)=重さ」が確かなものになる)
②比べてみることにより、誰もが思う、「製造元が同じなんだから、実は同じパンで、袋だけ変えているんじゃないの?」という疑いが晴れる。
③セブンイレブンで購入すると税込み118円、ファミリーマートならば税込み120円、そしてオリジナルはスーパーマーケットなどで安価(90円代)で買える。すなわち、全て同じならば、オリジナルをスーパーマーケットで購入したほうがお得という法則が成り立つ。
④味やカロリーも含め、けっきょくどこで買えばいいか、判断が付く。

と、よっつの利点が出るのです。

ということで、コッペパンの謎を紐解いて行きます!

(注)本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。(2017年6月現在)

 

 

4.ジャム&マーガリン三商品の見た目を比べてみる!

パッケージだけでなく見た目に大きさも違う

 

写真を見て頂ければ一目瞭然ですが、値段が1番高いのにも関わらず、ファミマが「ええーーー」と思うほどに小さいです。
同じ会社(山崎製パン)が作っているとは思えないほどです。
そしてこうしてみると、やはりオリジナルは大きく、
「小さくなった気がするのは気のせいか……」
と思ってしまいます。

とりあえずこの時点で分かることは、ヤマザキオリジナル商品とコンビニ商品は、ただ袋を変えただけではない、ということがはっきりとしました。

一応長さを測ってみたところ、

○コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)税込み95円で購入
 横 約20.5センチ 縦(1番厚い部分) 約7センチ

○いちごジャム&マーガリン(セブンイレブン)税込み118円
 横 約18センチ 縦(1番厚い部分) 約8.5センチ 

○コッペパン いちごジャム&マーガリン(ファミマ)税込み120円
 横 約14.5センチ 縦(1番厚い部分) 約6.5センチ

と見た目通りの結果でした。
横の長さはオリジナルが1番で、縦の長さはセブンイレブンが1番でした。
ファミマはこれでジャムとマーガリンの量が少ないようなら、
「ファミマでジャム&マーガリンの購入はNG」
と思わずにはいられません。

 

 

5.ジャム&マーガリン三商品の原材料を調べてみる!

 

続いて原材料です。
同じ山崎製パンですから全て同じと思われますが、どうでしょう?

○コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)税込み95円で購入
小麦粉 苺ジャム マーガリン 糖類 ショートニング 脱脂粉乳 パン酵母 食塩
発酵風味料 植物油脂 乳化剤 糊料(増粘多糖類 アルギン酸エステル)
酸味料 香料 イーストフード 加工デンプン V.C カロテノイド色素 ★原材料の一部に乳成分・小麦・大豆含む)

○いちごジャム&マーガリン(セブンイレブン)税込み118円
小麦粉 苺ジャム マーガリン 砂糖 パン酵母 乳等を主原料とする食品 発酵乳
食塩 粉末水飴 ショートニング 卵 トレハロース 増粘多糖類 酸味料 酢酸Na 
調味料(アミノ酸)乳化剤 香料 V.C 酸化防止剤(V.E)カロチノイド色素 ★原材料の一部に乳成分・小麦・大豆含む)

○コッペパン いちごジャム&マーガリン(ファミマ)税込み120円
小麦粉 苺ジャム マーガリン 糖類 ショートニング 脱脂粉乳 パン酵母 卵 食塩 発酵風味料 植物油脂 ソルビット 糊料(増粘多糖類 アルギン酸エステル)
乳化剤 酸味料 着色料(紅麹 カロテノイド) 保存料(ソルビン酸K) 
イーストフード 乳酸Ca 加工デンプン 香料 酸化防止剤(V.E) V.C ★原材料の一部に乳成分・卵・小麦・大豆含む) 

以上のようにだいたい同じなのですが、
・オリジナルには「卵」の標記がない
・セブンイレブン商品にだけ入っていて気になるものは、「トレハロース」「粉末水飴」
・ファミマ商品にだけ入っていて気になるものは、「ソルビット」
という結果が導かれました。

◇補足◇
○カロテノイド色素とカロチノイド色素は同じと考えてください。(ネット情報より)
○トレハロース→動植物の細胞内にも存在する天然の糖質です。(添加物)
○ソルビット→グルコースを還元し、アルデヒド基をヒドロキシ基に変換して得られる糖アルコールです。(添加物)
○全くこの手のことに詳しくないため、「実はこれとこれは同じ成分」だったり、あるいは、山崎製パンのほうで表記していない成分があるかもしれません。

 

 

6.ジャム&マーガリン三商品の栄養成分表を比べてみる!

 

次にみっつの商品の「栄養成分表」を比べてみます。

○コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)税込み95円で購入
 栄養成分基準:1包当たり
熱量(kcal) :525
たんぱく質(g):9.3
脂質(g):25.7
炭水化物(g):64.0
ナトリウム(mg):370

○いちごジャム&マーガリン(セブンイレブン)税込み118円
 栄養成分基準:1個当たり
熱量(kcal) :396
たんぱく質(g):6.8
脂質(g):16.6
炭水化物(g):55.0
ナトリウム(mg):358

○コッペパン いちごジャム&マーガリン(ファミマ)税込み120円
 栄養成分基準:1包当たり
熱量(kcal) :406
たんぱく質(g):7.0
脂質(g):19.5
炭水化物(g):50.7
ナトリウム(mg):230

とご覧の通りです。
これだけ見ると、セブンイレブンプライベートブランドが1番カロリーが低く、かつ見た目も決して小さいわけではなく、優秀のように思えます。
少なくとも、
「腹持ちより、値段より、カロリーを気にする!」
という読者は、少々高くともセブンイレブン商品がおすすめとなります。

また、ファミマ商品は、なぜこの数字で406キロカロリーになってしまうのかと、「?」が浮かびました。

そして最後にやはりオリジナルの商品のカロリーが圧倒的に高いなあ、とつくづく思わずにはいられません。

ですが、あくまでもこれは数字の中の世界なので、ここでクッキングメーターの登場です!
三商品の重さ、つまりカロリーに直結すると言っても過言ではない重量を測ってみます。
(中がすかすかだったら、当然軽くなるはずです)

 

 

7.ジャム&マーガリン三商品の重さを測ってみる!

 

クッキングメーターに載せてみたところ(画像参照)、

○コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)税込み95円で購入
138グラム
○いちごジャム&マーガリン(セブンイレブン)税込み118円
123グラム
○コッペパン いちごジャム&マーガリン(ファミマ)税込み120円
111グラム

という結果になりました。
少なくとも見た目通りであり、「中がすかすかで軽い」ということはなかったです。

 

 

8.ジャム&マーガリン三商品の中身を調べてみる!

まさかパンもこんな姿にされるとは思っていなかったであろう笑

 

続いて中身です。
つまりイチゴジャムの量であり、マーガリンの量です。
1口ならまだしも、2口食べてまだ肝心の美味しい部分に当たらない商品は、どんなパンであろうとNGです。
ご覧の通り、開いてみました。

うーん、画像から見ると、ファミリーマートが1番美味しそうな気が。
(左から、オリジナル・セブンイレブン・ファミマ)
(上から、オリジナル・セブンイレブン・ファミマ)
「頑張っています!」という印象を受けますし、ひいては、406キロカロリーという高さにも納得できます。
一方、オリジナルとセブンイレブン商品に関しては、「寂しい」という感が否めません。
1口目でジャムにありつけないというイメージです。

 

 

9.ジャム&マーガリン三商品を食べ比べてみる!

 

男子的には「やっぱりカロリーより味だろ」だと思う方も多いと思うので、食べ比べてみました。
まず断言できることは、イチゴジャムはどれも本当に違います。

甘さで言えば、言い方を変えれば1番ジャムをしているのはダントツで、オリジナルです。
セブンイレブン商品もファミマ商品も酸味が強いです。
これは目隠しをして食べても、そして何度でも当てられるというレベルの違いです。

個人的に美味しさランクを付ければ、
1位 コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)税込み95円で購入
2位 いちごジャム&マーガリン(セブンイレブン)税込み118円
3位 コッペパン いちごジャム&マーガリン(ファミマ)税込み120円
という順番になります。

◇補足◇
・ジャムパンに甘さを求めない人(さっぱり感を求める人)ならば、オリジナルは避けたほうがいいです。
・パンの柔らかさは、ファミマ商品が1番という印象です。
・マーガリンも三商品違います。濃厚さならやはりオリジナル。他2商品は薄い印象です。

 

 

10.結論!(ジャム&マーガリン三商品、どれを選ぶのがいいのか?)

 

以上のデータから考えると、

・がっつり食べたい! とにかく安く抑えたい! 甘さを求めている! →オリジナル
・カロリーを低く抑えたい! 全てにおいてバランス重視! →セブンイレブン
・苺ジャムとマーガリン、パンの柔らかさを口いっぱいに堪能したい! →ファミマ

ということになります。

みなさん、山崎製パンジャム&マーガリンを購入の際にご参考にしてください。

 

 

11.もうひとつの結論!(ジャム&マーガリン山崎製パンのカロリーについて)

地道に計量したので参考にしてください!!

 

当初の問題であった、
『コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)』の525キロカロリーの異常な高さ、そして、「小さくなっているのでは?」という問題について、出来る限り調べてみました。

『グラムのわかる写真館』のデータから考えると、

コッペパン長さ24センチ、重さ104グラムにおいてのカロリーは276キロカロリー。

そして問題の『コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)』は、約20.5センチで、重さは138グラムです。

これから、イチゴジャムの重さを測ってみたところ(画像参照)、
28グラム
そして、マーガリンに関しては、
12グラム
という結果になりました。((注)皿・スプーンの重さを引いた結果)

つまり『コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)』は、
コッペパン 98グラム
イチゴジャム 28グラム
マーガリン 12グラム
ということになります。(合計138グラム)

 

★では予想できる本当のカロリーは?

 

そしてコッペパン同様、『グラムのわかる写真館』を参考にすると、

マーガリン→13グラム 99キロカロリー
イチゴジャム→15グラム 30キロカロリー
となっていました。

パンにこびり付いた、あるいは染み込んだものも考えると、少し多めに見積もり、

『コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)』の“本当のカロリー”
コッペパン 98グラム→ 約270キロカロリー
苺ジャム 28グラム→ 約60キロカロリー
マーガリン 12グラム→ 約110キロカロリー
総カロリー→ 440キロカロリー

が妥当だと思います。
仮に成分的な問題があったとしても、表示の525キロカロリー、つまり予想との誤差、85キロカロリーは、そうそう埋められないと思います。

以上のことから、
『コッペパン ジャム&マーガリン(オリジナル)』は525キロカロリーもない。転じて、やはり昔と比べ、小さくなっている、あるいはジャムやマーガリンの量が減っている。
という考えに行き着きました。
(まあ、イチゴジャムが1番甘いので、糖分を多く使っている、すなわちこれでカロリーが高くなる、ということも考えられますが。うーん)

あくまでも参考程度に。

 

『ヤマザキコッペパン(ジャム&マーガリン)』のカロリーについて真剣に検証してみた!

  • 1. コッペパン ジャム&マーガリンは、それぞれに良さがあった!
  • 2. 好みに合わせて美味しさを堪能しよう!
  • 3. オリジナルのカロリーは、良くも悪くも少々疑問が残る結果となった!

ライター後記

菓子パン全般に言えることですが、柔らかく食べやすいため、ふたつ、みっつとぱくぱくと食べてしまいがちですよね。だからこそカロリーには気を付けましょう。そしてカロリーを気にしすぎるあまり、栄養が偏った生活を送らないように気を付けましょう。健康が第一です。

 

nokotta

コッペパンばかり食べていたら、知人に、「コッペパンを見ると思い出す」と言われたので、このネタを考えました。

読書が趣味。休日は喫茶店をはしごしながら本を読みまくります。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (5)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事