更新

帽子を被ると薄毛になる(ハゲる)のは嘘?本当?【薄毛芸人のマストアイテム】

言い伝えられる「帽子とハゲ」。そもそもなぜ、帽子とハゲがつながったのか…!?
あんまり「ハゲる」って言われると被りたくない様な、でも熱中症対策やオシャレにもマストなアイテム。その“帽子を被るとハゲる”は、嘘?それとも本当なのか…今回は『帽子とハゲ』の関係について、解明しちゃいます!!

帽子を被ると薄毛になる(ハゲる)のは嘘?本当?【薄毛芸人のマストアイテム】

1. 昔から言われている噂『帽子を被りすぎるとハゲる』の真相

そもそもいつ頃から言われ始めたのか?

 

いつから言われ始めたのか…「帽子を被りすぎるとハゲる」と言う噂。ずいぶん昔から言われている様ですが、その真相は!?

 

【『帽子を被りすぎるとハゲる』と言われ始めたワケ】

 


①戦時中のヘルメットや帽子が関係!?

戦時中の兵士さん達は身を守るために常に分厚いヘルメットを被り、軍服の帽子も着用していました。
当然、毎日洗えるわけもなく、その時代に育毛剤や頭皮ケアグッズがあったワケではなく…そんな頭皮の状態を考えると、薄毛になっていっても仕方のないような状態ですよね。
ですから“帽子を被りすぎるとハゲる”と言う考えが、その世代の方達から伝わり続けたとも言われています。


②帽子を被っている人に、ハゲが多かった!?

今はオシャレアイテムとして使用される帽子ですが、まだオシャレアイテムでもなかった頃…「ハゲを帽子で隠している!」なんて時代もあった様です。誰だって、薄毛は隠したいモノ。
ですがこれがきっかけで、『帽子を被った人にハゲが多い=帽子を被りすぎるとハゲになる』と言う噂につながったと言う説もあります。


他にも、『工事現場など仕事柄でヘルメットや帽子を常に被っている人にハゲが多い!』なんて言う説もありました。

色々ある様ですが、これが噂の根元です!と言う確固たるモノがなく…今となっては、都市伝説みたいなモノですよね。

 

2. 実際に“帽子が原因”でハゲるのか!?

薄毛と帽子の因果関係とは?

 

どうしていつまでも「帽子はハゲの原因」と言われ続けているのか?
それは、帽子とハゲが全く無関係ではないからなんです。実は「帽子を被るとハゲる」ではなくて、『帽子の被り方が薄毛』に関係あったんです!

 

【帽子の被り方で“ハゲる”原因】

 



▼頭皮が蒸れて細菌繁殖の原因に

長時間帽子を被りっぱなしだと、蒸れて頭皮に細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
これは皮脂と雑菌が毛穴を塞いでしまい、毛根にもダメージとなってしまいます。皮膚も炎症を起こしてしまいますし、髪が生えにくい環境となってしまうんですね。


▼血行不良

締め付けのキツイ帽子を被っていると血行が悪くなり、頭皮に十分な栄養が届かなくなってしまう可能性があります。


▼髪への摩擦

サイズ感のキツイ帽子や、帽子を何度も被ったり脱いだりして「髪がこすれてしまう」と言うのも原因の1つと言われています。
髪や頭皮が帽子で擦れてしまい、負担となっている可能性があります。

以上の3つが、よく言われている理由になります。
確かに3つとも、頭皮に良くないイメージですが…
どれも「薄毛の原因になる根拠」としては、確実なものではないそう。
そもそも、ハゲになってしまう原因は、


・AGA(男性型脱毛症)

・遺伝

・生活習慣

・食生活

・ストレス

この5つが主な原因と考えられています。ですから、確かに蒸れやキツイ帽子での血行不良なんかは頭皮トラブルを起こしかねませんが…帽子を被っている事がハゲる原因とは、考えにくいと言う事なんです。

逆に、帽子は上手く活用すれば『頭皮トラブルや薄毛対策』にベストなアイテムとなります!

【帽子でハゲ予防!?帽子を被る時のポイント】

 

○汗をかいたら、こまめに拭く

○室内や日陰では出来るだけ帽子を脱ぎ、蒸れ対策を!

○帽子も清潔を心がける(風通しの良い所に保管したり、定期的に洗濯する)

○長時間帽子を被った日は、頭皮ケアも忘れずに!

○夏場は、通気性が良く紫外線対策もしっかり出来る帽子を選ぶ(麦わら帽子はどちらも兼ね備えていて◎)

○冬場は保温・保湿性のある帽子で頭皮の乾燥を防ぐ(ウールやニット素材がオススメ)


以上のポイントをふまえつつ…堂々と帽子を被っちゃって下さい!
そうすれば帽子はハゲの原因や天敵ではなくて、味方となってくれます☆

※因みに、蒸れはハゲの直接の原因ではありませんが『脂漏性湿疹』となってしまった場合はまた別。夏場の暑い時期は特に仕事柄などで長時間ヘルメットを被っていると、かなり頭皮も蒸れやすく雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。そうすると“脂漏性湿疹”となり、毛穴が炎症を起こしてしまいます。
脂漏性湿疹は脱毛の一因となってしまうため、こまめに汗を拭いたり少しでもはずしたりと蒸れ対策&頭皮ケアをしっかり行って下さいね!

 

3.紫外線はハゲの天敵!?紫外線から頭皮を守る!

麦わら帽子が超優秀なアイテムなのを知っていますか?

 

帽子を被る最大のメリットは、“紫外線対策!”と言っても過言ではないかもしれません!
なぜなら『紫外線は薄毛(ハゲ)の天敵!』とも言われているからなんです。春先から夏にかけて、露出部分は紫外線対策もバッチリ!と言う人も多いかもしれませんが…頭はどうですか!?

実際、何もしない頭は顔の約2倍紫外線を浴びてしまっていると言われています。
そして、日焼けは皮膚に様々なダメージをあたえてしまいます。

・皮膚を硬くする

・皮脂を酸化させ、過剰分泌させたり炎症の原因にもなる

など、これらはまさに薄毛の原因ともなってしまうんです。女性は、日傘やヘア用の日焼け止めスプレーなど紫外線対策をしている方も多いですが…男性は、そこまで気を使っている人はまだまだ少ないんじゃないでしょうか?
ハゲてしまう原因はもちろん紫外線だけではありませんが、無防備な頭に顔の2倍も紫外線を浴び続けていたら…頭皮も大ダメージ!知らず知らずのうちに薄毛に近付いていってしまいます!!

紫外線を無防備に浴び続けていると

▼頭皮が乾燥してつっぱり、毛穴が塞がって発毛できなくる。

▼髪を紫外線から守ってくれる髪のキューティクルが剥がれ落ち、髪が傷んでしまう。(傷んだ髪の毛はシャンプーの時に抜けやすくなってしまいます。)

など、どちらも『薄毛の原因』となってしまいます。ですから『通気性のいい、自分にあったサイズの帽子』で、しっかり紫外線対策をすることが髪を守るのにベストな方法なんですよ。蒸れより何より、ハゲる事を気にするなら“紫外線対策”!!です。
汗はこまめに拭けばいいですし、帽子のサイズは自分で選べますよね。蒸れた日はしっかりシャンプーなどで頭皮を清潔にすれば大丈夫ですが、無防備に浴びてしまった紫外線はどうするコトも出来ませんよ。
「まだ俺の髪は大丈夫!」と呑気にかまえている人も、薄毛が気になり出した人も、自分に合ったオシャレな帽子で未来の髪を守ってあげて下さいね♪

 

 

帽子を被るとハゲるのは嘘?それとも本当!?

  • 1. 昔から言われている噂『帽子を被りすぎるとハゲる』は嘘
  • 2. 実際には“帽子の被り方が原因”でハゲる
  • 3. 紫外線はハゲの天敵!?紫外線から頭皮を守ることが未来の髪を守る!!

ライター後記

蒸れや血行不良は確かに頭皮トラブルの元ですが、直接のハゲてしまう原因ではなかった様ですね。それを気にして帽子を被らなかったとしたら、何より怖い紫外線をガンガン浴びてしまっていた事になります。他の原因を除くとすれば、一番身近で誰もがハゲてしまう可能性があるのが“紫外線”。
男性は、日傘をさすのも抵抗があるでしょうし日焼け対策は女性に比べて無関心!と言う方も多いハズ。帽子も実は持ってない!なんて方も多いのでは!?今はオシャレで、機能性もバッチリな帽子が沢山あります。カールおじさんのイメージしかなかった麦わら帽子さえ、デザインも豊富でお洒落に決められます!
今ある髪を大切にしたいなら、帽子はまさにマストアイテムなのです。

 

3leaf

帽子はハゲの天敵!じゃなくて、味方!!髪を守りたいなら、自分に合った帽子を探しに今すぐGO☆

3姉妹のママです。子育ての傍ら、スマホ片手にお仕事(主にライティング)させて頂いてます。美魔女ならではの知識で、美容に迷える男性たちを目覚めさせます(笑)

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (2)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事