更新

なぜ残業してしまうのか?プレミアムフライデーが大失敗した理由から考察

あなたは1日にどのくらい残業していますか?たくさん残業すれば残業代がつく企業ならまだまし!?な反面、身体的・精神的にきつい部分も出てきますよね。ほんの少し…2、3時間しているという方は「残業している理由」を考えたことはあるでしょうか。毎日の働き方を見直して「仕事が終わらない原因」を探れば、アナタの無駄な残業を減らせるかもしれません!

なぜ残業してしまうのか?プレミアムフライデーが大失敗した理由から考察

1. 残業がプレミアムフライデーを失敗させた!

労働時間を短縮することは今の社会のルールには不適合

 

今年の2月末の金曜日。15時退社を促す「プレミアムフライデー」がスタートしました。
ロゴマーク使用申請企業・団体数が5000件を突破した報告や、各企業が実施するサービスが紹介され、順調な滑り出しかに思われたものの、実際にスタートしていたのは大手企業のごくごくわずか…。

イベントを行えば景気回復。早い退社時間でワークライフバランスを整える。

そもそもそんなふたつはしっかりと議論されたものだったのでしょうか?

月末の金曜日といえば、中小企業なら資金繰りや支払いに経営者が奔走。営業マンはノルマの追い込みなどまさに猫の手も借りたい追い込み期のはず。

どんな大手企業だろうと労働時間の短縮は必ずしわ寄せがあらわれますよね。
別の日に長時間労働をする羽目になるというケースも少なくないと予測できるものですが…。
働き方改革を実現するために残業規制を強化するなら、企業の負担が大きくなるので減税などで対処するなど、もっともっと考えなくてはならないかと思います。
しかしながら金曜に固執したバブル時代の「花金」の名残を惜しむかのような目に見えた失敗する制度をスタートさせたお役人たちにそんなことを望むのは難しいのかもしれません…。

つまりは自らで働き方を変えていかなくてはならないのです!!

 

◆残業によって起きる悪影響とは?

 

◆睡眠不足に陥る

残業で帰りが遅くなると、当然睡眠時間も削られてしまいますよね。そのまま寝不足の状態で出勤、という事になると集中力も下がってしまい仕事の効率も悪くなります。その結果、「寝不足→仕事の効率低下→残業→寝不足」という悪循環が生まれる原因となる訳です。

◆プライベートの時間が減る

毎日残業で遅くまで働いて、休日は寝るだけ…。なんて生活を送ってはいませんか?プライベートの時間が取れないほど働いてしまうと、心を休める暇も無いため精神的に追い詰められる危険があります。健康的に働くためには、リフレッシュする時間を大切にすることが必要です。

◆「過労」の危険がある

自分では「大丈夫」だと思っていても、残業が続けば肉体に疲労が溜まります。病気にかかったり倒れてしまったりしてから気づくケースも多く、最悪「過労死」にまで至ることもあります。事前に防ぐためにはやはり無理な残業時間を減らすことが大切です。

 

2. あなたが残業している原因とは?

残業スパイラルから抜け出す一歩目に必要な物は?

 

残業がさらなる残業を生み出すのです。
残業スパイラルを抜け出すには、自身のスキルアップも大事ですが、今のなぜこうなっているのかという状況を理解していなければ変わることはありません。

 

▼1人で抱えきれない仕事量

 

最初から、定時で終わるはずもない仕事量を抱えてしまってはいませんか?部署全体で仕事量が多いケースと、配分バランスが悪く1人に業務が集中してしまっているケースの2つがあります。前者の場合は、職場単位で業務の見直しを図ることが必要です。後者の場合は、仕事の配分を見直す必要があります。

▼残業を断れない

 

残業は断れないものだと思ってはいませんか?無理に仕事をして身体を壊してしまったら、結局何倍もの時間を無駄にすることになりますよね。どうしても残業を減らない場合、身体的に少しでもきついと感じたら1回断ってみましょう。自分の身体は自分で守らないといけないのです。

▼「残業代が貰える」という甘え

 

給料が増えるのは誰だって嬉しいものですが、「残業代貰えるし、まあいいか。」という気持ちでダラダラと仕事が長引くと、急に業務が増えた場合に対応できません。時間単位で「どこまで業務を進めるか」を決めて効率良く仕事することが大切です。

 

3. 今日から残業をやめるために始めるべきこと

自分にとってのワークライフバランスを考えてみて!!

 

①仕事の効率化

 

この業務はすぐやるべき仕事なのか、後に回しても支障は無いのかを見極めて「本当にやるべき仕事」から手をつけていきましょう。1つの業務に時間がかかる場合、もっと作業を簡単にすることはできないのかを見直す必要もあります。残業を減らすには、いかに時間を有効に使えるかが勝負ですね。

②仕事の配分を見直す

 

自分の抱える仕事が「定時で終わりそうにない」と判断したら、他の人に業務を任せることも必要となってきます。お互いの業務量を把握しつつ、適性のある人間に仕事を割り振ることが出来れば、その分業務を早く終わらせることができます。「部署全体で仕事を終わらせる」という共通認識が大切ですね。

③「お金より健康が大事」という心掛け

 

働くうえで1番大切なのは「健康」です。心も身体も元気でいるためには、余暇を楽しむこと、しっかり休息を取ることが大切。家でスキルアップのための勉強をすることもいいですね。時間は自分の財産です。仕事だけに捕らわれず、大切に使っていきましょう。ワークライフバランスを考えて生きる人になってくださいね!

 

時短で余暇時間を増やす!おすすめアイテム

ヘアワックス次第でスタイリング時間を短縮せよ!!


 

ナンバースリー デューサー

¥699(税込)

スタイリング剤にはとことんこだわりを!さらに時短を目指すメンズはタオルドライやドライヤー方法にまで工夫をすると◎

 

 

なぜ残業しているのか?プレミアムフライデーが大失敗した理由から考察

  • 1. 残業によって「過労死」の危険も
  • 2. 残業に至ってしまう原因を探ろう
  • 3. 残業を減らすために業務の見直しを!

ライター後記

残業続きの状況に慣れてしまうと、「残業が当たり前」という風潮の職場になってしまいます。1人でその状況を変えることは難しいので、職場全体で業務の見直しを図れるようにチームワーク、コミュニケーションを大切にしましょう!

 

うみ子(男)

残業が多い職場は業務の見直し必須!

美容法・健康法を探し求めるネットサーファー兼フリーター兼ライターです。 悩める全ての美容男子に届きますように。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (1)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事