更新

青春アミーゴから12年! 亀と山Pから学ぶ背中越しのチャンスを逃さないネクタイの選び方

 

熱い亀とクールな山P

前回、スーツにノータイもOK!と書きましたが、そうなるとこの連載で書くことがなくなってしまうので、もう一度ネクタイの話しに戻ります。

今日はネクタイの種類について。でも、ただネクタイの種類をご紹介しても退屈でしょうから、女性に人気のアイドルに学んでみたいと思います。

じゃ~~ん!いまドラマ「ボク、運命の人です。」に出演している亀と山P!!この素敵すぎるお二人が歌う主題歌「背中越しのチャンス」のPVで来ているスーツ姿。惚れ惚れしますねぇ。ここでお2人がしているネクタイに注目!これが今日ご紹介する「レジメンタルタイ」というネクタイの種類です。

レジメンタルタイの「レジメンタル」とは「連隊に属する」ということを意味し、自分が所属している連隊を認識させるために、その連隊の軍旗に使用されていたストライプ柄をネクタイに取り入れたことが起源と言われているんですねぇ。それがその後、学校や団体へと普及していきました。

なので、日本では問題ないのですが、実はヨーロッパにおいてはビジネスシーンでレジメンタルタイの着用は避けた方が良いみたいです。どこに所属しているのかなど、あらぬ誤解を生まないようにするためだとか。

 

熱い亀とクールな山P

さてさて、話しは亀と山Pに戻りますが、亀は赤っぽいストライプ、山Pは青っぽいストライプ。 赤は「情熱」、「やる気」や「積極性」などを連想させます。「ボク、運命の人です。」で、運命の人を信じる真っ直ぐな正木役にもピッタリかもしれませんね。対して山Pの青系は、「冷静」な印象で、こちらも「神」を名乗る不思議な役に近いかもしれません。皆さんも、相手に与えたい印象によってストライプの色を上手に使い分け、チャンスを逃さないようにしてくださいね。赤や青意外の色については、また別の機会に。

 

プチうんちく アメリカ式とイギリス式

ちなみに、小ネタですが、右下がりのストライプはアメリカ式、左下がりのストライプはイギリス式だとか。

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (3)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事