更新

タバコよりもはるかに害あり!水タバコに規制広がる!

数年前から、若者を中心にジワジワ人気が出てきた『水タバコ』。水を通すため、紙巻きタバコよりも害が少ない!なんて言われてきましたが…そんな水タバコに、とうとうメスが!?中東料理店やシーシャバーまである中、とうとう水タバコの規制が広がってきたんです。でも、どうして今?そもそも、水タバコって!?そんな何となくしか知らない『水タバコ』について、今回はご紹介していきます。

水タバコの規制広がる!?タバコよりもはるかに危険だった!

1.知ってる様で知らない!“水タバコ”とは?

お洒落なBarなんかにも置かれていたりする水タバコ

 

見た目がちょっとお洒落!?な水タバコですが、中東の人達が吸っているイメージでまだ日本ではあまり見かけませんよね?まだまだ謎も多い水タバコですが、歴史は意外と浅く呼び方も国によって様々なんです。

 

◇水タバコの歴史

 

起源は諸説ある様ですが、約400年前のインドで発祥したモノと考えられています。そして、ココナッツの実に竹の棒をさしたものが原型と言われています。その後アラブ地域に伝わり、現在使われているガラス細工や陶磁器の水タバコがエジプトで誕生したそうです。

◇国によって呼び方が違う!?

 

よく聞くのが「シーシャ」で、これはエジプトや中東での呼び方です。これはペルシア語で“ガラス”を意味する?シーシェ?が語源だと考えられている様です。アメリカでは「フーカー」でアラビア語のフッカ“(小さめの)箱、容器”のこと。
トルコでは「ナルギーレ」と呼ばれています。
このように呼び方は様々ですが、基本的な構造は同じ。
「専用の香り付けがされたタバコ葉に炭を載せて熱し、出た煙をガラス瓶等の容器の中の水を通して吸う」のが、水タバコの基本です。容器は小さい物だと高さ30㎝程で、60㎝~80㎝位の大きさが一般的。ですが、大きい物だと1mを超える物まであります。
そしてフレーバーもフルーツや花・スパイス・コーヒー等、たくさんの種類があります。1度の燃焼時間が約1時間と長く、紙巻きタバコと違ってサイズも決してもコンパクトとは言いにくく…紙巻きタバコが普及している地域では、あまり浸透していません。
ですが煙が水を通る間に少し冷却される事もあり、日中の気温が高いインドや中東辺りでは人気がある様です。また、イスラム教の戒律でアルコールの摂取が禁止されている事も中東で水タバコが流行したきっかけの1つみたいですね。

そんな水タバコは、どんな仕組みか?と言うと…下にあるボトル(容器)に水を入れ、上部に炭とフレーバーを入れて燃やします。そして、ホースの先にある吸い口を吸うと煙がホースを通って出てくると言う仕組みになっています。色々なフレーバーを楽しめて、お洒落な感じはしますが…専用器具や準備は中々大変なんです。

 

2.タバコと水タバコの違いは?

全くの別物ですがしっかり解説します!!

 

見た目からして、かなり違いはありますが言ってみれば同じタバコ!?それぞれの特徴や違いについて、ご紹介していきます。

 

①準備する物が違う!

 

紙巻きタバコ→言わずもがな、『タバコ・ライター・灰皿』のみです。
水タバコ→水タバコは本体からタバコ葉等、吸う前に道具を揃えないといけません。


(1)本体…ボトル・ボディ・ホースの3つで構成されています。ボトルは陶器や金属等あり、ホースも1つの物や複数ついている物もあります。

(2)タバコの葉っぱ…水タバコで使うタバコ葉は、タバコに蜜や香料・フレーバーを加えた物が使われます。

(3)チャコール(炭)…タバコの葉を熱して煙を発生させるのに使います。水タバコ用以外の炭でも使えますが、フレーバーを楽しめなかったりする事もある様なので水タバコ用が無難。

(4)アルミホイル(チャコールスクリーン)…水タバコの上部にあるタバコ葉を入れるお皿に被せて使います。

(5)トング…水タバコの上部にあるタバコ葉を入れるお皿に、炭を乗せる時に使います。吸っている間も火力が強かったら炭を除けたり、炭化していないタバコ葉の部分に炭を移動させる時にも使います。道具の準備やお手入れも、ちょっと大変です!

②吸い方が違う!

 

◆紙巻きタバコ→タバコにライターで火をつけるだけ
◆水タバコ→吸う前にかなりな準備が必要です

(1)チャコールに火をおこす…トングでチャコールを挟み、ターボライター等の火力の強い物で着火します。

(2)火種を確かめる…上部から息を吹き込み、火種を確かめます。この時、火力が弱いとタバコに熱が伝わりません。

(3)ボトルに水を注ぐ…ボトルに水を注いで、金属管をセットします。

(4)フレーバーを用意…クレイトップにフレーバーをのせます。フレーバーはよくほぐしてから、フワフワにのせましょう。

(5)クレイトップにアルミホイルを張る…フレーバーをのせたクレイトップに、アルミホイルを密封する様に張ります。そして、画ビョウ等で細かい穴を開けます。

(6)マウスピースとクレイトップを装着…ホースの先端にプラスチック・マウスピースを装着します。そして、クレイトップをセットして炭を乗せます。何人かで吸う場合は、マウスピースは各自用意するように!

また、次の人にホースを渡す時は、自分のマウスピースは外して次の人にホースを渡します。以上で、準備は完成!あとは、ブクブクゆっくりと吸い込んでフレーバーを楽しむだけ。

③喫煙時間が違う!?

 

◆紙巻きタバコ→1本5分前後
◆タバコ→1時間近く吸い続けられる

他にも、水タバコには果物やハーブなどフレーバーがたくさんあり非喫煙者でも楽しみやすいと言う意見もあります。
ですが、タバコ事態は身体に害があることは周知の事実。
水タバコはタバコよりも、安全!と言われていましたが各国の研究も進み、その危険性は『1回の水タバコは100本のタバコに相当する』さらには『受動喫煙』の可能性まで指摘される様にもなりました。

 

3.水タバコに規制が入ったワケとは?

流行らせたいがためにデータを隠ぺいしていたのか!?

 

世界では“水タバコの規制”が拡がっています。
どうして今更?と思う方もいるかもしれませんが、健康推進国のタイでは既に水タバコは強く規制されていて、あまり目にする機会もあまりないそう。
さらにフィリピンでは麻薬摘発を強化していて、水タバコに“麻薬類似成分”が含まれている場合は当然ですが逮捕の対象になります。

先ほども述べましたが、紙巻きタバコに比べて“水フィルターを通すため有害成分は水に溶けて、悪影響は少ない”とされていた水タバコですが…今では水タバコは紙巻きタバコの100倍危険!とも、言われ180度変わりました。

1本のタバコを吸うのに5分前後で10回程度煙を吸うのに対し、水タバコは個人差がありますが20~80分で50~200回も煙を吸う事になります。また、1回の吸引量で体内に発生する一酸化炭素の量は“タバコ1本分で発生する4~5倍”にもなるのです。
また紙巻きタバコとは違った有害物質も報告されていて、“水タバコには糖蜜やフルーツペーストで固めた炭”を燃やすため水タバコ特有の有害物質が出てくるとされています。1回のセッションで吸引されるニコチンやタール、一酸化炭素の量においても水タバコの方がはるかに多いとされる報告が次々とあがりました。水タバコを吸った後にクラクラする…と言う体験をした方は、一酸化炭素中毒の可能性が高いんです!

この様に、今まで“水を通すため紙巻きよりも害が少ない”とされていた考えが、覆される研究結果が次々とあがっていったんですね。
水を通して除去される重金属の量も、わずか3%だそう。害が少ないとされ続けていた物が覆り、分煙も進んできた中で『水タバコ』にもようやく目が向けられるカタチになったのです。

 

▼IQOSも本当に信じて良いものなのか?

 

電子タバコブームから日本では爆発的なIQOS(アイコス)ブームと今なお続いていますが…

水タバコのように、タバコより安心を謳っている点から拭えない不信感はありますよね…。
例えタールが無いから、例えニコチンが入っていない電子タバコだから害は無くならないのです。
何も吸わない人から見れば、電子タバコだろうがアイコスだろうがその瞬間から健康被害をうけるリスクを吸っているのと同じ。

出来ることならこの機会に依存から離れるのも手ですよ!!

 

タバコよりもはるかに害あり!水タバコに規制広がる!

  • 1. タバコと水タバコの違いを知ろう!
  • 2. タバコより水タバコの方が100倍も危険だった!!
  • 3. IQOSも害があることをきちんと認識して!

ライター後記

日本でもジ定着しつつある水タバコにとうとう規制が入ってきそうですね。各国の研究発表での水タバコの有害性や、日本で言えば東京オリンピックも考えて?と言うトコロでしょう。ですが、受動喫煙の懸念もあるので規制が広がるのも致し方ないかもしれません。いっそこの機会に禁煙もひとつですよ!
「1箱1000円でもやめない」なんてどんなに強がっても、のちのち健康を取り戻す為に多額のお金を要するリスクを考えればやめるべきです。
禁煙外来に通うのもそんなに費用もかかりませんし、離煙パイプもオススメですよ!!

 

3leaf

タバコを吸わない人には有難い!?喫煙者にはやっぱり世知辛い世の中…

3姉妹のママライターです。子育ての傍ら、スマホ片手にライティングさせて頂いております。美魔女ならではの知識で、美容に迷える男性たちを目覚めさせます(笑)

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (5)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事