更新

それ、五月病じゃないかも! 男性にも更年期はある⁉

 

 

 一般的には、「更年期障害」は女性特有のものと思われがち。更年期(だいたい45~55歳)に女性ホルモンの「エストロゲン」が急激に減少することで自律神経のバランスが乱れて、のぼせやほてり、疲労感、イライラなど心身に様々な起こるわけですが、実は男性にも更年期障害はあるのです。医学的には「LOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)」といい、男性ホルモンが減少することで、めまい、耳鳴り、疲労感、関節痛、イライラ、不安感、集中力の低下、不眠、性欲低下など、ココロとカラダに女性の更年期症状と同じような様々な不調があらわれます。

女性の場合は、「閉経」という大きな区切りがあり、しかも見通しが立ちます。更年期というトンネルには必ず出口があり、トンネルを抜けると女性ホルモンは少なくなり、男性ホルモンが優位になるので、むしろ以前よりはつらつと元気になることも。

 一方、男性の場合は、比較的穏やかに男性ホルモンが減少するので、スタートの区切りがなく、病気になるタイミングがわかりにくいのです。見通しがたたず、いわば出口のわからないトンネルをさまようようなもの。女性の場合は何か心配事や不安なことがあると、早いうちから親しい友人や姉妹に相談したり医療機関を受診したりして、周囲のサポートを得られやすい環境にありますが、男性の場合は、悩みをひとりで抱え込み、限界になるまで医療機関を受診しないなどで、適切なサポートが受けられないことも少なくありません。また、身体面よりも、やる気がなくなるなど精神面に症状が出やすい傾向があるのですが、本人には自覚が少なく、「最近、楽しんでいた趣味をおっくうがるようになっ た」「仕事のミスが増えた」「些細なことで周囲に当たり散らす」などで周囲や家族が気づくことが多いのです。

 男性ホルモンが低いと、うつになりやすいというデータも。40代以降の人生の充実した時期に、不調があらわれたら要注意。多忙や歳のせいと放置せず、LOH症候群の治療に取り組んでいる泌尿器科や専門外来を早めに受診しましょう。

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (0)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事