更新

効率的幸福のススメ(not 宗教)

 

 

つきつめて考えると、 人が求めているのは幸福なのかな、と思うのは、 ぼくこそがそれを求めているからなのでしょうか。

けれど、人が求めるものが、 お金を稼ぐ、社会的に認められる、 故郷に錦を飾る、親を喜ばせる、モテる、 などとその形や現象がそれぞれだとしても、 何をもたらすべくそれを叶えようとしているかというと、 もしかすると、みな「幸福を感じるため」なのではないかと思うのです。

そのような仮定のもとに話をすすめますと、 効率的に生きるためにまずすることは、 自分にとっての幸福が何かを知ること。 それに尽きるのでは? と思います。

テレビや雑誌や親や友だちや偉人やSiriやら、 ”幸福とは何か”の答えをくれる存在は無数にありますが、 その答えはどのような場合も回答者のそれでしかなく、 宇宙にただひとつの「私」の答えを知りたくば、 自分に問いかけるしかないのかもしれません。

たとえどれほど忙しい日々にも、 トイレやお風呂や通勤電車のひとときなど、 ひとりきりになれる瞬間はきっとあるかと思います。

そんな時に「私は何を求めているのだろう?」「私の幸せっていったい?」 などと自らに尋ねれば、ふとした瞬間にその答えと出会えるように思います。 (というか、QがないところにAはないわけで)

それが、それこそが手軽にしてパワフルなツール、自問自答! (知ってますね) 自問自答について話し出したら止まらないほどの 自問自答好き男子なので、またその話しは書かせていただくとして、 だまされたと思って一度、自問自答をお試しいただけましたらこれ幸い。

ちなみにぼくは、どうやら 「好きな時間に寝られて好きな時間に起きられること」にものすごく幸福感をおぼえる人のようです。 食欲、性欲、睡眠欲を人間の三大欲求などと言うことがありますが、 もう圧倒的、開票率1%で当選的圧勝感で、わたしは睡眠欲!! なのであります。

以上、中年のオレオレトークにお付き合いくださり誠にありがとうございました。
ニュー男子 拝

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (4)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事