更新

日本列島沈没!?北朝鮮〝金正恩〟が強気な理由は○○だった!

なおも緊迫が続く北朝鮮情勢ですが、21日夜に韓国との窓口になっているアジア太平洋平和委員会の報道官声明を発表。「水爆に弾道ミサイルまで、すべてを持つ我が国は、アメリカのいかなる挑発にも対応する準備がある」と挑発的な声明を放送した。

日本列島沈没!?北朝鮮〝金正恩〟が強気な理由は○○だった!

1.日本列島沈没させる!?過激な声明を北朝鮮が発表

映画のタイトル!?と思うくらいの過激な発言をする北朝鮮

 

4月21日夜、韓国との窓口になっているアジア太平洋平和委員会の報道官声明を発表。
「水爆から大陸間弾道ミサイルまで、すべてを持つわれわれは、アメリカのいかなる挑発にも対応する準備がある」と対決姿勢を強調。
さらには「南が灰となり、日本列島が沈没、アメリカ本土に核が降り注いだとしても後悔してはならない」と挑発的な発言も。
これらは北朝鮮に対する制裁を強める日米と、軍事合同演習を行う韓国への脅しととれる強気な内容だった。

 

今月末まで続く米韓軍事合同演習へのけん制か?

 

3/1より今月の末まで行われる米韓による2ヶ月の軍事合同演習。北朝鮮が核やミサイル能力の精度を高めている実情を受けて、過去最大規模の兵力で行われている。
この合同演習の前から予測されていた通り、ミサイル発射実験でけん制。さらには核実験再開する不穏な動きもあると見られている…。

緊張感が高まるなか、日本はGWへと突入している場合なのか?

 

2.どこまでも強気な金正恩の自信は「○○」にあり!?

核と核の戦争は無いと言い切る金正恩だが…

 

偉大な父である将軍様〝金正日〟の威を借りる形だった総書記就任当初は、国民からの反応は冷ややかだった。
それは「ぶくぶく太っていく容姿」と儒教で年上を敬う文化において「年上を引き連れて偉そうに歩く姿」にあったと言われている。

しかしそんな中、約6年の間で大きく自信に満ち溢れている姿に。
真相はいまだ定かではないが、兄である金正男殺害示唆…さらには軍事力拡大、核実験再開させるなどさらに独裁色を強めている。

 

金正恩の自信の裏付けは「覇気ヘアー」にあった!?

 

なぜそこまでも強気でいられるのか?

彼のメンタルの強さ、そして行動力をふと顧みてみると、ある結論にいきついた。
それはあの「髪型」にあると…。

その名もすごい!「覇気ヘアー」というのを知っていましたか?

罰ゲーム級のヘアスタイルで、日本人の多くはパイナップルだと思っているはず。
そんな辱めのような髪型ですが、北朝鮮では爆発的なブームになっているのだとか。
それもそのはず、正恩が強制させているのだから当然といえば当然ですが…。


ちなみに別名「黒電話」とも呼ばれているそう。さらに北朝鮮には髪型が10種類程度しか存在していないらしいです…(笑)。

大事なことだからもう一度。髪型は自信を与える!

 

薄毛の男性はどこか卑屈になり、人の目線に怯えがち。
逆に、人から笑われるくらい攻めた!?髪型はもはや怖いものなしの自信に満ち溢れるのかもしれません。
それは金正恩、トランプ米大統領の共通点なのだから。。。

 

3.今年の夏…自分の「覇気ヘアー」を探そう!!

トレンドだけを追うのではなくオンリーワンな道を探すのも手

 

今年の夏は流行のスタイルで雰囲気イケメンになるもよし。
そしてそれなりのナンパ成功率で「今年の夏は楽しかった」と思えればいい人にはオススメします。
しかし、自分史上最高の夏を過ごしたいあなたには「覇気ヘアー」しか選択肢がありません。
将軍様の喜び組を解散させ新喜び組を結成させた実績もあるのです。
信じるも信じないもあなた次第ですが(笑)。

 

もしや「覇気ヘアー」に無意識で寄っている疑惑

出典:eautynavi

 

人気のスタイルを見てみると、メンズは相変わらずのツーブロックにサイドバックの刈上げが上位独占。女子受けが悪いと言われ続けてもなおこの人気に驚き!

「いや…ちょっと…」ゴシゴシ…
これ覇気ヘアーっぽい!!!!!

この夏、ついに覇気ヘアーブームが日本にも来てしまうのでしょうか?

 

日本列島沈没!?北朝鮮〝金正恩〟が強気な理由は○○だった!

  • 1. 北朝鮮が日米韓をけん制する声明を発表
  • 2. 強気な北朝鮮、金正恩の自信の源はあの髪型!?
  • 3. この夏、日本にも「覇気ヘアー」ブームが来てしまうのか?

 

KING ZAKIYAMA

それでもパイナップルだけは本当に無理…(笑)

小学生の時、HOT DOG PRESSから「モテる=男性の美」に目覚め、現在ではファッション誌からコスメ誌まで全般読み漁っている雑誌&美容ヲタク。美を極めると最終的に「中世的なおばちゃん顔」になるという持論を唱えている。

RELATED POSTS / 関連記事