更新

神とかクズとか

 

 

流行り言葉を使うのって楽しいなと思ったりします。

マジ神! とか、 あいつクズ(糞)すぎ! だとかを使うと、 なんとなくその場が盛り上がる感じがあるし、 流行しているわけだから コンセンサスというのでしょうか。 わかる~、みたいな共通認識が作られやすい気もして。 (あの番組面白かったよね! ってなことさえも一言で伝わることも)

流行言葉には、 その言葉自体に面白いニュアンスや時代の空気のようなものなど、 なにかしらのプラスαが宿っていて、 勢いがあるのかもしれませんよね。

などと考えてみると、 一言で伝わり盛り上がる流行りの言葉を使うことは 楽しくもあり、楽なことなのかもしれないなと思う。

ぼくは常日頃、楽を探し、求め、 楽へ楽へ、と流れているのですが、 これは作文で糧を得てきた妙なプライドなのでしょうか、 言葉に関しては、流行言葉をあまり使わないんですよね。

とくに、「神」や「クズ」って、 ”極”を表現する言葉じゃないですか。 最高なら神で最低ならクズ、糞、ゲス。

たとえば「この歌、神!」を「神」を使わず表すならば

神様がこの世に贈ったとしか思えないほど琴線にふれる。
忘れていた大切な何かを思い出しそうで泣きそう。

ってなことだったりするかもしれないわけだけれど「神!」

もちろん、 感じたことにピタリとくる言葉を探し表現することが 良いわけでも正しいことでもないですが。

ただ、 感じたことを即座に流行言葉にのせてしまう前に 聴診器を心にあてるようにして、 自分の感覚にフィットする言葉、表現を探ることが 唯一無二の自分の感性を大切にすることなのかもな、と 言葉が大好きなぼくは思うので、 本日ぶつぶつ言わせていただいた次第でございます。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました!
ニュー男子 拝

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (6)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事