更新

夏野菜で体温を下げる!健康的な夏の過ごし方

夏になると気温が高くなって汗がドバドバと滝のように流れてきます。あまりにもそれが続くと夏バテや脱水症状になってしまい「体の疲れ」「だるさ」「食欲が無くなる」などの不調が出てくることも…。そこで今回は覚えておくと便利な体温を下げるための夏野菜をご紹介します!

夏野菜で体温を下げる!健康的な夏の過ごし方

1.夏バテになるとどうなるの? 夏バテは体温調節がうまくいかないで引き起こるのです!

夏バテは体温調節がうまくいかないで引き起こるのです!

 

夏バテになる原因を踏まえながら、それによって引き起こされる夏バテの症状を見ていきましょう。

 

▼夏バテの原因

 

①体温調節が出来なくなる

人間は本来、汗をかくことで体温を調節しています。
夏は季節の特徴的に環境が高温多湿になりやすく、そのせいで汗の出るところの周辺がつまりやすくなり、汗をかくことができなくなってしまいます。

またその逆で汗をかきすぎることで水分不足が起こり、体温調節がうまくいかず夏バテになってしまうこともあるのです。
過剰な汗をかくことは水分と一緒に体内のミネラルも消費するので、脱水症状の原因にもつながります。


②暑さによる消化機能の低下

あまりに暑い日が続くと「何も食べたくないなー」と思うことってありませんか?
あれって実は体の消化器官が暑さによって弱っているのです。
そのため食欲が無くなり栄養不足がおこり夏バテになります。

またアイスやキンキンに冷えたジュースなどを摂取することで内臓が冷え、機能が低下し、夏バテを引き起こす要因にもします。

③自律神経の乱れ

現代ではクーラーなどがすべての建物などの中で整備されており、室内と屋外では温度差が激しく違います。これが自律神経を乱れさせ体温調節がうまくできない原因になっているのです。

◆夏バテの症状

 

夏バテによる症状は次のようなものがあります。

・疲れがとれない
・全身がだるい
・食欲が無い
・下痢
・便秘


さらに夏バテが悪化すると

・めまい
・顔などのむくみ
・吐き気
・微熱


などの症状が現れるのです。

また夏バテの怖いところは免疫力の低下です。
免疫力が低下することで夏風邪にかかりやすくなります。

夏風邪は普通の風邪よりも治りにくく、なかなかしんどいので、できれば
いろいろと楽しいイベントが満載な夏では健康にいたまま夏を楽しみたいところ。

こういった症状に悩まされないためには、クーラーやアイスなど体に負担をかけるものになるべく頼らずに、身体を冷やす必要があります。

 

2. 健康的に体温を下げる方法内臓を冷やさないことがポイントです!

内臓を冷やさないことがポイントです!

 

体に負担をかけず健康なまま体温を下げる方法をいくつがご紹介します。

 

①夏野菜を食べる

 

クーラーなどがまだ無い時代の人々は夏野菜を食べて涼をとっていました。それぐらい夏野菜こそは夏バテなどに効果的だったのです。

②薄着にする

 

これは皆さんが一番先にやる方法だとおもいます。
夏にダイエット目的で発汗を促すために何枚も服を重ねて着るなどの服装はとても危険なのでやめましょう。夏バテの悪化や脱水症状になります。

③水分をしっかりとる

 

夏は暑いため水分不足になりやすい時期です。
しかしジュースなどを大量に飲むのではなくまずになるべく水を飲むように心がけましょう。

④身体を保冷シートなどで冷やす

 

スポーツ選手が良くやっていますが、
保冷剤をタオルなどでまいて

・脇
・太ももの付け根
・手首
・こめかみ
・首

といった太い血管が通った部分を冷やしましょう
血液が冷え体温が下がります。

 

3.夏野菜に含まれる「カリウム」が大事なのです!

夏野菜のポイントはカリウムと水分!!

 

暑い夏を健康的に過ごすためには、体を冷やす効果がある夏野菜を食べることが、最も体に負担をかけずに夏バテを解消する良い方法です。

夏野菜の中で大事な成分が「カリウム」です。カリウムはが尿を出やすくすることで利尿作用を促し、いらない体の熱を外に出す効果があるのです。
また夏野菜は水分も豊富で体温を下げる働きをしてくれます。

カリウムを含んだおすすめの夏野菜は次の通りです。

・きゅうり
カリウムが豊富に含まれているため夏に最適です。

・トマト
トマトにはリコピンやビタミンなどが豊富に含まれているためアンチエイジングや疲労回復などにとても効果的です。もちろん体温を下げてくれる働きもあります。

・ゴーヤ
さすが南の島沖縄で親しまれているだけあり、夏バテに最適な野菜です。
ビタミンCやビタミンB1、ミネラルが豊富で夏バテの疲れも吹き飛ばしてくれるはずです。

・ナス
ナスはほとんどが水分でできており体温を下げるのに最適です。食べ過ぎると体が冷え過ぎになってしまうというので注意が必要です。
血栓防止、眼精疲労回復にも効果的です。

基本的に夏野菜は水分が多く夏バテ解消にはどれも効果的です。夏にはできるだけ夏野菜夏や意を食べるようにしましょう。

 

 

4.夏バテを引き起こすNG行動アイスやクーラーは夏バテを悪化させます!

アイスやクーラーは夏バテを促進させる!?

 

夏にたくさんの人がやりがちな、夏バテを悪化させる行動を紹介します。

 

×アイスや炭酸飲料を摂取する

 

アイスや冷たい炭酸飲料は内臓を冷やし、消化機能を低下させるだけでなく
それらに含まれる糖分が体内のビタミンB1を消費し夏バテを引き起こしやすくなってしまいます

×汗をかかないようにする

 

夏になるとみなさん汗をかくことを嫌いますが、これは危険です。汗は体温の調節機能もありますので、ずっとクーラーが効いた部屋などにいて、いきなり熱い場所に行くと汗をかくことができず、夏バテになりやすくなってしまいます。

適度な運動や入浴で汗を少しだけでもかくようにしましょう。

 

夏野菜で体温を下げる!健康的な夏の過ごし方のまとめ

  • 1.夏バテは体温調節機能がうまくいかないことで起きる!
  • 2.夏バテになると病気にかかりやすくなる
  • 3.健康的に高すぎる体温を下げるためには野菜が最適!
  • 4.アイスや炭酸飲料、クーラーはなるべく避けましょう!

ライター後記

夏は暑くて病気になりにくそうに思えて何かと病気にかかることが多い時期でもあります。
その原因は夏の暑さが原因。海のビーチや、お祭り、海外旅行など楽しい行事を思う存分に楽しむためには、夏バテなどに負けない強い健康が必要です。夏野菜を食べて快適に夏を過ごしてください!

 

 

yufuji

疲れ知らずの良い男になれ!

俳優とライターを兼業している。健康や美容系の役立つ知識が好き。ライターをやりながらも俳優で売れてやるという野心を燃やしている。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (6)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事