更新

出会いってどこにでもある

 

 

出会いってどこにでもあると思う。 だって、さっき、 訪れた酒屋さんで、

試飲してみますか?
いえ、したいんですけど車なもので
じゃあ匂いかいでみますか?
わ、なんだかすごくまろやか
こちらもよかったら
ありがとうございます、こちらは甘い香りだ

などと始まり

これはどういったお酒で?
こちらはあれですね、酒蔵に天皇陛下が見学にいらしたんですよ。
すごい。
それくらい由緒正しいというか。
なるほど。

などというやりとりを経て1本の日本酒を購入しましたのちに、 ぼくの風貌やなにやから店主が気になったのか

ふだんなにをされているんですか? と、いきなりの一歩的問いかけがあり、 かくかくしかじか(別のことをしていたけど一度の人生だしと今は絵を描いていて)と答えたら、 すごいいい人生じゃないですか、人間死ぬ時に後悔するのって挑戦しなかったことらしいですよ。 と、店主に呼ばれ、パソコンで 「人生で後悔しないために」というような(おそらくお気に入りの)動画を見せられた。

その後、人生と絵とお酒の話などをして、 ごめんなさい、調子にのっていろんなことを話しちゃって。と恐縮され、 いえいえ、こちらこそです、動画ありがとうございました! とお礼を言い店をでた。

たぶん、次に行ったときには、 あの時はありがとうございました、と、ぼくから声をかけると思うし、 次に訪れる際は電車で行って、店主といっしょに試飲会をさせてもらいたいなと思うこの感じは、 もはやただの店の人、赤の他人ではないのですよね、ぼくの中では。

かといって「あの店の人、知り合い」なんて言いませんが、 せっかくお酒を買うんならあそこにしよう、などと思う気持ちもあるのです。

どんなに親しい友だちとだって「はじめまして」から始まったわけだから、 この先、店主と絵を眺めながらお酒をくみかわすことが待っているかもしれないわけで。 そう思うとなんだかとてもたのしい気分になれるんですよ。

言葉を交わすって、すごいこと。 たったそれだけで世界がこんなに変わってしまうのだから。 奇跡のような出会いって、あんがい平凡な場所にあるのかもしれませんよね。

出会いはどこにでもある。 そう思ってすごしてみると日常が豊かになる気がしませんか?

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (7)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事