更新

プレッシャーを感じきる

 

 

時の人の取材というのは面白い。 ワクワク、ドキドキする! それは、ポジティブな表現。

この日、この場所で、この時間で!(それはものすごく短い時間であることがほとんど) という人への取材は ネガティブに表現すると 絶対失敗できない! という大変重圧を感じる任務です。

そのワクワクもプレッシャーも 自分の内に発生するものだから それは自分でつくった幻想のようなものだとは思うけれど かといって、失敗できない恐怖を、ありがたい喜びに変換することは容易ではなかったりします。 自分の感情というのは頭でコントロールできるものではないのかもしれない。

多忙な時の人の取材は 「じゃあ、明日これますか?」ってなことは滅多になく 下手をすると「ひと月後の何時」という風に たいていは先々に予定されます。

となると、 取材までのその期間というのは 何をしていてもどこかにその日のことがよぎり プレッシャーに押しつぶされそうになることがよくあるのですね。 みなさんも、先々の一大事が気になってソワソワ落ち着かないってことあるかと思います。

そこで今回ご紹介させていただきたいのが私がたどりついたこちら! といっても、通販で買える優れものの器具。ということではもちろんありませんで。

それは、 その緊張、プレッシャーをまぎらわせるのではなく たとえば取材の話でいえば、スターと対面しインタビューを行う場面を想像し その瞬間の重圧のようなものを事前に感じる。というものでございます。

それこそ足がふるえたり、胃がキューとなるというように 体でそれを感じるのです、何度も何度も。

それを繰り返していると 不思議なのですが だんだんとその場面を想像しても体が反応しなくなっていくのですね。

その仕組みの詳細をぼくは知りませんが 一度全身で感じきってしまった感情は 感じきるほどに手放されていくようです。 思い切り泣いたら気分スッキリ! というようなことと同じかもしれません。 人間って不思議。

ということでみなさまも、 大切な会議、プレゼン、デートなどなどの場面にて、 ぜひ一度、だまされたと思ってやってみてくださいな。 事前にひとりで「おー怖いっ!」って何度も何度も感じて感じきる。just do it !!

ご清聴ありがとうございました。

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (6)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事