更新

記者になる

 

 

こんにちは、野村です。またお会いできてうれしいです。 第1回目では、ザザザと自己紹介をさせていただきましたが、 今回もそのつづきです。

ええと、ぼくは、25歳の終わりに とある女性週刊誌はグラビアページの専属記者という職につきました。

編集部が「若くて、男で、ミーハー」な人を求めていて、 その条件のようなものにぼくがピッタリだ、と思ってくれた人の紹介があり、 面接を受けられる運びになったのでした。

そうした流れに身を任せ、 当時のぼくは、ものすごく緊張をし、きれいなシャツを着て、 深夜の出版社へ出かけていきました(深夜ってのがまたなんとも)。

ぼくの中で”社会人”とは、 「スーツを着て、真面目で、きびしく、頭がいい(なんて幼いイメージ)」 というイメージだったのですが、 面接をしていただいたその時のデスク(その担当ページのボス)は スーツはスーツでしたが、ネクタイはせず、 スーツの形も、ビジネス感のうすいゆったりしたもの。 おまけに、面接場所は、ロイホ(やや高級ファミレス)。 さらには、デスクはロイホでビールを注文し、飲んでたように記憶しています。

深夜・ゆるスーツ・ロイホ・ビール……。 25歳童貞(童貞話はまたいずれ)のぼくは衝撃を受けました。 衝撃的すぎて「怖い」とすら思ったような気もします。

やっぱり週刊誌ってふつうじゃない! こんなところで働くなんてムリ!

そんな心の声が相手に伝わったのか 動揺を察せられていたとして、それがどう受け止められたかはわかりようがありませんが とにかく、なぜか「合格」という判断がなされ、 週刊誌記者見習い。として、働くこととなったのでした。

さて。これがぼくの社会人デビュー前夜のお話。 こんな人間が、こんな風にして、そうした世界に足をふみこんだ、 という、ご説明でございました。

 

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (15)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事