更新

字が下手な原因を知って綺麗な字を書くテクニックを学ぼう!

「字が汚いね」そんなこと言われたことありませんか?パソコンやスマートフォンの普及によって、文字を書く機会はぐっと少なくなりましたが、その分綺麗な字を書く力は重宝されるものです。今回は綺麗な字を書くためのテクニックを9つご紹介します。「字が汚いのがコンプレックスだ~」という方は、ここで人に褒められる綺麗なを字を目指しましょう!

字が下手な原因を知り、褒められる字を書くテクニックを学ぼう!

1.汚い文字は残念な印象を与える

ペーパーレスな現代でも文字は変わらない

 

人の印象は、外見が8割と良く言いますが、文字でも同じことが言えます。 書いた本人以外は読めないような汚い字よりも、整った美しい字に人は知性を感じます

 

「誰にも見せないから」や「時間が無くて…」なんて言い訳せず、文字を書くなら綺麗な方が断然スマート! 文字を書く機会が減ったからこそ、綺麗な文字は際立つのです!

 

2.文字を書く前に押さえるべきポイント

汚い字の原因は姿勢と持ち方から間違っている!?

 

実際に文字を書く前に、押さえて欲しいポイントが2つあります。

 

綺麗な姿勢で書いていますか?

 

字を書く時の姿勢は、字を綺麗に書く上において大変重要です。 悪い姿勢は身体に変な負担がかかります。 すると、手の動きが雑になり、文字の形が崩れやすくなります。 特に猫背には気をつけましょう。

 

ペンを正しく持っていますか?

 

ペンの握りも重要です。 ペン先から2.5〜3㎝あたりを人差し指と親指、中指で軽く握ります。 さらに、紙に対して鉛筆の軸を手前に60度、そして右に20度傾けると尚良し。 我流の人はすぐに改めましょう。

 

3.字を綺麗に書く9つのコツ

ポイントさえ押さえて習慣化されれば誰でも書けます!

 

文字を書く前のポイントが押さえられたら、次は字を綺麗に書くコツをご紹介します。 字が汚い人は恐らくほとんど意識をしていないのが原因です。 一つ一つ意識していきましょう!

 

①とめ、はらい、はねを明確に

 

汚い字の人は総じて「てん、とめ、はらい」が曖昧。 とめるべきところで各自に「とめ」、「はらい」と「はね」では短くきらずに終点で文字が細くなるように筆圧を調整しましょう。

 

②すき間を均等にする

 

文字間隔がバラバラだと、文字単体は綺麗に書けたとしても、見た目が悪く見えます。 逆に文字の間が等間隔であることで、統一感が生まれ、見栄えが美しくなります。 文字を分割する左右、上下を間隔が大切。 文字に統一感が生まれ綺麗な文字に見られやすくなります。

 

③筆圧は軽く

 

軽い筆圧を意識しましょう。 力が入りすぎると、なめらかな曲線や「はね」や「はらい」が不自然になります。 「力が入ってきたな~」と感じたら、指や脇、肩の力を抜くように意識しましょう。

 

④中心線はまっすぐ下ろす

 

文字の中心線はまっすぐに下におろすことで綺麗に見えます。

 

⑤漢字は大きく平仮名小さく

 

漢字と平仮名で文字の大きさに変化をつけましょう。 漢字を100%の大きさとした場合、平仮名は70%の大きさが目安です。

 

⑥なめらかな曲線で書く

 

平仮名は曲線が多いですよね。 できるだけなめらかな曲線を意識してください。 脇と指先をリラックスさせると書きやすいですよ。

 

⑦右上がり6度で書く

 

文字は右上がり6度で揃えてあると綺麗に見えます。

 

⑧書き順を正しく

 

字が汚い人は漢字の書き順を無視する傾向にあります。 書き順は、合理的に綺麗な字を書くように決まられています。 綺麗な字を書くためには、書き順を正しく覚えるようにしましょう。

 

⑨焦らない

 

字を書くスピードが早いと、字の綺麗さが損なわれます。 あせらず一字一字を丁寧に書く意識を持ちましょう。

 

4.おすすめ!文字の練習方法

綺麗な文字をとことんトレースしよう!

 

9つのコツを押さえた上で、文字を実際に練習してみましょう。

♦美しい文字をなぞる♦

 

美しい字を書くためには美しい字を知ることから。 まずは美しい文字を模倣することが大事です。 文字の練習帳を買って練習するのも良いですし、新聞紙や雑誌に書いてある文字を見本にするのも良いですよ。 そして脳内に綺麗な文字の形をインプットさせ、書くときにイメージが浮かびあがってくるようにするのが近道です!!

 

♦よく使う文字から練習する♦

 

おすすめなのはよく使う自分の名前や住所などの文字を練習すること。 使う頻度が高ければ高いほど、上達するチャンスがあります。

 

字が下手な原因を知り、褒められる綺麗な字を書くテクニックを学ぼう!のまとめ

  • 1.綺麗な姿勢と筆の持ち方を意識
  • 2.コツを一通り理解しよう!
  • 3.綺麗な字を真似よう!!

ライター後記

字を書くコツはたくさんありますね。一つ一つ覚えていくために、やはり練習量が鍵。 僕はスモールスタートで、まずは自分の名前を綺麗に書くことから意識したいと思います。 みなさんも是非ご紹介したコツを意識して、脱・汚文字を目指しましょう。

 

こーへー

1字1字集中しよう!

千葉在住の駆け出しライターです。個人的には暇なときにバスケットボールをして、汗を流すのが一番の健康方法だと日々感じています。皆様に役立つコンテンツを配信できるよう日々精進いたします!

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (0)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事