更新

彼女に嘘をつくべき7つのシチュエーション

「パートナーに嘘は絶対にダメ」そうは思っていても、嘘をつかないといけない瞬間ってありますよね。元々は赤の他人同士。何でも正直に話し合っていたら収拾もつきません。ここではそんな彼女に対して、本当は正直に話したいけど嘘をつくべき瞬間を紹介します。

彼女に嘘をつくべき7つのシチュエーション

1.嘘にはついて良い嘘と悪い嘘がある!?

大切な彼女についても良い噓はあるの?

 

何でも正直に話し合うと喧嘩の原因となって、最終的には別れてしまうなんてケースはよく耳にしますよね。 皆さんも別れなくても似たような経験は一度や二度あると思います。 では、ついて良い嘘と悪い嘘の違いとは何なのでしょうか?

 

Q.そもそも嘘って?

 

嘘とは簡単に言ってしまえば、人を騙すことです。 でもその嘘にも大小があり、嘘をついたことがない人なんていないはず。 見栄を張ったり、本当のことを言って怒られるのが嫌だったり、とりあえずその場しのぎやノリで言ってしまったりと様々ですよね。

 

Q.「嘘=悪い」イメージなのはなぜ?

 

先ほどにも書いたその場しのぎで言ってしまうのが嘘なのですが、後からバレることから悪いイメージがついてしまうわけです。 そのままバレなくても、嘘をついた本人は後味が悪いですよね。 「いつかバレてしまうのではないか?」「悪いことしてしまったな~」など罪悪感だけが残ってしまいます。 嘘をつかれた方はもちろん、嘘をついたも方もよくない印象が残ってしまうため、嘘には悪いイメージしか残りません。

 

Q.ついて良い嘘はあるのか?

 

それでも、ほとんどの人は人生の中で何十回と嘘をつきますよね。 その多くの理由として挙げられるのが、相手を傷つけないために嘘をつくから。 「正直に言ってしまって相手を傷つけるくらいなら嘘を言った方が良い」そんなケースもあります。 繰り返しますが、嘘はバレなければ相手に悪い印象を与えません。 決して嘘を助長しているわけではないのですが、そういった状況は致し方なくあるのかもしれません。 そしてもう一つ、相手を喜ばせるための嘘は、シリアスでなくサプライズなどの場合には許容される傾向もあります!

 

2.彼女に噓をつくべき7つのシチュエーション

傷つかない嘘ではなく傷つけない優しい嘘を…

 

男性にとって最も多く嘘をつくべき瞬間に出会うのが、女性と付き合っている時だと思います。 恋愛には多かれ少なかれ駆け引きも重要。 思っていることを正直に言ってしまえば、彼女が傷ついてしまったり、喧嘩の原因になってしまうこともしばしば。 そうならないためにも、ここでは彼女につくべき愛のある嘘をご紹介します。

 

彼女の手料理の感想

 

まず台所に立つ彼女には、あなたのために選んだエプロンを褒めましょう。 そして彼女が自分の為に料理をしている時… ここは嘘でも良いので「手伝おうか?」と声を掛けてあげるのがベスト。 そうこうしているうちに愛する彼女の手料理が食卓に並びます。

 

例え美味しくなかったとしても、必ず「美味しいよ」と言って最後まで平らげてください。

 

彼女は自信をつけて料理をもっと頑張ろうとします。 慣れれば、誰でもある程度の味に仕上げることは容易なこと。 それまでは我慢をして「美味しい」と優しい噓をついてあげることが大切です。

 

※本当に味覚が合わない場合には自分が作るよ~と一緒に作らないと駄目なケースも…

 

仕事だと嘘をつく

 

彼女と過ごす時間が大切でも、お互いの時間も同じくらい重要ですよね。 そんな時は「その日は仕事なんだ」と言って誤魔化す嘘が効率的かもしれません。 彼女はあなたが仕事だと知ればその間、少なくとも電話をしてくることはまずありません。

 

正し、ここで重要なポイントがひとつあります。 それは、あなたが友人たちと遊びや飲みに行った際に、「SNSに写真等をアップしないで」と頼むことを忘れないでください。 最近ではSNSで相手がどこで何をしているのかが簡単にバレてしまいます。 そこさえ押さえておけば彼女にバレることはありません。

 

彼女のイメチェン

 

彼女の魅力は何と言っても綺麗な長い髪。 そんな彼女がある日突然、バッサリとカットしてショートヘアになっています。 もうその長い髪の毛をかきあげるところを見ることは出来ません…。 あなたは彼女を自分色に染めたい気持ちもあるかもしれませんが、それでも「似合っているよ」と一言褒めてあげましょう。

 

そして、女性が髪型を変えるなど印象を大きく変えたときは、何か心境の変化があるのかもしれません。 そんな時は彼女を傷つけずに理由を聞いてあげるのが良いかもしれません。

 

体型について

 

女性にとって特に敏感になるのが体型の変化です。 そして女性にありがちなのが、誰かと比較をしてしまうことです。 自分で言うのは良いが彼氏からでも人に指摘されたくないナイーブな問題…。 そんな彼女には「今のままで十分魅力的だよ」と、あなたの言葉で自信をつけさせるのが効果的

 

過去に付き合った人数

 

この話に関しては特に付き合っている男女間でタブー視されているところがあります。 嘘をつくというよりは適当に誤魔化すというのが良いのかもしれません。 過去に付き合った人数が多いと彼女が知れば「遊んでいる(た)」という悪い印象が付いてしまうかもしれません。 それはお互いにとってデメリットでしかありません。 さらに簡単に拭い去ることも出来ません。

 

デート中のスマホ

 

デート中にスマホをいじっていれば、彼女はあなたに「誰に連絡してるの?」と聞いてくるかもしれません。 例え、相手が女友だちからだったとしても、男友だちの名前を言ってあげてください。 これは逆の立場で考えると分かりやすいかもしれません。 彼女が熱心にLINEの返信をしていて、その相手が男友だちだったとしたら、あなたはきっと嫉妬を覚えますよね。 「自分が嫌だな~」と思うことを相手にしないというのが鉄則。

 

そもそもデート中には仕事や緊急性のあるとき以外はスマホをいじらないのが、彼女を傷つけないひとつの策でもあります。

 

彼女を喜ばせるサプライズ

 

女性にとってサプライズは特別なものであり、嬉しい瞬間でもあります。 男性からしてみればサプライズを計画して実行するまでの間、それを隠し通さなくてはいけません。 それが人生の一大イベントであるプロポーズの時ならなおのこと重要ですよね。 バレれば計画が台無しになってしまいます。 彼女に喜んでもらうために、彼女の友人に相談したり、一人で指輪を買いに行かなくてはいけません。 更に言えば、プロポーズを行う時も直前までサプライズでなければ意味がありませんよね。 そのために彼女に対して多くの嘘をつくことになりますが、その瞬間が来るまでその嘘をつき通す義務があなたにはあります。

 

3.彼女からあなたへの嘘は愛の証!?

大切な彼女の笑顔をずっと守れるのはあなただけ!!

 

あなたが彼女に嘘をつくように、彼女もまたあなたに嘘をつくときがあります。 それはあなたもそうであるように、彼女はあなたを傷つけないために仕方なくしていることだということを忘れないでください。

★我慢をしている

彼女はあなたに対してきっと我慢していることもあるはず。 たとえ恋人でも相手の行動や言動が我慢できないなんてことはよくある話です。 でもその度にそれを指摘していては続くものも続かなくなります。

 

お互いに我慢しきれなくなったら、冷静になって話し合ってください。 それは些細なことかもしれません。 相手の気持ちを知ったうえで、その問題と向き合う事はとても大事なことです。

★彼女はサプライズを待っている

付き合いたてのカップルであれば、気持ちも高まって相手を喜ばせることは当たり前のように行われていますよね。 しかし年月を重ねたカップルであれば、相手がいること自体が当たり前になって、サプライズとかそんな特別なことが段々減っていくかもしれません。 彼女はあなたに対して「この何気ない毎日が幸せ」とか「特別なことは何も求めない」などというかもしれませんが、これもたいていの場合は本心ではありません。 どれだけ長く一緒にいたとしても、どれだけ年を重ねたとしても、女性はいつまでも乙女なのです。 そんな乙女に対して、あなたは喜ばせてあげることを実行する気持ちをいつまでも忘れないでください。

 

▲ページTOP

 

彼女に嘘をつくべき7つのシチュエーションのまとめ

  • 1. 彼女に嘘をつくときは相手を傷つけないように!
  • 2. 嘘をつくだけでなく褒めてあげることも大切!
  • 3. サプライズをする際は慎重に!
  • 4. 彼女はあなたに嘘同じように嘘をついていることも忘れないで!

ライター後記

女性は非常に繊細な生き物で取り扱いには特に注意しなくてはいけません。 異性と付き合っていたら仕方なく嘘をついてしまう場面って誰しもが経験したことのあることですよね? そんな彼女に嘘をつくべきシチュエーションを自身の経験を踏まえて書かせて頂きました。 男性目線だけでは理解できないこともあるので、女性の友人にも相談した方が良いかもしれません。 正し、彼女を傷つける嘘ではなく、喜ばせる嘘であって下さい!

 

vesa tawast

彼女を傷つけないためには多少の嘘は仕方なし!

結婚1年目、既に看護師の奥さんに尻を敷かれてしまっているフリーライター。家事に仕事に日々奮闘する毎日。

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (0)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事