更新

太もも筋肉太りの原因とは?スキニーが穿けない悩み改善!

「スキニーパンツで綺麗め大人コーデをしたいのに、足が全然入らない…」昔にスポーツを経験していた人など、太ももの筋肉太りが原因でスキニーパンツを穿こうにも穿けない悩みって多いですよね。太ももの筋肉太りで悩む人で多いのは、「放っておけば細くなるだろう」という考え。しかし、このような考え方はさらに状況を悪化させる可能性があります。今回は太もも筋肉太りのメカニズムから、解消するための方法までご紹介します。

太もも筋肉太りの原因とは?スキニーが穿けない悩み改善!

1.スキニーが穿けない!筋肉太りの正体とは?

腹回りは余裕なのに太ももがきつすぎ!なんて経験はありませんか?

 

太ももの筋肉太りは、バスケットボールやサッカー、野球に陸上など、下半身が重要になるスポーツをやっていた方に良く起こります。 大学進学や社会人になるタイミングに多いですが、バリバリに運動をしていた人が急に運動をやめてしまうと、太ももの筋肉は一気に落ちていきます。

 

しかし一方で、体を動かさない割に現役時代と同じような食事をしてしまうので、太ももには脂肪が付いていきます。

 

この筋肉が減って、脂肪が付いた状態こそが、〝筋肉太り〟なのです。 いわゆる、筋肉と脂肪が入り混じった「霜降り肉」状態。

 

筋肉太りの太ももは、一見するとがっしりした筋肉に見えるので、勘違いする方も多いのですが、筋肉太りには「力を入れても筋肉の動きが出ない」「力を入れてなくても太ももが硬い」などと、通常の筋肉とは異なる特徴があります。

 

スキニーが穿けない悩みを抱えるあなたの太ももはどうですか?今すぐ確認してみてください。

 

2.筋肉太りは運動をしないと逆効果

筋肉太りを解消する為に知っておくべきこと

 

「これ以上足を太くしたくない」という理由で、運動をしなくなる人がいます。 実はこれが筋肉太りを引き起こしやすい一番大きな落とし穴

 

先程ご説明したとおり、筋肉太りは脂肪と筋肉が入り混じった状態です。 脂肪を落とさないことには一向に解消されません。

 

しかし、運動をして脂肪を燃やそうとしても、筋肉量が増えてしまう…。 「もしかしてボディビルダーのようなパンパンになるのでは?」と考えてしまいますよね…。

 

この問題を解決するには、まず筋肉の種類を理解しておく必要があり、理解することで防ぐ事が出来ます。

 

3.速筋ではなく遅筋を鍛える

憧れのスキニーへの道はトレーニングを!

 

そもそも筋肉には大きく分けて二種類あります。 瞬発力のある速筋と、持続力のある遅筋

 

速筋は鍛えると太くなる筋肉で、遅筋は鍛えると細く引き締まる筋肉でもあります。

 

スポーツを例にとって考えるとわかりやすいです。 レスリング選手とマラソン選手は、どちらも毎日トレーニングをしているし、全身を使うスポーツですよね。 しかし、体つきは全く異なります。 これは、レスリング選手がレスリングに必要な速筋を鍛え上げて体を大きくし、マラソン選手がマラソンに必要な遅筋を鍛え上げて持久力を高めた結果だからです。

 

つまり、筋肉太りでお悩みの方は、筋肥大しにくい遅筋を鍛える運動をすることが重要なのです。 ここまで理解できれば、スキニーパンツの着こなしまであと一息です。

 

4.筋肉を落とさず脂肪を落とす方法

20分以上の有酸素運動がおすすめです!!

 

筋肉太りの解消には、遅筋を鍛えながら脂肪を落とす必要があります。 そこで効果的なのは有酸素運動です。

 

ダンベルなどのウェイトを利用した運動は瞬発的な速筋を鍛えますが、体を持続的に動かすウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は遅筋を鍛えることができます。 さらには有酸素運動は脂肪燃焼にも効果的なのです!

 

20分以上の有酸素運動を行うことで、体が脂肪をエネルギー源として体を動かすようになります。 無酸素運動や20分以下の有酸素運動では、筋肉内のエネルギーを消費して体を動かしている状態なので、脂肪燃焼は臨めません。

 

有酸素運動は20分以上を目安に頑張りましょう!

 

始めは苦しいかもしれませんが、一歩一歩前に進むことで、憧れのスキニーパンツを穿ける日が近づいてくるはずです。

 

太もも筋肉太りの原因とは?スキニーが穿けない悩み改善!のまとめ

  • 1.筋肉太りは筋肉だけじゃない
  • 2.遅筋が育つ運動をしよう
  • 3.有酸素運動がベスト

ライター後記

私も高校時代はバスケットボールをしていたので、足が太くて穿くパンツに困っていた想い出があります。 スキニーパンツに憧れて、無理してパツパツの状態を我慢していたのは良い想い出です(笑)。 部活動を引退したからといって、運動をぱったりとやめるのではなく、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は行うようにしましょう。 血行が良くなるので、健康面でもメリットが多いですしね。

 

こーへー

筋肉太りは「筋肉」と「脂肪」が入り混じった状態!

千葉在住の駆け出しライターです。個人的には暇なときにバスケットボールをして、汗を流すのが一番の健康方法だと日々感じています。皆様に役立つコンテンツを配信できるよう日々精進いたします!

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (4)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事