マスク依存症の男女が急増中!実はコンプレックスが原因だった!?

マスク依存症は男女で急増している原因
AI

AI

2016/11/22

「マスクを1年中手放せない」「マスクをしていないと外出が出来ない」「マスクをしていないと不安…」そんなマスク依存性の男女が急増しています。「マスクを外すなんて簡単な事でしょ!」なんて言わないで下さいね。その背景には現代社会ならではのコンプレックスなど心の問題が関係していたのです。

マスク依存症の男女が急増中!実はコンプレックスが原因だった!?

1.マスク依存症の男女が急増中!

ヤンキーに憧れてるわけではなく、ファッションとして取り入れてる!

マスク依存症が急増している原因とは?

風邪を引きやすい冬や、花粉の季節にマスクをしている人はたくさんいますが、体調不良でなくてもマスクを着用している人を最近はよく見かけますよね。
「伊達マスク」なんて通称も。
女性の中にはアイメイクだけしてマスクを着用する人(ざわちんやオルチャンブームの影響!?)や、男性ではヒゲを剃るのが面倒でマスクをする人もいます。

どうしてそんなに伊達マスクをする人が増えたのでしょう?

その背景には〝社会不安障害〟が関わっていると言われています。
社会不安障害とは特定の事に対して、とても強い精神的苦痛を感じてしまう事。
主な社会不安障害は3つあります。

★醜形恐怖症

醜形恐怖症(しゅうけいきょうふしょう)とは自分の姿を醜いと思い込んでしまい、普段の生活に支障をきたしてしまう程の精神的な苦痛を感じてしまう疾患の事です。
自分に自信がなく、10代の思春期に多いのが特徴。

★対人恐怖症

対人恐怖症は現代社会では多く、10人に1~2人はいると言われています。
特に10〜30代の女性に多くみられます。
他人といると不安になる、顔が赤くなったり、その場から逃げ出したくなったりするのが主な症状。

★自己臭恐怖症

自分の臭いが(口臭や体臭)が過度に気になり、周りに嫌がられているのでは?と思い込む症状。

2.マスク依存症を引き起こすコンプレックスとは?

なぜ彼らはマスクを手放せなくなってしまったのか?

なぜマスクを手放せなくなってしまったのか?

鼻&口を隠したい

マスク依存性の人は容姿のコンプレックスを抱えている人がほとんど。
なかでも一番多いのが、鼻を隠したい為にマスクを着用している人が多いのです。
他にも歯並びや口元、顔の輪郭なども気になりマスクで隠す人もいます。

人の脳には「空間補完効果」という隠れたものを都合よく補う機能がある為、マスクをすると普段より美人やイケメンに見えがちなんだとか!
マスク美人、イケメンという言葉を聞くのもそのせいです。

自分の表情を見せたくない

マスク依存性の人は人と話すとうまく話せない、うまく笑えないという人もいます。
しかし、マスクをする事で自信を持って人と話す事が出来るという人が多いのです。
顔の表情で感情を表すのに抵抗のある人は、感情を他人に悟られたくないという気持ちの表れ。
つまり表情を隠す為のマスクなのです。

他の人と一緒にいるのが不安

今やネット社会。
ネットでは普通に会話がやり取り出来ても、実際に会って人と接する事に緊張してしまう人がたくさんいます。
幼い頃に人と接する事が少かったり、思春期の頃の経験がなんらかの原因で対人恐怖症になり、「他の人と一緒にいるのが怖い」「感情を見せたくない」という気持ちでマスクに頼ってしまうのです。

自分の口臭が気になる

自分の口臭が気になりマスクをする人もいます。
このタイプの人はマスクを外している食事中もあまり話さない、口に手を当て話したりすることが多いのが特徴。
マスクは口臭対策にはなりますが、根本的な解決にはなりません。
そもそも気にしすぎなケースが多いようです。

自分を匿名化したい

マスクをする事で自分を匿名化させる効果があります。
これは心理学でいうと「仮面効果」という心理現象に当てはまります。
このマスクによる仮面効果が快適&安心感を与えてくれるんだとか。
他人にとって自分ではなくて「仮面をつけた誰か」となることで、恥ずかしいなどの感情から自分を守っているのです。

3.あなたは大丈夫?マスク依存症チェック!!

SNSにアップする写真は加工だけじゃ足りない!?

マスク依存症&マスク依存症予備軍チェック

【マスク依存性チェックリスト】

□お風呂以外ではマスク着用

自分の顔を他の人に見られるのが苦手なので、お風呂などどうしても外さないといけない時以外はマスクを着用します。
夏やスポーツをして口元が蒸れても外しません。

□マスクをすると安心する

マスクをしていれば他の人とも普通に会話も外出も出来ますが、マスクがないと全く別人のように変わってしまいます。

□人との接触を避ける為にマスクを着用

外出先で誰かに会った時などに「気付かれたくない!」「話し掛けてこないで!」という思いからマスクを着用します。

□夏でもマスクを手放せない

夏の暑い季節でもマスク依存性の人はマスクを手放せません。

□マスク無しの写真は×

マスク依存性の人は写真撮影の時もマスクがないと不安です。
SNSに投稿する写真も「人にどう見られるのか?」が心配。
マスクで顔を覆った写真を投稿します。

あなたはいくつマスク依存性チェックは当てはまりましたか!?
1つでも当てはまればマスク依存症の可能性大です!

次はマスク依存性予備軍、マスク依存性になりやすい人の特徴です!

【マスク依存症予備軍かも!?】

▼他人と食事をするのが苦手

食事の時に「食べ方などを相手に見られるのが嫌」という人もマスク依存性予備軍。
正面に座って自分の顔を見られていると「どう思われているんだろう?」と被害妄想が働いてしまうのです。

▼鏡で自分をよく見る

自分の顔をチェックしていないと気が済まない、見るたびに「どうしてこんな顔なんだろう」と自己嫌悪に陥ってネガテイブな感情を持っているとマスク依存性になりやすいのです。

▼他人の顔のパーツを気にする

「あの人は鼻が高い。だけど自分は…」など、自分とは違う事(ないもの)に対して劣等感やネガテイブな感情を抱く、それは自信のない気持ちの裏返しです。
結果的に自分の顔を見せたくないのでマスク依存性になります。

▼SNSに投稿するのは自撮り

SNSに自撮り写真を投稿する時、自分の顔を気にして何回も撮り直しする人は〝隠れマスク依存性〟の可能性があります。
何回も撮り直し、見た人から綺麗と思われたいけど、実際に撮れた写真の自分を見て理想と違うと本当の自分を受け入れられない、自分の顔を他人に見せたくない、というマスク依存性の特徴におとても似ています。

4.マスク依存症は治る?改善方法とは!?

仮面を脱いだ自分を受け入れて、好きになって!

マスク依存症の克服は仮面を脱いだ自分を受け入れることから

毎日自分を守るように着用しているマスクを外すのはなかなか大変な事かもしれません。
しかし、マスクを着用したままいると肌荒れなどのトラブルをも起こしかねません。
マスク依存性から卒業するために少しずつ前進しましょう!

♦マスク着用の回数を減らす

一気に治すのは精神的にも負担が大きいです。
自分で「この時なら外せるかも」と思えたら徐々に外すように回数を増やしていきましょう。

♦他人に受け入れてもらう

恋人や友人、家族などに外見だけではなく自分自身を見てくれ、共感してくれる人がいると安心感が得られます。
容姿でしか判断しない様な人はこちらから距離を置くのも手ですよ!
また、家族や友人がマスク依存症の場合は、出来るだけその人を受け入れてあげましょうね!

♦医師に相談する

マスク依存性を根本的に解消するなら病院で医師に相談するのも1つの案です。
病院は心療内科、メンタルケア、カウンセラー、依存症専門の医師がいる所を選び相談しましょう。
医師に相談し原因と向き合う事で対策をしましょう。

♦自分を好きになろう

マスク依存性の人は、なんらかのコンプレックスを抱えている場合がほとんど。
自分の顔に自信がない…しかし、誰でも自分の顔や身体で嫌な部分はあるはずです。
写真に写った自分、鏡の中の自分…少し力を抜いて向き合ってみましょう!
自分を受け入れてみてください!
今はコンプレックスの塊かもしれませんが、違う角度や歳をとるにつれてそれが魅力に変わるのですから!

▲ページTOP

マスク依存症の男女が急増中!実はコンプレックスが原因だった!? のまとめ

  • 1. 誰にでもコンプレックスはあります!!
  • 2. 自分の出来る範囲から少しずつマスクと離れてみましょう!!
  • 3. 力を抜いて自分を好きになってみよう!
  •          

ライター後記

マスク依存性の人はコミュニケーションが苦手でシャイな人が多いのです。
「本当の自分を隠したい」という気持ちがあるので、引きこもりの前兆にもなりかねません。。
今はSNS社会で人の目が気になる時代ですが、あまり人の目ばかり気にしない事!
自分のコンプレックスも、受け入れてありのままの自分を好きになってあげましょう!

AI

理解してくれる人がいるだけで安心感が得られますよ!マスクで隠したり頼り過ぎないで!

好きなもの:ハワイ、サーフィン、海
宝物:家族 2人の娘と旦那さま♡
いつもキラキラ笑顔で毎日を過ごすのが目標。お役に立つ情報を提供したいと思います!