ブラピも離婚!! 男だったら気になる離婚後の慰謝料問題!~世界のセレブ慰謝料番付~

ブラピ離婚!セレブの慰謝料
こーへー

こーへー

2016/09/26

考えたくもありませんが、離婚後の慰謝料は大きな問題。特に男性は支払う立場になる可能性が非常に高い気が…。日本でも芸能人の離婚であれば、大きな金額が慰謝料として支払われますが、世界のセレブであれば、その金額はさらに半端じゃ無いことに。果たして世界のセレブはどれくらいの慰謝料を払っているのでしょうか?世界のセレブの慰謝料問題と、高額になりうる慰謝料のケースについて紹介していこう。

出典:weheartit

ブラピも離婚!! 男だったら気になる離婚後の慰謝料問題!~世界のセレブ慰謝料番付~

ブラピも離婚!! 男だったら気になる離婚後の慰謝料問題!~世界のセレブ慰謝料番付~

1. セレブや実業家の超高額離婚慰謝料番付!

怖い物見たさを通り越して想像も出来ない金額!!

出典:weheartit

ケタ違いの資産を持つ世界の大富豪たちは、離婚時に支払う慰謝料もケタ違い。ビジネスメディアの「ビジネスインサイダー」が、2013年現在までの世界の離婚慰謝料のランキングを発表した。

•1位 ルパート&アンナ(マードック)1999年
17億ドル 約1,610億円

•2位 バーニー&スラヴィカ(エクレストン)2008年
10~12億ドル 約948~1130億円)

•3位 アドナン&ソラヤ(カショギ)1974年
8億7400万ドル 約828億円

•4位 スティーブ&エレーヌ(ウィン)2009年
7億4000万ドル 約701億円

•5位 クレイグ&ウェンディ(マッコー)1998年
4億6000万ドル 約435億円

出典:みんなの夫婦生活

実に恐ろしい金額が並んでいますね。
正直、見て震えました…。
なぜ、世のセレブ男性はこんなにも多額の慰謝料を支払う必要があるのだろうか?
1位のルパート&アンナ(マードック)に至っては、日本のサラリーマンの生涯年収(約2億円)の805倍。
日本のサラリーマンが800回人生をやっても追いつけない額を、離婚の慰謝料として払っているのである。

なぜ、離婚するだけでこれだけ莫大な金額を支払う必要があるのだろうか?
果たして適正な金額なのだろうか?
結婚というのは甚だ恐ろしい仕組みだ。
もし、私がセレブになれたとしたら、恐ろしくて結婚はしないだろう。(あーセレブになりたい)

2.離婚事由になる問題

共に歩むことを誓い合ったはずなのに…

出典:weheartit

離婚に発展するケースをさらっと見ておこう。

■異性関係

不倫や浮気などの異性関係による問題が挙げられる。

■DV

精神的や肉体的暴力。
女性のみが被害者かと思いきや、以外に男性の被害者も多い。
特に最近の傾向としては、「生活費を渡さない」といった精神的暴力の割合も伸びている。

■性的不調和

最近増加中の性的不満を原因とした離婚ケース。
また、性的嗜好の不一致も性的不調和による離婚理由になりうる。
夫婦とはいえ、相手の嫌がる性的行為を行うと、性的嗜好の不一致に合致。
また回数なども判断される材料になります。

■性格が合わない

多くの離婚原因としては、性格の不一致がダントツ。
約半数はこの理由が原因だが、性格の不一致を理由に離婚を成立させるには、性格の不一致が原因で夫婦関係が修復できないほどに破綻したことを示す必要がある。

■浪費など金銭的トラブル

金銭感覚の不一致によるトラブル。
結婚を皮切りに人が変わったようにギャンブルや酒、ショッピングに走るケースも…。
こういった、納得のいかないお金の浪費も立派な離婚の要因となる。

3.浮気で高額な慰謝料になるケースとは!?

もしも浮気をするのならコレを思い出そう(笑)

出典:weheartit

離婚の原因が浮気である場合、慰謝料の金額が高額になるケースを紹介。
意外にも!?知られていない浮気離婚で慰謝料の判断とされる項目とは!?

▼浮気相手との年齢差

浮気相手の年齢が離れていれば離れているほど、思慮がないと判断され慰謝料が増額する。

▼浮気の回数

浮気の期間が長期的な期間であればあるほど慰謝料が増額。

▼浮気相手との子供の有無

浮気相手との子供を持ってしまった場合、大きなショックに繋がるため。

▼婚姻期間

婚姻期間が長期間であるほど、再スタートが困難という理由から。

▼精神的苦痛

浮気されたことによって、うつ病になってしまった場合、もちろん慰謝料が増額。
ただし、それを裏付ける証拠は必要であるが…。

ブラピも離婚!! 男だったら気になる離婚後の慰謝料問題!~世界のセレブ慰謝料番付~のまとめ

  • 1.世界のセレブは1,610億円もの慰謝料を払っていた
  • 2.最近の離婚事由には精神的虐待が多い
  • 3.浮気に内容により金額は変わる!

ライター後記

もちろん妻の不貞により妻が慰謝料を払うこともあるが、大きな問題になるのは夫の不貞によるケースだろう。
私個人としては、男が払いすぎなのではないか?という疑問を拭いきれていないのだが…。
しかし、現在の仕組みでは仕方がないようにも思える。
慰謝料を支払うというリスクをしっかり考えて、普段から自分の行動を律して生きていこう!
※セレブでもなければ彼女もいないけど。

こーへー

それでもセレブになってみたいよね

千葉在住の駆け出しライターです。個人的には暇なときにバスケットボールをして、汗を流すのが一番の健康方法だと日々感じています。皆様に役立つコンテンツを配信できるよう日々精進いたします!