飲み過ぎ注意!エナジードリンクに隠された危険とは!?

エナジードリンクの危険性
AI

AI

2016/09/26

「 疲れが溜まったな〜、気分を変えたいな~」というときに飲みたくなるエナジードリンク。一昔前は栄養ドリンクでしたが最近の男子はエナジードリンクですよね。ここ数年で爆発的に人気となり、コンビニでも手軽に買えて、自販機にも売っていたりするのですぐに飲めるのも魅力。ですが実は飲みすぎると危険、と言うことを知っていますか?今回はエナジードリンクの危険性について解説します!

出典:weheartit

飲み過ぎ注意!エナジードリンクに隠された危険とは!?

1.エナジードリンクに含まれる成分とは?

パリピには欠かせないエナジードリンク

エナジードリンクに隠れた危険

出展:weheartit

今やエナジードリンクもたくさんの種類があります。
ですが皆さんはエナジードリンクにどんな成分が入っているのか知っていますか?
一般的によく配合されていえう代表的な成分を調べてみました。

★アルギニン

アミノ酸の一種です。
成長ホルモンの分泌を促進、そして筋肉組織を強くしたり免疫力を高めてくれます。

★ナイアシン

エネルギーを作ったりアルコールを分解するのを助けてくれます。

★ビタミンB1

疲労回復効果があります。

★ビタミンB2

脂肪を燃焼してエネルギーを作るのを助ける働きをしてくれます。

★ビタミンB6

タンパク質の分解、合成を助けてくれます。
精神状態を安定させる働きがあります。

★ビタミンB12

貧血を予防してくれます。

★パントテン酸

ストレスに対抗したり、免疫力をアップさせる働きがあります。

★イノシトール

生活習慣病の予防や神経機能を正常に保つ働きをします。

★ビタミンC

皮膚や粘膜の健康維持を助けてくれます。
美白、美肌効果あり。

★カルニチン

脂肪燃焼を助けてくれます。

★高麗人参

漢方薬の一種。
滋養強壮、疲労回復の効果があります。

★カフェイン

茶葉やコーヒーに含まれる成分です。
錯覚作用、疲労感を緩和する効果があります。

このようなものが主な成分です。
原産国もさまざまで入っている成分の量もメーカーによりかなり違ってきます。
体に良さそうな成分だらけですが、ではこれらの成分が体にとってどんな危険性があるのでしょうか?

2.エナジードリンクが危険な理由

コンビニで買うのがルーティンになっていませんか?

エナジードリンクは危険!?

出展:weheartit

①依存症になりやすい

エナジードリンクが毎日の日課になっていませんか!?
飲まなければ元気が出ない、飲むと落ち着く…それらは依存症のサインかもしれません。

②カフェイン中毒

エナジードリンクには1本につき、多いものだと1缶に48mgものカフェインが入っています。
これはコーヒーの約5倍にあたります。
カフェインは摂取し過ぎるとカフェイン中毒症状が出ます。

③砂糖が多い

エナジードリンクには脳に素早くエネルギーを与えてすっきりさせる為に糖分をかなり含んだものが多いです。
カロリーの過剰摂取になります。
最近ではカロリーオフの物も多いですよ。

④糖尿病予備軍入り

有効な栄養成分を遥かに凌ぐ量の糖分が入っています。
エナジードリンクは言い換えれば砂糖の塊のようなもの。
血糖値も一気に上がります。

エナジードリンクは体や脳をごまかす部分は長けていますが、その反面デメリットも多いのです!
中毒や依存などにもなりやすいので注意が必要です。

3.エナジードリンクで国内でも死者が!

飲み方には特に注意が必要です!!

ここに画像の簡単な説明

出展:weheartit

エナジードリンクによる死亡事故が国内でも報告されました。
死亡の原因はエナジードリンクに大量に含まれているカフェインと言われています。
なぜエナジードリンクには大量のカフェインが配合されているのでしょうか?
カフェインには中枢神経を興奮させる作用があり、体に次のような効用をもたらします。

▼高揚感

▼覚醒作用

▼強心作用

▼皮下脂肪燃焼効果

などがあります。
眠い時や気分の乗らない時に飲むと、カフェインの作用で気分がスッキリしたりします。
しかし、カフェインには毒性があり、カフェインを摂取した後には次のような急性症状が起こりやすくなります。

【カフェインによる急性症状】

×興奮

×動悸

×心拍数の増加

×吐き気

×不眠症

×震え

など、少量のカフェインなら健康に被害はありませんが、過剰摂取によりこれらの症状が現れると危険です。
またどのくらいのカフェインを摂取すると危険なのか?と言うと…

【1日あたりの安全なカフェイン摂取量】

★成人…400mg以下
★妊婦…200mg以下
★子供…45mg以下

エナジードリンクの種類によってカフェインの量もさまざまですが、多いものでエナジードリンク1本にカフェインの量が375mgと言うのもあります。
全体的に見てもカフェインの量は少なくはありません。
銘柄によっては短時間に2〜3本飲めば確実に急性症状が出てしまうカフェインの量です。
実際に国内でも続けて何本ものエナジードリンクを飲み死亡した事故がありました。
また、銘柄は同じでも海外で販売されている物などはさらに強い(カフェイン量が多い)場合がほとんどです。

しかし、エナジードリンクは栄養ドリンクとは違い清涼飲料水の部類に入ります。
(※ちなみに栄養ドリンクは医薬部外品にあたります。)

清涼飲料水と聞くと手軽に飲めて子供でも購入出来てしまうイメージですよね。
エナジードリンクは手軽に飲めるということがイチバンの危険なのかもしれません。

▲ページTOP

飲み過ぎ注意!エナジードリンクに隠された危険とは!? のまとめ

  • 1. 購入する際には表示してあるカフェインの量をチェックしましょう!
  • 2. 続けて何本も飲むのは危険です!
  • 3. エナジードリンクは回復薬ではありません!!
  •          

ライター後記

オシャレなデザインと手軽に購入出来る事から身近にあるエナジードリンク。
私も飲んだことがありますが、栄養ドリンクとは違い飲みやすく感じました。
しかし、配合されている成分まで気にしている人はどれくらいいるのでしょう?
実際に死亡例も出ていることから、カフェインが大量に配合されているエナジードリンクを1日に何本も飲む事は危険です!
絶対に止めてくださいね。
疲れを取る方法はエナジードリンクだけではないですからね。
エナジードリンク依存症にならない為にも、危険性を知りしっかりとセーブをしましょう。

AI

休める時に体をしっかりと休ませ、エナジードリンクに頼らない体作りをしましょう!

好きなもの:ハワイ、サーフィン、海
宝物:家族 2人の娘と旦那さま♡
いつもキラキラ笑顔で毎日を過ごすのが目標。お役に立つ情報を提供したいと思います!