更新

電子タバコIQOS(アイコス)のデメリット&体への害はあるのか?【新発売ploomTECH】

IQOSのブームのなか、JTからもploomTECHが発売。どちらも品薄状態でいつ手に入るのか…?やきもきしながら待っている人も多いんじゃないでしょうか★そんな電子タバコにですがやはり、デメリットや体への害が本当に無いのか気になるトコロ…。と言う事で、今回はIQOSのデメリットや体への害なんかについて包み隠さず大公開しちゃいます!

出典:http://weheartit.com/

電子タバコIQOS(アイコス)のデメリット&体への害はあるの?

1.IQOSは体への害が無いのか!?

電子タバコと言えどもやはりタバコです!

アイコスを手に持つ男性

出展:pinterest

IQOSは「従来のタバコより有害物質を90%カットした」と言われていますが…事実であればそれは確かにスゴイことですよね。 従来のタバコには、体に害しかないことは皆さんもうご存知のこと。 そんな有害物質が90%もカットとなれば、喫煙者にとっては有り難いことかもしれませんね。 ですが、決してIQOSも「害がゼロ」と言うワケではありません。 もちろん、タバコですから…。 そこで、どんな体への害が考えられるかをこちらでご紹介していきます。

 

★ニコチンによる依存性

 

有害物質がゼロではない

 

IQOSのタバコ葉を熱する温度は300度。(従来のタバコは800~900度だそうです) その燃焼温度を抑えることで、

 

・アンモニア50%カット ・ホルムアルデヒド(発ガン性物質)10%カット ・一酸化炭素(赤血球の働きを低下)5%カット

 

など、健康への害を抑える事が出来ているようです。 上記でみれば、ニコチン以外の事を考えると従来のタバコに比べればリスクはグンと減った!!と言うのは確かかもしれません。 ですが、実際のところニコチンやタールについては「燃やした場合、どれ位の量が発生するのか?」を表すものなので… 粒子よりも細かい水蒸気では「どの程度、人体に影響を及ぼすのか?」というは、検証結果が出ていない(測定しようがない)と言われています。

 

因に、IQOSにニコチンやタールの表記がされていないのは、 ・水蒸気では算出することが出来ない ・火を使わないため、煙火規制の対象外で表記しなくてもいい と言う理由がある様です。

 

何にせよ、IQOSのパッケージにも従来のタバコ同様のリスク説明は載っています。 そして、コンビニなどにあるパンフレットにも小さく「タバコ関連のリスクを軽減させる一番の方法は、紙巻たばこもIQOSも両方やめることです」と記載があります。 当たり前ですが「体への害が無い」と言うワケでは決してありません!

 

2.IQOSのデメリットとは?

IQOSユーザーがデメリットに感じた部分を大公開!!

アイコスを吸う男性

 

 

特に多いトラブルが以下の3つの様です。

 

①チャージ(充電器)のフタ こちらはサポートに電話すると、新品と交換してくれる様です。 (保証期間内に関わらず、1回のみ…と言う噂もあります)

 

②ホルダーが充電されない こちらもサポートに電話すると、新品と交換してもらえる様です。

 

③ホルダー本体に付いている加熱ブレードが折れる こちらも保証期間内であれば1度、交換してくれる様です。 ※加熱ブレードはとっても重要な部分。 薄い形状で出来ているため、大事に扱わないと折れてしまう可能性“大”です。 ヒートスティックを挿入する時やクリーニングをする時は十分気を付けましょう…。

 

★故障などのトラブルが多すぎる★

 

 

★充電が面倒★

 

1本吸う度にチャージに入れて充電しないといけない。(約6分) だから、もう1本吸いたいな…と思ってもすぐには吸えないんです。 チャージャー自体も20本に1度、充電が必要です。

 

★くわえタバコが出来ない★

 

ホルダーが重いため、くわえながらの作業や運転は出来ないんです。

 

★自販機・小さなタバコ店では買えない★

 

大ヒットとは言え、まだまた自販機などでは売っていないのが実情…せっかくのtaspoも役立たずです(笑)。

 

★一口目の味が「マズい!?」★

 

個人差はあるモノの…ほとんどの人が「マズい!」と感じる様です。 慣れてしまえば、従来のタバコには戻れない!と言う人が多い様ですが、嗜好品でマズいのはいかがなもの?

 

★初期費用がかかる★

 

定価で9980円(キャンペーンなどの割り引きはありますが…) ヒートスティックも1箱460円なので、節約にもなりませんよね。

 

★持ち歩きに少しかさばる★

 

普段、カバンを持たない男性にとっては悲劇!? ポケットに入れると少々かさばるのはネックです。

 

3.JTから“ploomTECH”発売!IQOSに次いで売り切れ続出!?

IQOSよりも優れてる!?JT発の電子タバコ

ploomTECHキット

 

IQOSブームの後発、2016年3月にJTからploomTECHが発売されました。 こちらも「クリアなタバコの味わい・煙のにおいがない・灰も出ない」とIQOSに似た宣伝文句でデビュー。 販売当初から売り切れ続出で、販売体制を立て直すため一時販売中止になってました…。 そんな売り切れ続出のIQOSとploomTECH。 似ているようでどこか違うploomTECHの特徴をまとめてみました!

■タバコ葉を直接加熱しない

これはIQOSとの一番の違いになります。 ploomTECHはタバコ葉を直接加熱せず、バッテリーでカートリッジ内のリキッドを霧状化します。 そして、タバコカプセルを通過させてニコチンを摂取する仕組みです。

■携帯性が◎

タバコカプセルと本体を入れる専用のケースがあり、本体だけならボールペン位で持ち運びやすい♪

■ニオイもほとんどない!

IQOSは「少し焦げ臭い」様なニオイが残るのに対し、ploomTECHは「無臭」と言っていい位、ニオイが無いそうです♪

■連続で吸ったり、ちょい吸いが出来る

吸った時だけ電源が入る仕組みなので、カプセル1つ分の50吸いなら、吸いきるも2~3吸いだろうと関係なし! 非常にお手軽ですよね~☆

■吸った感じは軽め

普段重めのタバコを吸っている人やIQOSも試した人の中には、吸った感じが軽い…と感じる人が多い様です。 味もIQOS同様、独特みたいですが…好みはそれぞれなので、仕方ない!?かもしれませんね。

■IQOSに比べ価格が安い!

本体価格は4,000円(税込み) ※バッテリー本体/USBチャージ/ACアダプター/キャリーケース付 タバコカプセル 460円(全3種類/レギュラー・クーラーグリーン・クーラーパープル) ※中にはタバコカプセル5つとカートリッジ1つ。 カプセル1つで50回吸える様です。(普段のタバコ4~5本分) カートリッジはタバコカプセル5つで終了、新しいモノと交換する仕様

 

4.IQOSやploomTECHで果たして「禁煙」できるのか!?

当然の答えですが…

禁煙をする女性

出展:http://weheartit.com/

結論から言うと〝NO!〟 どちらにもニコチンが入っているので、依存性があるのは確かです。 しかし、タバコ葉を燃やさない事で、有害物質を大幅にカット出来ているのは有り難いこと。 さらに、水蒸気なので副流煙と言う面でも周りの人への配慮もうかがえますよね。 ですが、”IQOSの体への害“のトコロでも少しお話しさせてめさもらった様に、 「たばこ関連の体へのリスクをなくすためには、IQOSもタバコもやめること…」とメーカーからも発表されています。 「禁煙!」と心に決めたなら、お医者様に相談! 禁煙外来できちっと“ニコチン”とオサラバするのが1番ですよ!!

 

 

▲ページTOP

もはや入手困難!? 電子タバコIQOS(アイコス)が大ヒットしたワケとは? のまとめ

  • 1.IQOSも体への害はゼロじゃない!
  • 2.ユーザーになる前にIQOSのデメリットを知ろう!!
  • 3.IQOSもploomTECHも禁煙はできない!きちっと禁煙するなら、お医者様に相談を☆
  •          

3leaf

IQOSやploomTECHは画期的!!だけど害はあります…

3姉妹のママライターです。子育ての傍ら、スマホ片手にライティングさせて頂いております。美魔女ならではの知識で、美容に迷える男性たちを目覚めさせます(笑)

記事を評価してくれまへんか?

  • ええよ (57)

この記事をシェアしてくれまへんか?

RELATED POSTS / 関連記事