偏頭痛(片頭痛)の原因と症状と治し方。その予防と対策ついても教えます。

stress-543658_640
Mizuki

Mizuki

2016/07/25

「あぁ、またキた…」と思ってしまう偏頭痛(片頭痛)。とってもつらい痛みですよね。日本人の約8%はこの偏頭痛に悩まされていると言われています。今回は、そんな偏頭痛の原因と治し方、さらに薬や対処法に加えて、病院へ行くメリットなども解説していきます。

偏頭痛(片頭痛)の原因と症状と治し方

1. ズキズキ痛む偏頭痛…どうして起こるの?

血管が神経を圧迫するのがおもな要因

出典:Getty Images

そもそも偏頭痛とは何なのでしょうか?

一般的にズキズキと強い痛みが片方だけにあります。
しかし、こめかみ付近や後頭部、頭全体に痛みがある場合もあります。
ひどい場合は光や音にも反応、ニオイにも敏感になり、吐き気や嘔吐することもあります。

また、少し動くだけでも強烈な痛みがでて、動くこともままならないケースも。
その原因としては、脳の毛細血管が何らかの原因で膨張し、神経を圧迫することで痛みが発生します。

2. 頭痛にも種類がある?

おもに3つの種類に分けられます

出典:Healthil

偏頭痛以外でも、頭痛には痛みによって種類があります。
以下、ざっくりと見ていきましょう。

① 偏頭痛(片頭痛)

頭の片側やこめかみのあたりがズキズキ痛む。
吐き気を伴う事も!
一定の期間続きます。

② 緊張型頭痛

肩や首の凝りと共に頭が締め付けられるような痛みがあります。
疲れやストレスから起きることが多い頭痛です。

③ 群発頭痛

片側の目の奥がえぐられるような痛みが特徴です。
涙が出たり目の充血、鼻水が出ることもあります。

3. 偏頭痛が起こるメカニズム

セロトニンという神経伝達物質がキモらしい…

出典:スッきりんのバイバイ頭痛講座

では、どうしてこのような偏頭痛が起きるのでしょうか?
ここからは、その偏頭痛が発生するメカニズムを解明していきます。

偏頭痛の起こる仕組み

片頭痛は、頭血管が拡張して周囲にある神経を圧迫してしまいます。
圧迫されたことで「神経ペプチド」という物質が放出されて、炎症(頭痛)が起こります。

血管が拡張してしまう原因のひとつに、「セロトニン」という神経伝達物質がかかわっています。
脳からの刺激を受けた「セロトニン」が増加することで、血管が収縮をしますが、「セロトニン」が分解されると、今度は逆に血管が急激に拡がり、炎症・痛みがでてしまうのです。

「セロトニン」という物質は、疲れやストレス、ホルモンバランスの変化から異常に分泌されることが多いため、男性より女性に多くみられます。
また三叉(さんさ)神経(※ 脳の中でもっとも大きな神経。眼神経、上顎神経、下顎神経の三神経に分かれる)が深く係わっているとも言われています。

偏頭痛が起こる前兆

偏頭痛が発生する際は、いくつかの前兆がみられる場合があります。

・目の前がチカチカとする。
フラッシュのようなチカチカしたものがみえる。

・片側または中心部分が見えにくくなる ※閃輝暗点(せんきあんてん)という症状
チカチカの後にだんだんその点が大きくなってきて、片側が見えなくなったり、中心部がぼやけるような感覚になります。

・感覚が鈍くなる
顔が腫れたような感覚になる。触っても違和感があるといったことも。

・言葉が話しにくくなる
口が動きづらく、喋りにくい感じになる。(顔の神経に大きく関連する三叉神経による影響も大きい)

4. ツライ偏頭痛の治し方・対処法!

無理に痛みに耐えるのはやめましょう…

出典:Getty Images

なにはなくとも、とにかくこのツライ痛みから解放されたいですよね!?

ここからは、即効で効く対処法や、おすすめの薬などをご紹介します。
ぜひ参考にしてみて下さいね。

薬を飲む

対症療法ではありますが、痛みに苦しんでる場合は、無理に耐えようとせず、薬を飲むことも大事です。
頭痛に効く市販薬もたくさんあります。
その中でも「ロキソニン」は多くの方が飲用しています。
もちろん用法・用量は必ず守ってくださいね。

頭や首の後ろを冷やす

血管の拡張を冷やすことで抑制し痛みを和らげます。
逆に温めると拡張を促すことになるので、お風呂に浸かったり熱いシャワーを浴びることは控えましょう!

カフェインを摂る

カフェインには血管収縮させる効果があります。
コーヒーや紅茶、緑茶などを飲みましょう。
しかしカフェインの摂りすぎは頭痛を引き起こすことになってしまいます。
摂りすぎには充分に注意してください。

静かな暗い部屋で休む

偏頭痛に襲われている際、ニオイや光に敏感になってしまう場合があります。
それらの刺激により痛みが増してしまうケースもあるので、可能な限り、静かで暗い場所で休むようにしましょう。
もちろん激しい運動もNG!
身体を動かすことで血管は拡張してしまいます。

ハチマキを巻く

ハチマキを頭に着けることで、血管を圧迫します。
血流を抑えると血管の拡張も抑えることができます。
指でこめかみを押さえるのも効果的な方法です。

5. 予防法を実践して偏頭痛から脱出!

頭痛の根本的な原因を取り除くのが大切

出典:Getty Images

何事も事前の予防が肝心です!
とゆーことで、3つの予防策をレクチャーします!!

① 疲れやストレスを溜めない

過労やストレスから解放された時に偏頭痛は起こります。
普段からストレスや疲れを溜めないように、時には発散させましょう。

② 規則正しい生活をしましょう

休みだからと言って寝すぎたり、寝不足が続いたり、食生活が乱れる事でも偏頭痛の引き金になってしまいます。

③ チョコや赤ワイン、チーズなどは控えめに…

チョコや赤ワイン、チーズは偏頭痛の原因になってしまいます。
また偏、頭痛があるときに食べると、痛みが増す傾向もあるので控えめにしておきましょう。

6. 病院へ行くことも考えてみて!

頭痛の慢性化は危険です…

出典:Getty Images

自分なりに対策をしてもよくならない…。
もう随分長い間市販薬だけで痛みをおさえている…。
そういった症状の方は、一度病院で診察してもらうことをオススメします。

仕事などがあり、なかなか病院へ行くことができないかもしれませんが、すでに慢性化しているのならば、なおさら受診すべきだと思います。

可能な限り、頭痛専門の科を受診することがいいのですが、近くになかったりする場合には、かかりつけ医に相談してみるか、神経内科・脳神経外科・内科・ペインクリニックの受診を考慮してみてください。

診療後に処方される薬も、自分に合う合わないがありますので、何種類か試していくことになるとは思いますが、自分の症状に合う薬に出会えると、今まで悩んでいたのが嘘のように、痛みが軽減されるかもしれません!

偏頭痛が長引くようだったら、まずは痛みを摂る対症療法にトライすると同時に、頭痛を軽減する、あるいは頭痛にならないための対策を講じましょう!
日常生活に支障が出る場合などは、迷ってないで医療機関を受診するようにしてくださいね。

▲ページTOP

偏頭痛(片頭痛)の原因と症状と治し方 のまとめ

  • 1. 偏頭痛は脳内血管の拡張によって引き起こされる!
  • 2. 頭痛には種類があり、偏頭痛には前兆がある!
  • 3. 対症療法で効率的に痛みを取り除く!
  • 4. 事前の予防対策を講じて痛みを生じさせない!
  • 5. 痛みが我慢できないor慢性化している場合は医療機関の受診を!

この記事を書いた人

頭痛は慢性化する恐れも! はやく治しておきましょう!

Mizuki

いつも誰かが反抗期!4人の子を持つママライターです。自分はさておき子供の美容に精を出してます!