更新

カミソリ負けを防ぐ「髭剃り」のコツ! 肌を痛めない3つのポイント

カミソリ負けを防ぐための「髭剃りのコツ」には3つのポイントがあります。「たかが髭剃りじゃん?」と思う方もいるかもしれませんが…やはり「されど髭剃り」なんです!

section03

カミソリ負けを防ぐ「髭剃りのコツ」3つのポイント

1. 起床後20分後が髭剃りのベストタイミング!

夜寝る前に剃るのは…NG?

シェービングブラシと石鹸

「そもそも髭剃りっていつやればいいの?」と素朴な疑問を持たれた方。 あえて逆質問しますね…「そもそもアナタはいつヒゲを剃ってますか?」。
きっと多くの方が、「そりゃまぁ…朝、かな?」と答えると思いますが、はい、それで正解です!
ヒゲは早朝のAM6時頃〜AM10時頃に一番伸びると言われています。朝起きるのがツライからといって、夜寝る前に髭剃りを済ませてしまうのは、あまりよろしくありません…。
さらにつけ加えるならば、朝起きたばかりだと、皮膚が体液で膨張しています(いわゆる顔がむくんでる…ってヤツですね)。
そのままだとヒゲが肌に埋もれてしまっているので、あまりヒゲを剃るには適した状態ではないのです。
可能であれば、起床してから20分程度経った後、皮膚が本来の状態に変化してから、シェービングをスタートするのが理想のタイミングです。
ちなみに、1日のなかでのヒゲの伸び方ですが、お昼頃をピークに伸びが遅くなっていき、それ以降の翌朝までは、あまり変化がないまま、ゆっくりと成長を続けると言われています。

2. 「T字カミソリ」と「電気シェーバー」のメリット&デメリット

T字か電気か…それが問題だ…

T字カミソリと電気シェーバー

ここからは、髭剃りに使用するシェーバー(カミソリ)の選び方について、ざっくりとレクチャーしますね。
まずシェーバーの種類ですが、大きく分けて「T字カミソリ」と「電気シェーバー」のふたつが存在します。 それぞれの特徴を以下にサクッと解説しちゃいましょう。

「T字カミソリ」


・一般的に1枚刃〜6枚刃くらいまであるが、刃の枚数が増えるほど、いわゆる“深剃り”がしやすい。 ・刃が直接肌に当たる、ヒゲの根元からシェービングでき、剃り残しも少ない。 ・電気シェーバーと比較して、肌と刃がダイレクトに触れ合うため、肌を傷つけてしまう可能性も…。よって、肌が敏感な人は注意が必要…

 

 

「電気シェーバー」


・肌に本体を当てても、その構造上、実際には刃が直接触れることはない(網目状のカバー面に入ってきたヒゲのみを剃る)。よって、肌へのダメージが少ない ・基本的には使用時に水を使わなくてよいので、気軽かつ簡単に髭剃りができる ・上記のように〝肌に優しい〟ため、直接肌に刃が当たるT字カミソリのように、深剃りは難しい… ・深剃りが苦手なため、夕方辺りにうっすらとヒゲが生えてきてしまう人には、剃り心地もやや物足りないという意見も…

 

 

以上、「T字カミソリ」と「電気シェーバー」の特徴を、メリットとデメリットにしぼって解説しました。
一般的には、肌が強い人は「T字カミソリ」、敏感な肌の人は「電気シェーバー」というのが通説です。
しかし、先述したように、双方に一長一短があるわけで、この際ですから、その日の気分と肌の状態とシチュエーションによって、両者を使い分けるのがベストだと思います!

 

追記: さらに知りたい方はコチラの記事をチェック!
T字カミソリでの「正しい髭の剃り方」 http://biyodanshi.com/20160418post-1712/ 電気シェーバーでの「正しい髭の剃り方」 http://biyodanshi.com/20160419post-1762/

3. 髭を剃り終わった後のアフターケアは超重要!

ヒリヒリしたり赤くなったら要注意!

シェービングブラシ

最後は、髭を剃った後のアフターケアを簡潔に解説しますね。
そもそもが、シェーバーで髭を剃ると、髭と同時に、肌に必要な角質までも削り取られてしまいます。 しれ〜っと“削り取られてしまいます”と述べましたが、コレって肌にとっては結構非常事態です…。
どんなに気を遣って、かつ正しい方法でヒゲを剃ったとしても、カミソリによって肌が傷つけられてしまうのは避けられません。 毎日の髭剃りの後に、ヒリヒリしたり、肌のカサつきを感じるアナタは要注意です。
たとえどんなに朝忙しくて時間がなくても、髭剃り後のアフターケアだけは必ず行いましょう。 そもそも髭剃り後の肌ケアも、洗顔後の肌ケアと変わりません。 髭剃り後は、化粧水やアフターシェーブローションをつけて、肌の状態を整えることが大切です。
仮にアナタの肌質が脂性肌だったら、基本的にはローションタイプの化粧水をオススメします。 また、乾燥肌の人は、しっとり系のローションをセレクトするとよいでしょう。 それに乳液をプラスするとモアベターですよ。 さらに、敏感肌を自覚している人は、可能な限りアルコールフリーの化粧水を使用してみてくださいね!
また、シェービングアイテムやシェービング剤については…

 

『おすすめ 「髭剃りアイテム」人気ランキング8選!!』 http://biyodanshi.com/20160715post-1506/ 『シェービングクリーム・ジェル・フォームの選び方! シェービング剤を使いこなそう!』 http://biyodanshi.com/20160719post-1667/ でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

▲ページTOP

カミソリ負けを防ぐ「髭剃りのコツ」3つのポイント のまとめ

  • 1. 髭は早朝のAM6時頃〜AM10時頃に一番伸びる!
  • 2.だから夜寝る前に髭を剃るのはオススメできない(かも…)!
  • 3. 肌が強い人は「T字カミソリ」、敏感肌の人は「電気シェーバー」というのが通説!
  • 4. 髭剃り後のアフターケアに乳液をプラスするとモアベターよ!

この記事を書いた人

明日はちょっとだけ早起きして、髭剃りをしっかりやってみよう!

ユアン ソープ

石鹸が好き。手を洗うのはもっと好き。ちょと潔癖症気味の美容男子編集部員。みなさまのお役に立つことを第一とした“実のある”コンテンツづくりをモットーとしています。座右の銘は【いい塩梅】。ときどき落ち込んだりもするけれど、石鹸は元気です。

記事の評価をお願いします

  • 評価する (0)
  • 評価しない (0)

この記事をシェアする

RELATED POSTS / 関連記事